イタズラ日記!

葉っぱ天国 > 小説 > スレ一覧 [書き込む] Twitter シェアする? ▼下へ
1:そよかぜ:2012/04/29(日) 21:16 ID:S0o

これはひたすらイタズラをしまくる小説です!殺りすぎ!って思うかもしれませんが、そこんところは置いておいて下さい!
主人公
菜月 弥生(なづき やよい)
性格
男っぽいけど女!性別詐欺!
ツンデレ
見た目
ショートヘアーでつり目で目の色は赤!
原田 帯稚(げんだ たいち)
主人公にちょっかいをだしている!
イタズラの被害者ww
ツンデレ
が中心人物です!その他適当に名前がてできますが、その辺はほっといて下さい!レッツイタズラ!

2:きなこ  ◆Cb.I:2012/04/29(日) 21:19 ID:gO6

ツンデレだ!wktk

3:まぐろ:2012/04/29(日) 21:20 ID:W46

2ゲト!
これは弥生が帯稚にイタズラするってことか

4:まぐろ:2012/04/29(日) 21:20 ID:W46

2ゲト任務失敗…

つんでれwktk

5:そよかぜ:2012/04/29(日) 21:21 ID:S0o

原田の見た目忘れてました!
見た目
髪はいつも寝癖が立っている!
つり目で目の色は灰色!
です

6:きなこ  ◆Cb.I:2012/04/29(日) 21:24 ID:gO6

>まぐろ
なんか・・・なんかごめん

7:そよかぜ:2012/04/29(日) 21:24 ID:S0o

〜プロローグ〜
すっげぇウザイ奴がいる!いつもちょっかい出してきやがって…いつもなら、殴って蹴って終わりだけど、(要するにケンカ)いい加減にして欲しい!ってことで、イタズラと言うなの飼育を初める!

8:そよかぜ:2012/04/29(日) 21:26 ID:S0o

主人公とか手本にしたのオレ…しかもこの小説のほとんどは、実話です。

9:そよかぜ:2012/04/29(日) 21:32 ID:S0o

1話〜飼育を初めようか!〜
ガララッ
菜「お!来やがったな!原田!」
原「風邪ひいてなけりゃあ学校ぐらいくるよ!バカがテメーは!」
菜「バカにバカって言われたくないなー(棒読み)」
原「ウゼェ!」
キーンコーンカーンコーン
菜「ちっ話は後で着ける!覚えてろよ!」
原(席隣なのに…やっぱりこいつバカだ…)
菜「ああ?何か言ったか?」
原「言ってねぇよ!」
菜「あっそ」
原「…」

10:そよかぜ:2012/04/29(日) 21:44 ID:S0o

2話〜先生…ドンマイ★〜
先「一時間目は体育だぞ〜!みんな着替えてこい!」
菜「強制かよ!ウザっ」
先「なっ!先生にそんな口きいて、菜「きいていいと思ったから言ったんだよ!」先「く…(泣)」
原(ちょっ!先生泣いてるよ!しかもあんな端によって!ド●ロかよ!ww)
菜「よし!ウゼェ奴も死んだところで、野郎ども!今日の体育は自由だ!」
クラスメート「イエーイ!!」
原(先生死んだとかwwでもまぁ…)
原「菜月ぃ!今日こそ決着を着けて殺る!」
菜「逃げんじゃねーぞ!」

11:きなこ  ◆Cb.I:2012/04/29(日) 21:53 ID:gO6

ちょw先生可哀相ww

続きwktk

12:そよかぜ:2012/04/29(日) 21:57 ID:S0o

3話〜畜生!〜
菜「よし!じゃあ早速体育で…!!」
そこでは何と一年生が劇の練習をしていた!
菜「…けんなよ…ふざけんなよ!あのバカ先があああああああああ!」
その場にいた人全員「ビクッ」
原(あーあ!怒らせちまったよ先生…きっともうすぐ救急車に乗るなー)
菜「原田ぁ!」
原「んだよ!いきなり!」
菜「決着は放課後着ける!後…」
原「?」
菜「先生を一緒に殺ら、原「却下」チッ」
菜「ってことで、放課後!楽しみにしてろよ!(ニヤ」

13:Vn:2012/04/29(日) 22:19 ID:S0o

4話〜ご愁傷さまです!先生〜
原田目線
そしてその後すぐに先生は救急車へ!
菜月の服に血が着いているけど、スルーして…←出来んの!
菜「ふぅ…スッキリした★」
なんかコイツ星黒いぞ!服は赤で星は黒!なんか怖い組み合わせ…てか血がついてんの、体育着で良かった…
(死んだ)先生の変わりに色々な先生が授業をしてくれた。てか菜月捕まってないとかスゴッ!手に血が付いてたのに!フツーに授業受けてるし!可笑しすぎるだろ!
先「はーい!原田君!うるさいからこの問題解・い・て・ね☆」
オレが嫌いなぶりっこだ…菜月も嫌いみたいだな…顔真っ青…
スタスタ…カキカキ
原「これでどうですか?」
先「正解!ご褒美に先生を、原「却下」せめて最後まで言わせて!(泣)」
オレは結構頭はいい…けど先生は嫌いだ…菜月と同じように、ウザイからだ!でも使える時はある…
そんなことを考えながら席に着いた
菜「…お前やるじゃん//」
なんかデレてる!てかどっち!問題を解いた方か先生を泣かせた方か!てか先生まだ泣いてる!菜月は先生見て爆笑してる!
なにがどうなってるんだ…

