オリジナル小説書きます!!

葉っぱ天国 > 小説 > スレ一覧 [書き込む] Twitter シェアする? ▼下へ
1:李桜:2012/04/04(水) 16:34 ID:8ls

オリジナル小説書きます!
ルール
1.荒らし、ナリ、ケンカは禁止
2.雑談は、やめてください
以上です!
皆さんどんどん集まってきてください!

2:花:2012/04/04(水) 16:41 ID:g8I

入れて!!

3:李桜:2012/04/04(水) 16:55 ID:8ls

私、坂本夢香。私立大光高校に通う高校一年生。

思っていなかった…私も恋をするなんてーー……

~入学式~

たくさんの人が集まっている……体育館…

私はその中の1人だった…

夢香「うぅ……友達できるかなぁ?」
そのことしか考えられなくて私は、震えながら言った
?「なぁ~に言ってんの!!いなくてもウチがいるもん!それに他の人だっているでしょ」
このこは、明山麻実(あきやまあみ)私の親友。幼なじみ
麻「ほら!友希(ゆき)と神奈(かんな)と真実(まみ)と実美(みみ)だっているんだから!」
私はたくさん友達をもっていた
友「ちょっとーー!夢香!!あたしもいること忘れてたでしょーー」
友希は、あきれそうにそう言った
私はこの4人で前に進んで行くーーーー……………」





そう思っていた





続く

4:李桜:2012/04/04(水) 16:56 ID:8ls

花いいよ☆

5:李桜:2012/04/04(水) 16:59 ID:8ls

間違いありました!四人ではなく五人です!

6:李桜:2012/04/04(水) 17:22 ID:8ls

「新入生の皆さん入学おめでとうございますーーー………ーーー………」



「きーーんーーーこーーんーーかーーーんーーー」
「これで入学式を終わりますーーー………」


私たちは、クラス決めの紙を見た
実「わぁみんな同じクラスだね」
そうだった私たちは、1-Aだった
神「よかったですーみんな同じで」
神奈はとても嬉しそうに笑った
友「そうだなっ!!!ねぇパァーーーとカラオケ行こう!!!」
全員「!!うん!!!!」

カラオケルーム
真「う、嘘……………」
真実は恐ろしそうにそう言った
夢「なんで他校の男子も来てるの!?」
私は、友希にそう聞いた
友「えーーだってあたしの友達がいいって言って………」
とにかく混乱です!
続く!

7:みさき:2012/04/05(木) 11:43 ID:hm2

李桜来たよ〜
めっちゃ、おもしろいってか、続きが気になる!

8:李桜:2012/04/05(木) 14:46 ID:8ls

みさきありがと☆続き!

夢「私帰る!!!」
私は、カラオケルームから急いで出た
真「そ、それじゃあわ、私も…………」
真実もカラオケルームから出てドアをゆっくり閉めた
そしたら友希以外の人がカラオケルームから出てきた
夢「!!……なんで麻実たちまで………」
私はおどおどしながら聞いた
麻「だって友達のことだもん☆ほっとけないよ」
麻実ーーーーー………………
神「私たちだって同じ!友達だからこそ心配するよ」
みんなーーー………ありがとう…………
麻「で、でも!!友希も友達だからねっ!!今おいてきたのはほ、ほら!!他校の女子もいたからだよ!!ねっ?」
麻実は、焦っていってた
夢「みんなありがとう………!」
そういったとたんみんな笑った
真「それじゃあ帰ろっか?」
真実はそう言った
全員「うん!」





麻実「夢香ーー!1人で大丈夫?!」
麻実は、とても心配してる
夢「いいよ!どうせ私だけがこっちなんだからじゃあねーー!」
麻「バイバイーーーー!」
麻実たちともう別れか……早いな……………………

とことこ←(歩く音です!)
「ねぇねぇ君さぁ可愛いよねぇ俺たちとさぁどっか行かない?」
知らない男の人が誘ってる
夢「いいえ…いいです…」
あたしは、もちろん遠慮した
「いいから早く来いよ!!!!」
知らない男の人の車に乗せられそうになった
誰か…………助けて!!!!

「ドカーーーーン」
そのボールが知らない男の人の顔面に当たった
バスケットボール………?なんで………こんな………ところに……………
「いたたた」
知らない男の人は顔面を痛そうにおさえてる
「早く来て!!!!」
誰かに手を握られ、走った

続く!

