放課後の音楽室

葉っぱ天国 > 小説 > スレ一覧 [書き込む] Twitter シェアする? ▼下へ
1:優里:2012/04/19(木) 13:00 ID:K/.




「はーい。じゃあ、今日はここまで!解散〜。」
部長が大きな声をだす。

「ふう〜。やっと終わった〜。」
ぽつり。とそう呟いた。
疲れた…。けど、ダメ!!
帰れない。
だって、だって…音がでない!

あ、あたしは、河原麻衣。
吹奏楽部、本入部いたしました!
しかも、担当はサックス!
マウスピースだけでも、まだ音でないの!
まずいよね…。
幼馴染の深山廉もサックスをやっているんだ。
しかも、カッコイイの!顔が。
性格は、微妙。
ドがつくほどのSなんだ!

音楽室を覗くと誰もいなかった。
良かった。と一安心して、音楽室にはいると…
違う他の3つの入り口から、3人の人たちが入ってきた。



*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:゚・:,。*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆゚・:,。*:..。o

初めまして!!
優里(ゆり)です☆
えっと、完結するように…がんばりたいです!

〜登場人物〜

河原麻衣(カワハラ マイ)中1
深山廉(ミヤマ レン)中1
楢原桜(ナラハラ サクラ)中1
三島弦(ミシマ ゲン)中1

楢原美優(ナラハラ ミユウ)中3

とりあえず、こんなんですっ!

よろしくお願いします〜☆彡

2:優里:2012/04/19(木) 15:44 ID:K/.

※えっと、違うとこからの投稿だけど…本人です!!

続き↓


「「「「あ。」」」」
4人の声が重なった。

「…………」
数分の沈黙。

うっわあ〜。いにくい。
帰ったほうがいいのかな。

あたしがおどおどしていると、一人の少女がペコリと軽く会釈をすると、窓際の一番奥の席に座った。
残りの二人の男子もそれぞれ違う席に座った。

みんなが楽器をだしおえると、びっくりしてしまった。
だって、みんなサックスだったから。
「!!」
「「「「みんな(みなさん)サックスなの?(なのかよ、なんですか?)」」」」

次の言葉には、多少ずれがあった。
「あははっ」
最初に吹き出したのがあたし。

でも、またまたびっくりさせられた。
「〜♪〜♪〜〜♪♪」
だって、楢原さんがもう完璧に吹けてたから。
あたしの頭に大きい岩が落ちてきたようだった。
あたしのレベルの低さを思いしった。
正直、すごいショックだった。
だって、廉も驚いてたから。
そのあと、楢原さんはお姉さんの美優先輩と帰っちゃった。

「なんか、すごいショック〜」
で、今は、廉と下校中。
「俺もアレには、びっくりした。」
なんて言ってわははと笑っていた。
あたしには、笑ってる場合じゃないんだから!
「それだけじゃない!三島くんだって上手だったよ〜!明日から、練習始まるのに〜」
「でも、三島は俺より下だぜ?」
「でも、あんたは、楢原さん以下だし!」
なんて、他愛のない会話をしていた。


書き込む 最新10 サイトマップ