14:そよかぜ:2012/04/29(日) 22:40 ID:S0o

5話〜イタズラターイム!〜
菜月目線
そして放課後!(早い?作者の都合さ!)
いよいよだ!約一ヶ月も考えたイタズラプラン!
原「お前もう来てたのかよ…」
ターゲット来た!とりあえず捕獲レベルは5にしておこう(ト●コ!?)
菜「お前が遅いんだよ!びびって逃げたかと思ってたぜ!」
原「オレがそんなこと、菜「する!」しねぇよ!」
菜「まぁ、そんなこと言ってられるのも今のうちだ!」
原「なんだと…」
サッ水鉄砲を取りだし…
菜「これでも喰らいやがれ!」
原「うわぁ!」
わずか10秒で原田の服はひじょ濡れww
原「もういい!オレ帰る!」
菜「おっと!『帰る』?逃げんのかよ?弱虫ww」
原田の服を掴む
原「チッ離せ、菜「ムリ」だと思った」
そう言って奴は服を脱ぎ捨てた
菜「あーりゃりゃ…」
オレは原田の服を拾って、後で飲もうとしていたコーラを半分ぶっかけた!
原「…」
バッ
今あいつが服奪って来たーーーーー!
原「何だよ!これで終わりかよ!もっとやれよ!」
真実発覚!
原田 帯稚はドMでしたー

15:きなこ  ◆Cb.I:2012/04/29(日) 22:48 ID:gO6

菜月さんマジ最強!

16:そよかぜ:2012/04/29(日) 23:03 ID:S0o

6話〜ちょっお前えええええ!〜
原田目線
菜「えええええええ!ド、ドM!ウソ!えええええええ!」
アイツ驚いてる…
原「別にいいだろ!ドMでも!」
菜「開き直ったあああああああ!」
原「お前驚きすぎ!」
菜「これで驚かない奴なんていねぇよ!」
原「いる!」
ピルルルルルル
菜「はい。もしもし!」
医者「菜月さんですね?」
菜「はい」
医者「実は、先生がチーンてなりまして、誠にご臨終様でして、」
菜「あーりゃりゃ!その死体は川にでも流せば警察が処理してくれますよ!それじゃあ!」
プチッツーツー
原「うっそおおおおおおおおおおおお!先生死んだあああああああ!」
菜「うるせーな!こんくらいでびびんなよ!」
原「いやいやいや、ドMよりは驚くぞ!フツー!」
菜「オレはフツーじゃない!(ドヤァ」
原「そこドヤ顔するとこじゃない!」
…結局家に帰れたのは、午後8時だった…
菜「畜生!見たかったアニメがああああああああああ!」

17:まぐろ:2012/04/29(日) 23:29 ID:W46

続きwktk

18:そよかぜ:2012/04/29(日) 23:30 ID:S0o

7話〜葬式とかメンドー(お前が殺した癖に!〜
菜「えーと、野郎どもに報告がある!」
原「担任の当火 葉下留(とうひ はげる)先生は…
菜「お亡くなりになりやがったぜ!」
原「葬式は、明日行う」
菜「先生への言葉言うのはオレ!」
菜・原「以上!」
そして次の日
菜「先生へ
先生、死んでくれてありがとうございます!初め先生の名前聞いた時、頭も髪も名前も残念な人だと確信しました。もうこれで宿題一日100ページと言うムリなことをしなくて済むぜ!
きっとアンタは地獄で酷い目見てるんだろうな!せいせいするぜ!
6年3組代表 菜月 弥生」
ワーパチパチパチ!
原「ってちげぇだろおおおおおおおおおおおおおおお!」

19:まぐろ:2012/04/29(日) 23:33 ID:W46

鬼畜wwwwwwwwwwwwwwww

先生…じゃなくて毛根が泣いてるぜ…

20:きなこ  ◆Cb.I:2012/04/29(日) 23:34 ID:gO6

とうひはげる先生wwww

菜月マジ最強wwwwwwwwだがそこがいい!

21:そよかぜ:2012/04/29(日) 23:45 ID:S0o

8話〜何だとおおおおお!〜
イン教室
ワイワイガヤガヤ ガララっツカツカ
先「えー私が今日からこのクラスの担任になった当火 歯毛太郎(とうひ はげたろう)だ。よろしく」
菜・原(まさかの兄弟!しかもどっちもハゲwww)
放課後(作者の都合さ★)
菜「担任めっちゃうけたんだけど、原田は?」
原「あれが笑えないはずないだろ!爆笑だよww」
菜「だよな!」
原田が石につまづくw
原「うわあ!」
菜「えっ!」
ドッカーン
只今菜月に原田が馬乗りしている状態
菜「おい、原田ぁ…//」
原「何だよ…//」
菜「どけ」
原「はいはい」
菜・原(ビックリした!)