9:李桜:2012/04/05(木) 17:42 ID:8ls

夢「ちょっはぁはぁ………ちょっとなんなんですか!?もうはなしてくださいっ!」
疲れた……
?「あっわりぃあっ俺宮澤恵太(みやざわけいた)!私立大光高校の一年だぜ!お前は?」
恵太は元気に言った
同じ……高校……
夢「……………………………………私は…………坂本夢香………
私立………大光高校の……一…年生……です」
私は、小さな声で言った
恵「同じ高校なんだな!よろしくなっ!!」
いつもこういうくせで相手も機嫌わるくしちゃうのに……こういう人はじめて………
恵「夢香っ!また!学校でな!!」
「夢香」
男の人に呼び捨てではじめて呼ばれた…
ドキッドキッ





私は、恋をしたのかな?






続く

10:李桜:2012/04/06(金) 13:04 ID:8ls


私は、恋をしたのかな?



次の日

ボーーーーー
麻「ちょっと!夢香っ!どうしたの!?ウチの話聞いてんの!?」
麻実は怒ってしゃべった
夢「ふぇ?………あ!!ごめんっ!もう一回!!」
宮澤君のことしか…考えられない…
麻「隣のクラスのさぁ宮澤君いるよね?ウチその人に惚れたかもっ!すごくかっこいいっ!!!」
麻実はとても恥ずかしそうに言った
嘘…………
麻「だからさぁ手伝ってくれない?」
麻実は宮澤君のことが「好き」
私も宮澤君のことが好きなのに…
夢「…………ごめん……私協力出来ない……」
私は、小さな声で言った
麻「なんでっ!?ウチ……宮澤君のことが本気で好きなのにっ!!親友でしょ!?親友の恋は応援するんでしょ!?
なんでわからないの!?」
麻実に手を握られた
夢「…………やめてよっ!!!」
麻実の手を離した
夢「はっ…………ごめん……」
麻「……………もういいよ!!親友じゃない!!!!」
「親友じゃない!!!!」……そうなの?ずっと親友だったのに……
ずっと大好きだったのに………!なんで?麻実ーーーー……………

次の日

がらっ
私は、ドアを開いた
夢「………………おはよ」
みんなはわたしを見て笑った
「なんなの~~~~?親友を裏切ったくせして~~~」
「てかさぁもうくんなよ~~」
なんで……こんなことになってんの?
麻「親友を裏切った人はさぁ来ないでよーー裏切り者!」
麻実なんでよ…裏切り者って……違うのに!!
コツコツ
真実が通った
夢「なんで!!こんなことになってんの!?真実!!教えてよ!!」
どうなってんの?ねぇどうしてーーーー………
真「…………あんたが裏切ったからよ夢香」
えっーーーー…………
真「あんたさぁ麻実のこと手伝わなかったわよね?それよ」
好きな人のことーーー………………?
真「あんたはいじめられてんのよ夢香」
真実はそう言ってからあっちへ行ってしまった
麻「裏切り者は来ないでくださいぃ?」
麻実は笑いながら言った

私に「いじめ」という戦いが待っていた

続く

11:李桜:2012/04/06(金) 18:03 ID:8ls

いじめが私に待っていたの………?

麻「ウザいんだよ!」
「ウザい」麻実にはじめて言われた
嫌だ私だけ…
ひとりぼっちのままーーーー……………

授業中

勉強だけでも……
「みなさんテストをはじめてください」

ここはこうでそこはこう あっ間違えた……消しゴム消しゴム
麻「フッ……先生ー夢香さんが消しゴムをいじってまーーす!
カバー外してください!!」
えっーーー……?
「ちょっとそれかしなさい!」
違うよね?
「はっ!あなた!カンニングしてるじゃない!!校長室に来なさい!!!」
違う違うよーーー

放課後

麻「あぁなにぃ?裏切り者ぉ」
わたしを見て笑ってる
夢「違うのに…わたしは違う!!!麻実でしょ!?」
麻「………………………そうだけど…………?それが…………?
あんたみたいなクズはここにくんな!!」
ひどいよ……でも
夢「…………クズはあんたでしょ?麻実…1人では戦えないの?
クラス全員を敵にして…バカじゃないの?」

続く

12:李桜:2012/04/07(土) 11:28 ID:8ls

「クラス全員を敵にして…バカじゃないの?」

はっ!何言ってんだっ!私っ!!
麻「ふーん何か言えたじゃんただ協力するだけで断る方がバッカじゃないの~?」
麻実は私を蹴りながらそう言った
夢香「わたしは……ずっと麻実が大好きだったのに…………………!!!なんでよっ!!
私だって宮澤君のことが好きだったのにっ!!」
私は、今伝えたいことを言った
麻「……………そう………だったの………ごめんねっ!!夢香っ!!!!」
夢「麻実っ私もごめんっ!!」
私は、ずっと仲直りがしたか「バカじゃないの~~~~?」
えっーーーー………?
麻「そんなのさぁウチがさぁお前みたいなクズと仲直りするわけぇ?
そこ考えろよーー!」
ひ、ひどいよーーー麻実………!!!
麻「屋上来いよー!」

