初の小説

葉っぱ天国 > 小説 > スレ一覧 [書き込む] Twitter シェアする? ▼下へ
1:ピッカ☆:2012/04/14(土) 14:33 ID:asU

初めまして!私初めて小説書きます。下手で良いなら、見てください。

ルール☆
1、荒らし、悪口無し

2、雑談控えめに...

3、仲良くやりましょう


次から書きます。

2:薫 ◆0rlM:2012/04/14(土) 14:42 ID:MQY

キターーーーー☆☆
小説楽しみにしてるね!!

3:ピッカ☆:2012/04/14(土) 14:46 ID:asU

薫っち来るのはや!


もうちょっと待ってて(汗)

4:ピッカ☆:2012/04/14(土) 15:30 ID:asU

書きます☆


題名
「初恋」

登場人物

佐々原  美香 (中学三年生 大人しく頼れるお姉ちゃんタイプ)


春風  梨里  (中学三年生 やんちゃで危なっかしいタイプ)


「おはよー!!」

幼い頃から知っている親友の梨里がニッコリ笑って、私の方に駆け寄って来る。

「お早う」

「ゴメン!!待った?」

私は、少し考えた後言った。

「うーん・・・十分位待ったかな?」

私は、少し梨里をからかった。梨里は・・・信じちゃたみたい・・・

私は、少し笑い、

「嘘だよ!御免ね?」

と、言った。梨里は、ハッと我に還りショボーンとした。

「御免ね?悪ふざけのつもりだったんだけど・・・」

梨里は、

「ううん!大丈夫!!学校行こ?」

「うん!」

私たちは、喧嘩(?)をしてもすぐに仲直りできる。きっと
梨里のおかげ・・・



ー校門の前ー
一人の男の子が道をふさいでいた。

「美香・・・だっけか?少し付き合ってもらうぞ!」

急に話かけられ、どうしたらいいか分からなかった。

ぐいっ!!

えっ?ど、どうゆう事?


「あ、の・・・何処行くんですか?」

「ヒ・ミ・ツ♪」

ドキン・・・

・・・何?!ド、ドキンって・・・
どうしちゃたの私・・・


続く・・・

どうでしたか?感想&アドバイスぜひ下さい☆

5:薫 ◆0rlM:2012/04/14(土) 15:40 ID:MQY

いいねッ!^^どこに行くんだろ…

思ったことが良く分かる!行動も予想できるね!
一つ、アドバイス…。
行動は“予想できる”ってことだから
良く分からないところもある…から
どういう行動をしたのか書いた方が見やすいと思う。
そしたらもっと正確に様子が分かるから…
偉そうで、ごめんね><

6:ピッカ☆:2012/04/14(土) 16:34 ID:asU

薫っちありがとうその通りにできるか分かんないけど・・・頑張るね!!

7:薫 ◆0rlM:2012/04/14(土) 16:36 ID:deY

うん、頑張れ!!!^^

薫っち…www((全然嫌じゃないからねぇ

8:ピッカ☆:2012/04/15(日) 19:11 ID:asU

・・・何?!ド、ドキンって・・・
どうしちゃったの私・・・

こ、これってまさか・・・恋ってものなのかな!?わ、分かんない・・・

「着いた・・・」

「えっ!?」

私は、覗き込むようにして見た。

「・・・公園?!」

「悪いかよっ/////」

顔を真っ赤にして言っていた。なんだか、可愛い・・・

「こっち」

私は、彼に手を引かれ滑り台の裏の方に行った。

「ミャー」

「子猫?!」

「そっ一昨日見っけた・・・」

「へーってあっ!」

ビクゥゥ!!

「なんだよ?急に」

「名前は?聞いてなっかたよね?」

「こいつの名前は・・・」

「違うよ!」

「はぁ?じゃあ誰の?」

「貴方・・・馬鹿?」

「ちげーよ!」

「はぁ・・・もういいよ貴方の名前は?」

「最初からそう言えよ!龍斗・・・」

「龍斗君ね!」

「で、この猫どうするの?」

「・・・あんたが引き取ってくれない?」

「えっ!?私が?」

「だめなら俺が毎日ここ来るけど・・・」

「うーーん・・・分かった!今日聞いてみるね!」

「マジ?良かったなお前」

「龍斗君って動物の事好きなんだね・・・」

「ぜ、全然好きじゃねーよ!!」

フフフ、好きなんだ・・・あれっ?こうして話してると、さっきのドキドキは無くなる・・・
一体、あのドキドキはなんだったの?


続く・・・


書き込む 最新10 サイトマップ