22:きなこ  ◆Cb.I:2012/04/29(日) 23:49 ID:gO6

当火先生にご兄弟がwwww
いやん菜月さん青春ね

23:匿名さん:2012/04/29(日) 23:59 ID:S0o

9話〜まさかの展開〜
先「それでは、いきなりだが副担任を紹介する!入れ!」
菜・原(どうせハゲな兄弟だろ…)
ガララ
副「こんにちは!副担任の当火 刑助(とうひ けいすけ)です!よろしく!「
菜・原(まさかのふっさふさ!しかも名前もマシになってる!イケメンだし、本当に兄弟か!?)
菜月を除く女子「きゃああああああああああ!かっこいいいいいい!」
菜・原「うるせええええええええええええ!」
女子「すんません…」
菜・原「分かればよし!」
まだ放課後
副担任の奴は女子に囲まれて身動きがとれなくなっている!
菜「ビックリだよなー!あのハゲの次はふっさふさって」
原「だよなー!オレも想定外だった…」
菜・原「親の顔、見て見たいよな〜」

24:きなこ  ◆Cb.I:2012/04/30(月) 00:03 ID:gO6

ちょwwwwまさかの急展開!(髪の毛的な意味で

25:まぐろ:2012/04/30(月) 00:06 ID:W46

刑助先生に惚れた

26:そよかぜ:2012/04/30(月) 00:17 ID:S0o

10話〜自宅創作〜
菜「ってことで、先生の親の顔を見よう!」
原「二人でか!?」
菜「とーぜん!何だよ、お前気にしてんのか?」
原「//ちっちげーよ!他の奴には見せないのかなーって!別にお前と二人きりが嫌って訳じゃないからな、むしろ………」
菜「何?最後の方聞こえない!」
原「聞こえてなくていいんだよ!」
菜「変な奴…?じゃあ自宅潜入!」
原「ちょっとまて!なんで目の前に先生の家があるんだよ!」
菜「それは作者の都合さ★」
原「ふーん…じゃあさ、どんな親か、想像してから潜入しよーぜ!」
菜「いいぜ!オレは母さんがハゲで父さんがふっさふさ予想!」
原「でもって母さん顔可愛くて、父さん顔ブサイク!」
菜「よし、これでまとまった…いくぜ!」
ピンポーン
先母・先父「はーい」
菜・原(想像通りだったあああああああああ!)
菜・原「お邪魔しましたあああああ!」

27:きなこ  ◆Cb.I:2012/04/30(月) 00:25 ID:gO6

菜月も原田も勇者すぐるwww

28:そよかぜ:2012/04/30(月) 00:33 ID:S0o

11話〜先生!なんで兄弟なのに(言うな!〜
菜「びっくりした!まさか想像通りとは…」
原「ああ、びっくりし過ぎて心臓停まるかと思った」
菜「やっぱり母さんハゲだとハゲが生まれてくる確率が多いんだ…」
原「…じゃあオレらだったらどうなるんだろうな…」
菜「は?」
原「うわあ!い、今のは聞かなかったことにしてくれ!//」
菜「やっぱりお前今日可笑しい!熱あるんじゃないのか?早く家かえって寝てろ!」
原(鈍い…)

29:きなこ  ◆Cb.I:2012/04/30(月) 00:36 ID:gO6

源田君頑張れ・・・!
・・・お母さんハゲwwwwww

30:まぐろ:2012/04/30(月) 01:17 ID:W46

最強のツンデレが生まれるに違いない…

31:クロス:2012/04/30(月) 09:08 ID:pFA

行動文を入れて名前を消したほうが小説っぽいぞ

32:そよかぜ:2012/04/30(月) 09:42 ID:S0o

12話〜先生の憂鬱〜
担任の先生目線
弟に副担任を任せたのが間違いだった…
オレの人気は何処行ったよ!←いやいや、人気なんてねーよ!
何もかもアイツに取られてしまう…←何を取られるんだよ!髪の毛か?あっ無いかww
殺られる前に殺ってやる!←もはや被害妄想だよ!
兄さんの仇は撃つ!←いやいや、殺したの菜月だけどね!罪なすり付けてる!
副担任の先生目線
えらいことになったな…
放課後、女子からは質問責めだったけど…まぁ、オレがカッコいいからなんだけどな…美しさは罪…
このまま兄さんの担任の地位と髪の毛まで奪っちゃおうかな〜♪←いやいや、髪の毛はアイツねぇぞ!

33:そよかぜ:2012/04/30(月) 11:07 ID:S0o

13話〜見なきゃ良かった… 後悔〜
菜・原目線
うげえええええ!何だよあの副担任!ナルシとかオレらが嫌いな奴だよ!アイツ花●くん見たいになるぞ!「ベイビー」とか言いそうだよ!でもって野●わさん見たいなのが出てくんぞ!
てか担任何考えてんだよ!髪の毛ねぇのに取られるってww担任がこんなバカなこと考えて良いのかよおおおおおおおお!

34:匿名さん:2012/04/30(月) 11:43 ID:S0o

14話〜急展開!〜
先「みんなー転校生を紹介するぞー」
菜・原(見事な棒読み!)
ガララッ
佐「はぁ〜い♪転校生の、佐乃季 絵理南(さのき えりな)でぇ〜す♪ヨロシクゥ」
菜・原(ぶりっこだ!やべぇ吐きそう…涙目になってきた…)
佐「あら?カッコいい子が二人もいるわぁ♪二人とも、私の彼氏決定ね♪」
※菜月と原田の二人
原(おいおい、菜月また男に間違えられてるwwあーあ、怒りで震えちゃってるよww)
菜「ざけんじゃねぇよ!このぶりっこがああああああああ!誰が男がこんちくしょおおおおおおお!」
原(うーわー…イナズ●イレブ●G●で言う化身発動状態になってるよ!すげぇ殺気…)
佐「じ、じゃあもう一人の子は、私の彼氏決て、原「誰がてめーみたいなぶりっこの彼氏になるかよ!死んでも嫌だ!」一日だけでも…原「却下」チッ」
菜「……」

35:きなこ  ◆Cb.I:2012/04/30(月) 11:50 ID:gO6

佐乃季可哀相www
いけいけ原田!!