屋上

痛いっ!もう………やめて…………!!!
麻実は私を蹴る
麻「あんたがさぁ憎いんだよねぇ?もっとやってあげる」
麻実は私を蹴り、殴った
麻「うっわーー!汚なっ!!触るなよーー!」
血ーーー………
ガチャ
誰か入ってきた
麻「み、宮澤君……………!!!!!なんでっ!!!」
みや……………ざわ………………く………ん………………?
恵「明山……!お前何やってんだ!?夢香……!!大丈夫か!?」
宮澤君が私の所に来た
麻「み、宮澤君っ!!ウチはそんなことしてないよ!!!ただ…坂本さんが……血だらけになってた所……うちが来て……それで」
麻実は嘘をついた
恵「わかった…夢香保健室行くぞ」
宮澤君がわたしをお姫様抱っこした
麻「ちょっ!宮澤君っ!!なんで……さか……夢香なのっ!?」
恵「夢香は特別だからだ」
麻実はびっくりしてる…

宮澤君………私はあなたのことが好きなんだよ?



続く

13:李桜:2012/04/08(日) 18:08 ID:8ls

わたしは保健室に行きました
恵「ちょっとしみるぞ」
宮澤君は消毒をしてくれた
夢「しみるっ……!」
恵「ごめんな・・・・でもなんでこんなことになったんだ?」
恵太は消毒をしながら言った
夢「言いたくない……です」
わたしは言った
恵「言わないと俺明日からお前としゃべらないからな」
ズキっズキっ
嫌だ嫌だ宮澤君と話せなくなるなんて…
夢「…………わ………たし………いじ………………め………………られて…………るの…………」
わたしは泣きながら言った
恵「誰にだ」
夢「………あ…………み…………に……それと………クラス全員に…………
嫌だ…大切な人が奪われていくのも…………離れていくの……………」
胸が苦しいーーーー…………
恵「わか……った…それじゃあもう帰るぞ」
夢「うん……」
涙をこらえながら言った


恋は終わるの………?
麻実とも離れてしまうの?


☆続く☆

14:李桜:2012/04/08(日) 21:11 ID:8ls

嫌だ嫌だーーー…………
「夢香っ夢香っ!起きなさいっ!!もう朝よ!」
朝………?
夢「お母さん…ここは?」
さっきのは………?
「ここは家よ?それが?」
夢「夢……よかったぁーー…!」

~学校~
夢「あっ!麻実おはよーー!」
私は麻実の所に行った
麻「あっ☆夢香おはよー☆」
麻実はいつもの麻実だ
夢「麻実……!ずっと友達だよっ!
そういえば宮澤君は…?」
麻「えっ?宮澤君?そんな人いないよ」
そうか…夢だもんね

でも、宮澤君がくれた初めては


ずっと私の宝物ーーー………


☆終わり☆

15:李桜:2012/04/08(日) 21:27 ID:8ls

ウチは山野綾香(やまのあやか)
学校一の美人や(本人はわかってません☆)
ウチには好きな人がいる
その人の名は長田秋夜(なかたしゅうや)

いつもそいつのことを思っていた

ある日あんなことが起きるなんてーー………

綾「ああーー!恵美ーー!!ウチのメロンパン食ったなーーー!!!」
ウチが叫んでるのは…隅田恵美(すだえみ)にだ
恵「ウチが食ったけどーーー?何かあるんかーー?」
ムカつく…いつもいつもこんな調子で…
恵「そんなんあんたがっ…あっ!」
恵美が見たのはーーーー……秋夜だ
ウチは男になんか興味なんかない
秋「こんにちわ」
秋夜は笑顔で言う
恵「こんにちわ…////」
恵美は恥ずかしそうに言ってる…
あれか………?


続く☆

16:李桜:2012/04/10(火) 23:06 ID:1is

恋……?なの・・?
綾「あんたにも、そんな人おったんや~ふ~んやらしい」
ウチは遠慮せないで言った
恵「………(///////)はぁ!?そんなことあるわけがないやろ!!バカッ!!!」
バッかみたい正直になればええのに
綾「ウチぃ~あのぉ秋夜っていう男好きやな~告白せないと~アカン~」
ウチはからかうのが好き
恵「はっ!?あ……(/////)そんなことしないでっ!!バカ綾香っ!!!」
バカだどぉ?ああ?


あのようになりたかった


昔のように


あそこが最後に会うっていうことになるなんて…

続く


書き込む 最新10 サイトマップ