いじめ 〜汚れた心〜

葉っぱ天国 > 小説 > スレ一覧 [書き込む] Twitter シェアする? ▼下へ
1:麗音♪:2012/04/17(火) 20:35 ID:SMQ

〜プロローグ〜
ザ――――…― カシャ―ン!!
緑、「心優なんか大っ嫌い!一人で、私に隠して塾通ってたんでしょ!?」
心優、「隠してたわけじゃ‥」

緑、「じゃあ何なのよ!!!」
パッパ――――!!!
緑、「きゃああああああああああ!!」
パタッパタパタ……

私の顔には、心優の血がついた。
心優、「緑‥…?」
ピ―ポ―ピ―ポ―…

警察、「君!ここに入るんじゃない!!」
心優、「あの子は、私の友達なんですっ!!」
ドサッ やっと出られた…
心優、「みど‥り?いやああああああああ!」

2:春桜:2012/04/17(火) 20:48 ID:Ums

続き気になるなぁ♪

3:麗音♪:2012/04/17(火) 21:05 ID:SMQ

第一章
彩菜、「心優ちゃんだけ、A組だよ〜?まぁ、知ってる人一人くらいはいるんじゃない??」
有岡心優 高校一年生。
 
ガラガラッ… やばい……。本当に知ってる人いないかも‥。
呉羽、「おはようっ!私前田呉羽。よろしくね!!」
心優、「う…うんっ!」

昼休み―‥
お弁当どうしよう―?
そうだ!!呉羽ちゃんだ!!
心優、「呉羽ちゃん!」

呉羽、「私お弁当無いの。一緒に購買行かない?」
心優、「うん。いいよ!!」
購買遠いいなぁ…

着いた場所は購買部じゃなくて、屋上だった。
心優、「呉羽ちゃん。場所間違ったんじゃない?」
呉羽、「…‥」
ずっと沈黙が、続いている。

心優、「呉羽…ちゃん?」
呉羽、「お前金だせよ。もちろん、今持ってる分ね!!」
え…?呉羽ちゃん??

呉羽、「金だせっていってんの!!」
グリグリッ!!
呉羽ちゃんは、私の手の甲を思いきりふみつけた。
どういうこと―…?


書き込む 最新10 サイトマップ