・・・一番可哀相なのは男に間違われる菜月さんか

36:そよかぜ:2012/04/30(月) 13:58 ID:S0o

14話〜後悔なんてくそ食らえだぜ!〜
佐乃気目線
ああ、イライラする…あの二人のせいで、私の新ライフはぐしゃぐしゃよ!この佐乃気財閥の力にかかればあんな庶民、すぐ潰せるのに…
でも、あの原田って子は、気に入ったし…そうだ!あの菜月って子つかって私のものにしちゃおう♪楽しみ♪

37:悪ネコ:2012/04/30(月) 14:09 ID:JKY

俺、この小説はまりました!
入らせてけれ〜(涙)
あ・・俺いちよ、女やで!

38:クロス:2012/04/30(月) 14:13 ID:pFA

よく思うけど小説に入るってよく意味がわからん

39:そよかぜ:2012/04/30(月) 14:23 ID:S0o

16話〜二人の秘密〜
菜月目線
佐乃気って…あのクズ財閥の!?今ごろでしゃばりやがってるなww権力を使ってオレと原田を潰そうとしてるな…wwバカみたいだなぁオレとアイツが手を組めば、あんな財閥潰すのなんか、朝飯前だぜ…
原田目線
あの転校生…佐乃気って名前だったよな…ってあのカス財閥の!?それででしゃばってたのか!wwアイツ絶対何か変なこと考えてるなww無駄なことを…アイツと手を組めばあんな財閥は…

40:クロス:2012/04/30(月) 14:32 ID:pFA

どっちも権力者の子供かよwwww

41:悪ネコ:2012/04/30(月) 15:11 ID:JKY

入らせろということは・・まあ、そういう意味だ!
うん・・納得納得♪
〜感想〜
佐乃気の財閥を早く潰せ〜!

42:クロス:2012/04/30(月) 15:18 ID:pFA

どういうことだよ

43:悪ネコ:2012/04/30(月) 15:20 ID:JKY

っと・・雑談になるよ^^

44:そよかぜ:2012/04/30(月) 16:34 ID:S0o

17話〜は?誰がお前なんかに従うかよ!〜
佐「ねぇ〜♪弥生さぁん♪放課後、教室に来、菜「却下」帯稚くんの真似は止めてね♪拒否件はないわよ!じゃあねぇ♪」
菜(うっわ!キモッ鳥肌が…!)
原(菜月…ご愁傷さま…)
佐「あと、帯稚くんも来てねぇ♪」
原「えっ…」
菜「一瞬でも他人事だと思ったお前が悪い!バチが当たったんだな!」
原「うっ…(言い返せない)」
佐(楽しんでられるのも、今のうちよ♪ふふっこれで帯稚くんは…♪)
放課後(ケミストリー)←
菜「で、何のよう?早くしろよ」
原「上に同じ」
佐「あっれぇ〜♪二人は私の名字聞いて、なぁ〜んにも思わなかったのかなぁ〜♪」
菜・原(カス財閥って思ったよ!このぶりっこがぁ!きめぇんだよ!死ね!鳥肌が…)
佐「ふふっ弥生さんがいじめられたくなかったら、私と付き合って♪帯稚くぅん♪」
菜・原(手のほどこしようもない権力便りとぶりっこだ…アイツ、絶対頭ご愁傷さまだなww)
原「お前こそオレらの名字聞いて何とも思わなかったのかよ?」
菜「オレは菜月財閥の御曹子で、原田が原田財閥の御曹子!」
菜・原「お前見たいなカス財閥とは各が違うんだよ!!(ドヤァ」
佐「そ…そんな…私が…一番じゃないの…?うそ…でしょ…」
菜・原「オレらを侮辱したことを後悔するんだな!一生!」
佐「う…うわああああああああああああああ!」
菜・原「ふんっ」
ガララッ←教室から出て行く
誰もいない教室で一人うずくまる少女…
佐「ああああああああああ!一生の終わりなんて…ウソでしょ…そんな…私の人生は…終わり…なの…うわああああああ!」

45:悪ネコ:2012/04/30(月) 16:51 ID:JKY

ゲラゲラゲラ!
佐乃気ざまあみやがれwww
続きガンバ!

46:悪ネコ:2012/04/30(月) 17:02 ID:JKY

あ!
佐乃季のきがチャウ!
間違えてしまいましてまことに、すーせんしたあ!

47:そよかぜ:2012/04/30(月) 17:27 ID:S0o

18話〜さようなら〜
佐野季目線
そんな…私はなんてことを…一位と二位の財閥に…そんな…
※原田一位 菜月二位
私は…もう…
そうだ!
死のう…
それしか道が…ない…
さようなら…
私を悲しんでくれる人なんて…
イナイカラネ
短い人生だけど、楽しかった…
サヨウナラ…
ー次の日
ニュース
佐野季財閥の御曹子が亡くなっていることが分かりました。
死因は自殺で、カッター等の刃物で首を切ったようでー。
ーほら、ね…悲しむ人なんて、居ない

48:悪ネコ:2012/04/30(月) 17:46 ID:JKY

オーウNO!
自殺するとは!
佐乃季・・さようなら・・www

49:そよかぜ:2012/04/30(月) 18:38 ID:S0o

19話〜ナルシの日常〜
※花●くんとか南●さんとかアフ●ディ入っているかもしれません
オレは当火 刑助(とうひ けいすけ)…自称モテ男、イケメン、カッコいい、数えあげればきりがない、世界一の美少年さ☆
オレにかかればどんな女もいちころさ☆←いやいや、菜月はどうした!完全興味無しだったけど!
去年のバレンタインデーには、たくさんのレディたちからチョコをもらったからね☆ベイビー(髪をさらぁっとさせる)
今年はいくつ貰えるかなぁ…オレの美しさは…神だからね☆
これ書いてる時、「こんな奴いたら、すぐ殴るな★」と思った作者でしたー

50:そよかぜ:2012/04/30(月) 18:52 ID:S0o

20話〜前言撤回〜
菜月目線
あ〜あ、原田がドMの時点でイタズラしても、面白くないし、どうしよう…
そうだ!原田と一緒に先生にイタズラしよう!そうしよう!早速原田にメールだ!

