本当に強い戦国武将たち

葉っぱ天国 > 小説 > スレ一覧 [書き込む] Twitter シェアする? ▼下へ
1:春桜:2012/04/17(火) 20:22 ID:Ums

書きます

私は織田信長
天下を取る武将よ!

でもある日・・・・私はどこかに飛ばされていた・・・

わからない・・・・

光秀・・・・どこにいるの?

光秀!!

はっ・・・・・・

私は目が覚めた

何かキラキラしたものがいぱいそこらじゅうに見えた

信長「ここは・・・・・」

思い出せない・・・・・

何故ここにいるのか・・・・


助けて・・・・光秀・・・・

2:春桜:2012/04/17(火) 20:34 ID:Ums

とにかく前へ進んだ

景色は変わらない

光秀・・・・・どこへ・・・・・

!!!!!

急に頭痛が起こった

記憶が戻った

光秀は・・・・・

私の光秀は・・・・・


私を殺した

記憶に火が見える

私は熱かった・・・・でも意識が・・・・

そして私は・・・死んだ・・・・

でもそんなのわからない!

とにかく前へ進むわよ!

コツコツコツコツ(歩く音)

変わらないな・・・・・

いつまで歩けば・・・・・(ハア)

すると光が見えた

私は光の側へ行ってみた

そこは何やらでかい建物がいっぱい建っていた

私は光の中へ飛び込んだ

すると私は落ちた・・・・

当たり前か☆きもちいな・・・落ちるのって・・・・

っていやああああああ!!!

信長「落ちる!ていうかいやーーーーー!」


すると雲が支えてくれた

そこには式神がいた

式神「大丈夫ですよ

織田信長さん」

私の名前を知っているようね・・・・

まあ天下を取るわたしだもの!当然か☆

信長「ありがとう
ちゃんと下まで降ろしてよね」

式神「承知」

雲は急降下していった

信長「いやーーーー!!!死ぬ!」

式神「着きましたよ。」

信長「えっ・・・ああ
ありがとう」

式神「私は徳川家康様の式神ですので・・・・・では」

そういいながら式神は消えた

徳川家康・・・あの徳川ね!

この世界にもいるんだ・・・・
ってここどこ?

とにかく歩こう・・・・

そして私はずっと歩いた


書き込む 最新10 サイトマップ