51:まぐろ:2012/04/30(月) 19:02 ID:W46

イタズラキター!!

52:ななみ♪:2012/04/30(月) 19:11 ID:JKY

先生にいたずらってwww

53:悪ネコ:2012/04/30(月) 19:16 ID:JKY

あ・・名前かえるの忘れえたww
俺、ななみがニックネームだったんだよね・・

54:そよかぜ:2012/04/30(月) 20:16 ID:S0o

21話〜担任にビックリをしかけようぜ!〜
原田からOKをもらい、いよいよイタズラスタートだ!ターゲットは担任の先生!楽しみだ…
そしてイタズラ実行!!
菜「先生!実は先生は、オカルト好きと聞いたんスけど、ちょっといいっスか?」
原(ハゲでオカルト好きってwwてか菜月は喋り方がww)
菜「催眠術のこと何ですけど…」
先「引き受ける!断る理由何てない!」
原「じゃあ決まりですね!こっちへ来てください!」
(催眠術ルーム)←何で学校にこんな部屋が!?
催眠術師(以下催)「ここに座って下さい」
先「はい…」
催「では行きます!貴方はだんだん眠くなる…そして起きたときには髪の毛が生えている…」
菜・原「よしっ寝た!」
先「ZZZ」
そっとカツラを被せる。監視カメラセット。
先生の様子を違う部屋で見ている二人。
菜「先生起きた!」
原「よし!監視開始!」
先「うお!髪がああああああ!これは神があたえて下さったのかああああああああ!」
菜「ちょっww何コイツww髪が神ってww頭可笑しいww」
その後一時間の爆笑タイムが終わり、カツラが取れた時の顔は、この世のものとは思えないほどまぬけだった…

55:悪ネコ:2012/04/30(月) 21:33 ID:JKY

先生ドンマイwww
続きガンバ〜!

56:そよかぜ:2012/04/30(月) 21:44 ID:S0o

22話〜そして〜
菜月目線
先生の爆笑ビデオをクラスメートに見せた。次の日から、先生のあだ名は「頭皮神 ハゲ太郎(とうひしん)」となった。一種の化身かよ!
そして先生はいつもド●ロ状態!その辺は、死んだ奴に似てて、兄弟だなぁって思う
この流れで分かったと思うが、次のターゲットはナルシストの刑助だ!

57:まぐろ:2012/04/30(月) 22:28 ID:W46

か、髪の神…

58:そよかぜ:2012/05/02(水) 14:55 ID:S0o

23話〜イタズラと言う名の殺人←おい!〜
菜「イタズラプランはこうだ!
ナルシ先生のロッカーに、鉄が入った手紙をめちゃくちゃ入れる。そして、その後ろにパンチングマシーンを設置して、手紙と一緒にドカーン!!だ」
原「………いくらなんでもナルシ先生死ぬんじゃないのか?」
菜「大丈夫。死んだら、兄さんのとこに逝けるーって喜ぶぞー(棒読み)」
原「お前、棒読み世界大会があったら優勝できんぞ…」
棒読み大会?ねーよ!そんなの!
菜「よし!イタズラ開始!」
原「オレの意見は無視な訳?」
菜「もう設置はしてある!(ドヤァ)」
原「そこドヤ顔するとこじゃない!あ、先生来た」
ナルシ「ふっ今日もオレの授業と人気と美しさは最強だったな(ドヤァ)さーて、今日のモテ紙の枚数は…」
菜・原「…(涙目)」
ガチャッ   
ナルシ「うぎゃあああああああ!痛い痛い痛いいいい!オレの美しい顔がいあああああ!(泣)」
次の日から、1ヶ月、ナルシは学校へ来ませんでした。

59:匿名さん:2012/05/02(水) 16:33 ID:S0o

24話〜!!?〜
菜「えー、野郎どもに報告がある!副担任のナルシ…ゲホゲホえー、当火刑助がお亡くなりになりやがったぜ!」
野郎ども「えーーーーーー!」
以下略
原「てかさー、佐乃季のことってさー、先生にだけウソ付いててよかったのか?」
佐「ふふっ先生にイタズラするには、私の演技が必要でしょ?あのニュース、先生の家だけにながすの大変だったんだから!」
菜「でもまぁ、佐乃季がやろう!って言ったんだし、良くない?」
原「それもそうだな…ってか佐乃季って、演技上手いな…女優とかなれるんじゃねぇか?」
菜「確かに!」
佐「考えとくわ!で、ナルシの葬式はどうなった?」
菜「殺るに決まってんだろ!」
原「佐乃季、今まで風邪ひいてたってウソ、つけるかな…先生に…」
佐「女優並の演技力はどこいったのかしら…(ー○ー)」
菜「それもそうだな!」
原「てか、明日で先生へのイタズラ終わるけど、次のターゲットは?」
菜「そりゃー、勿論!



校長先生だろ!」

60:きなこ  ◆Cb.I:2012/05/02(水) 16:37 ID:gO6

佐野季さん・・・!(ジーン

61:そよかぜ:2012/05/02(水) 16:52 ID:S0o

24話〜葬式とかメンド←お前が殺したんだろ!2〜
頭皮神「兄さんと弟が居なくなるなんて、もう生きて行けない…」
頭皮神が代表で言葉を話している。菜月たちは、みんなナルシが嫌いだからパス!
菜・原・佐(じゃあ、死ネよ!ハゲ!)
はいっ三人とも毒舌ですね〜。
菜「こそっ)そろそろだぜ…」
原「こそっ)ああ…」
佐「こそっ)ふふっ楽しみね…」
5,4,3,2,1,
ガバァッ
棺桶から、ナルシになりきった奴が勢いよく起き上がった!
さぁ、頭皮神の反応は…
頭皮神「うわああああああああああああああああぁぁぁぁ(気絶)」
そのまま、病院へ行き、チーン!お亡くなりになられました〜('∀')人('∀')
菜・原・佐(イタズラ成功!)
次は校長先生…
無事か死ぬか、どちらでしょうね…?

62:そよかぜ:2012/05/02(水) 18:57 ID:S0o

25話〜ストーカー(?)なう〜
菜「校長のイタズラのために、ストーカーだあああああ!」
佐・原「ってか、させてんだろ!めしつかいに!」
菜「お前らもやろ!」
佐・原「何故に大阪弁!?」
菜「へっへーん!オレは大阪出身だ!」
佐・原「!?」
菜「それより、校長家に着いたぜ!」
原「忘れてた…」
佐「校長、影と髪うすいわね(ω)」
菜・原「ええ!カツラなのか!校長!」
佐「そんなことぐらい、調べてるわよ!常識でしょ?校長がカツラなのは」
菜「ってことは、朝会のときにカツラはずせば…ww」
原「ナイス!菜月!ww」
佐「それで決まりね…ww」
めしつかい可哀想ww

63:そよかぜ:2012/05/02(水) 19:49 ID:S0o

26話〜まさかの失敗!?〜
菜「ヅラが落ちるように、設置して…うーん、難いな…」
原「菜月!先生来たぜ!」
佐「いいから、早く!」
菜「チッ解ったよ!」
そして朝会が始まった…
菜(今度こそ、失敗…)
佐・原(菜月/弥生が落ち込んでる…)
校長「〜で〜が〜だから〜」
菜・原・佐(にしても、校長話ながっ)
その時、ちょうど校長の頭辺りに風が吹いた…!
さらぁっ
全校生徒!!!!!!!
菜・原・佐(いい具合に風が!ありがとう!髪様www)
その後、校長は辞めました。

64:綾姫:2012/05/02(水) 20:14 ID:yXI

気難しい私でも思わず笑っちゃうね♪
えっとね・・・86%かな?
まず、言葉だけじゃなく文章も書こう!そして分かりやすく♪
あとは面白い!私もみちゃうね♪

65:悪ネコ:2012/05/02(水) 20:28 ID:JKY

wwwww
俺、失敗と思ったんだが、いいタイミングで風が、
吹いてくれてよかったぜ☆
続きがんばれよ!

66:そよかぜ:2012/05/02(水) 20:54 ID:S0o

27話〜イタズラじゃなくて、殺す!←怖っ〜
菜月目線
校長が学校辞めてからは、副校長が校長になった。はっきり言って最悪。
何故かって?朝会の話は元校長の倍だし、なんか語尾に「ざます」とかつけてるから。しかも顔が崩壊してるのに、ナールーシーとかマジ意味不!
あーあ!生徒全員あくびしてるよ!
こりゃー、次のターゲットは新校長だな!早速、帯稚と絵利南に報告だ!
何故名前呼びかって?それは新校長の陰謀だ!
あー、マジ校長死ね!死ね!死ねええええ!
原田目線
あーあ!つっまんねーの!校長話ながっ!殺す気かよ!
ん?殺す?そうか!逆にこっちが殺しちゃえばいいんだ!ざますざますうるせぇし、殺せば!
その手があったか!イタズラだ!
あ、あくびが…
よし!朝会終わったら、弥生に報告だ!
佐乃季目線
チッ何よこのババァ!話ながすぎよ!
ったく何でこんなに言葉と髪が多いのよ!髪型にいたってはもう、アフロじゃない!このざますババアが!
死ーねーばーいーいーのーにー!
そうか!イタズラがあるわ!
早速、弥生に報告ね!楽しみ♪
…3人とも、怖いこと考えてますね!楽しいです!イタズラを考えれのは!
コメントくれた人!ありがとうございます!

67:そよかぜ:2012/05/02(水) 21:07 ID:S0o

やたらと髪にこだわるねぇ…佐乃季ww

68:そよかぜ:2012/05/02(水) 21:39 ID:S0o

28話〜今回は手強いぜ…〜
菜「うー…ん」
只今イタズラプラン制作中…
でも!
菜「いいのが思いつかねええええええええええ!」
あんのアフロざますババァに苦戦するなんて、思ってもいなかったぜ…
佐「確かに、いいアイディアが浮かばないわねぇ…」
原「…休憩するか?」
佐・菜「ナイス!帯稚!」
<休憩中なう>
菜「このケーキ旨い!」
佐「ふふっありがとう!自信作だったのよ!」
原「さすが、世界一のケーキ屋の社長の娘…」
佐「ふふっ」
菜「で、どうする?アイツのプラン?」
原「オレ考えたんだけど、アイツのアフロを盆栽みたいに切るっうのはどうだ?」
佐・菜「ナイス!帯稚!2」
原「これでいくか?」
菜「勿論!睡眠薬で、眠らせてから、オレらでやろーぜ!」
佐「なるほど…初心者がやれば、ぐちゃぐちゃになって、違う意味でスゴくなるからね!」
菜「しゃ!殺るぜぇ!」
佐・原「おう!」

69:そよかぜ:2012/05/02(水) 21:59 ID:S0o

マジ髪ネタが多い…

70:まぐろ:2012/05/02(水) 22:31 ID:W46

この二人結婚するか末永く爆発しろ^p^

71:そよかぜ:2012/05/02(水) 22:32 ID:S0o

誰と誰?

72:まぐろ:2012/05/02(水) 22:59 ID:W46

27話らへん見てなかった…
新しいキャラ出たんだ

菜月と原田!

73:きなこ  ◆Cb.I:2012/05/03(木) 12:32 ID:gO6

髪様www

新校長はアフロなのか!

74:綾姫:2012/05/03(木) 15:26 ID:yXI

そよかぜs>私アドバイス?的なの書いておいたよ♪
     >>64でも見てね♪

75:あ:2012/05/03(木) 17:24 ID:cS2

きたぞ。そよかぜ。
(神童です)

76:アリサ:2012/05/03(木) 19:50 ID:1cY

入れてくださ〜い!
小説すっごく面白いです!!
がんばってください!

77:そよかぜ:2012/05/04(金) 20:22 ID:4Ms

今、キャンプへ行ってて、余り更新が…そして、来週には、6年生全体で日光へ行くから、返信はなかなかできないです。

78:悪ネコ:2012/05/04(金) 20:27 ID:JKY

わっっかりました!
更新できるまで待ってます!

79:そよかぜ:2012/05/05(土) 14:41 ID:S0o

ガララ
佐「失礼しまーす!」
校長「何の用ですか?」
佐「家庭科で、お茶を作ったので、校長先生に飲んでもらいたくて…」
校長「いいですよ!大歓迎です!生徒から〜ペラペラ」
佐(話ながっ)
校長「じゃあいただきます」
ゴクッ ドカーン!(机に頭ぶつける)
菜「よし!作戦開始!」
菜月がアフロに触ろうとしたら…
ポトっ
なんと!アフロが外れ、ハゲな頭が出てきた!
菜・佐「……………うっそおおおおおおおおお!コイツもカツラかよおおおおおお!」
むくっ
校長「バレましたか…では、本当のことを話ます。」
実は、元校長と私は、貴方たちの担任の親です。
私と夫は、学校では、いつもと違う自分でいようと誓い、カツラにしたのです。
けれども、息子たちがどんどん死んでいき、本性をあらわにしようか悩んでいました。そこに貴方たちのイタズラがきたのです。それは、私たちにとって、髪様のような瞬間でした。
佐・菜「意味わかんねぇよおおおおおおおおお!」
校長「私はこの学校を辞めます。」
菜「ドンマイ★」
校長「さようなら」
次の日、学校がなくなりました。
他の学校へ、絵理南と帯稚と一緒に転校します。
さようなら、髪の神学校。
〜第一章終了〜
あとがき
無理矢理終わらせた!髪ネタ多すぎた!次からは減らして行きたい!…多分

80:きなこ  ◆Cb.I:2012/05/05(土) 14:45 ID:gO6

また髪様かっ!www

二章でも髪ネタ減らさなくて良いと思う((殴

81:そよかぜ:2012/05/05(土) 14:49 ID:S0o

リクエスト受けつけ中!

82:そよかぜ:2012/05/05(土) 20:14 ID:S0o

二章からは、作者も小説に入ります!
高乃 そよかぜ(たかの)
性格 菜月と同じ♪
見た目 男みたいなショートヘアー!つり目で目の色は青!
作者と菜月の性格が同じなのは、菜月のモデルは作者だから!

83:悪ネコ:2012/05/05(土) 20:19 ID:JKY

おお!
そうだったのか!
2章頑張れ!

84:そよかぜ:2012/05/05(土) 20:22 ID:S0o

ありがとう

85:そよかぜ:2012/05/05(土) 20:41 ID:S0o

〜プロローグ〜
色づいた紅葉がひらひらと舞い落ちる。今は秋。清んだ秋空を見上げながら、新しい学校へ向かう少女と少年。そう、あのイタズラグループだ!
そのグループを見つめる人が一人。

86:悪ネコ:2012/05/05(土) 21:50 ID:JKY

誰なんだあああああああ!
見つめるやつわあああああ!
気になるぜえええ!
あ、続き頑張って^^

87:悪ネコ:2012/05/05(土) 21:51 ID:JKY

ま、予想は少し♪

88:そよかぜ:2012/05/05(土) 22:06 ID:S0o

〜第二章1話〜
菜「今日から、新しい学校だぁ〜!」
空に向かって、大声で呟いている少女。菜月弥生だ。一緒に登校する仲間を、集合場所で待っている。その容姿と性格から、男と間違えられることもある。声だって、女子の様に高くはだせない。そして、イタズラグループのリーダーである。
佐「ふふっおはよう、弥生!元気そうね」
その横に、菜月とは異なる、少女らしい少女が立っていた。彼女の名は、佐乃季絵理南。また、イタズラグループの一員である。菜月とは違い、仕草も言葉も女の子らしい。
原「お!お前らもう来てたのか!早いなぁ」
一番遅く来たのは、イタズラグループの中で、唯一男の原田帯稚だ。前までは、菜月と敵対していたが、イタズラをするようになってからは、いきの会う、大切な仲間となっている。
菜「さっさと行こーぜ!遅刻するからさ!」
そう言って、俊足を誇る菜月は、学校へと、勢いよく走りだした。
佐「ち、ちょっと待ってよ…私、体育苦手だから、体力が…」
やはり、菜月と佐乃季は、同じ性別でも、異なる部分が多すぎる。
菜「しゃーねーな」
と、言うと、菜月は佐乃季をおぶった。
菜「これなら、大丈夫だろ?」
そう言うと、菜月は全力で走りだした。
原田の存在を忘れて。←影うす!(違うだろ!)
原「…弥生、なんかひでぇ…」
一人残された原田は、菜月に追い付くことはなかったが、無事(?)学校へ着いた。
そんな三人を見つめる人か一人…
?「あれが、菜月と原田と佐乃季…」

89:そよかぜ:2012/05/05(土) 22:11 ID:S0o

頑張って、言葉より文多くした…思ったより頭使った…

90:悪ネコ:2012/05/06(日) 10:53 ID:JKY

おお!
そよかぜがんばった!(涙)
続きガンバレ!

91:そよかぜ:2012/05/06(日) 10:56 ID:S0o

〜第二章2話〜
先「転校生を紹介する!入れ」
先生に言われて、廊下にいた菜月たちは、教室に入った。
女子「きゃあああああ!あの子カッコいい!」
そう言われた菜月。原田と佐乃季は、「ドンマイ」とでも言うように、菜月の顔を覗いた。菜月は怒りで震えていた。
先「それじゃあ、一人ずつ自己紹介をしてもらおう。」
迷うことなく、菜月が始めに自己紹介をした。
菜「菜月 弥生だ。女だ。勘違いすんな。以上!」
菜月は、そう短く告げた。
女子「えええええええ!女の子だったの!?」
菜月を男だと思っていた女子たちは、残念そうに、呟いた。
原「原田 帯稚。オレは男だ。以上!」
菜月よりも短く原田は終わらせた。
佐「佐乃季 絵理南です。女です。よろしくお願いします。以上!」
最後に、佐乃季が自己紹介をした。なぜ全員「以上!」をつけるのかと、性別を言うかは、謎だけど、これで自己紹介がおわった。
先「じゃあ、菜月は、高乃の隣。原田と佐乃季は、空いてる席に座れ。以上!」
先生パクリやがったよ!
その後、このクラスに、語尾に「以上!」をつけるのが流行ったことは、言うまでもない。以上!←
高「よろしくな!俺は高乃 そよかぜだ!」
笑顔で言う、少年(?)。
高「あ、俺は女だからな」
どうやら、菜月と同じで、男女のようだ。
菜「ああ、よろしく!」
この時、誰が予測しただろうか。
この少女がイタズラにくわわることを。
そして













あの当火の親戚だと言うことを。

92:きなこ  ◆Cb.I:2012/05/06(日) 11:39 ID:gO6

とっ……当火先生フラグ!!?

93:そよかぜ:2012/05/06(日) 12:07 ID:S0o

〜第二章3話〜
高「そこが、保健室。サボるのには、丁度いいとこだよ!で、隣が児童相談室。通称カウンセリングルーム。またの名を、チクリ部屋。」
今、高乃に学校案内をされているそよかぜ。
佐乃季と原田は、
「別にどーだっていい!学校の作りなんて、どこも同じ」
と言って拒否った。
高「ねぇねぇ、菜月ってさぁ…








当火って奴等知ってる?」
菜「!!!!!!!知ってるもなにも…イタズラした奴等だ!」
菜月は驚いて早口になった。
高「それなら、お礼を言わなくちゃ!
当火たちを殺してくれてありがとう!」
ええええええええ!何故お礼!
高「ずっとあいつら、消えてほしいって思ってたんだけど、消えてくれたから、よかったーって思ってんだ!」
その後、当火の愚痴を短く話た。

94:そよかぜ:2012/05/06(日) 15:22 ID:S0o

これは、作者が経験したことです。
名前は変えてあります。
作者以外、小説のキャラで表します。
作者以外、全員男です。
菜月と佐乃季が男になってるけど、口調と性格違うからね。
作者→そよかぜ(以下そ)
隣の席の奴→原田(以下原)
前の席の奴→佐乃季(以下佐)
ななめ前の席の奴→菜月(以下菜)
〜学校での話〜(実話)
給食中に起きた言い争い。
そ「てか、礼儀とかどーだっていい」
今思えば、言わなきゃよかった一言。
菜・原・佐「!!」
原「お前それはないだろ!」
菜「そーだよ!お前空手習ってんだろ!空手とか礼したりすんだろ!」
そ「それはそうだけど、」
佐「なのにどーだっていいのかよ!」
そ「うるさい!しつけぇよ!」←逆ギレ
今でも言われてる。礼儀なんてどーでもいい。
こないだ、委員会発表の時に、隣の席の奴が、他のクラスの奴にばらしやがって…そのあと蹴ってやったけど。
どーでもいい?

95:そよかぜ:2012/05/06(日) 16:35 ID:S0o

〜第二章4話〜
キーンコーンカーンコーン
授業の始まりを告げるチャイムが鳴った。
高「あ、完全に遅刻だ……」
そう告げると、少し考えて、そのあと、こう言った。
高「授業サボって、保健室行って寝るか?」
次の授業は、二人の苦手な算数。しかも分数のかけ算!
菜「その考え、のった!」
二人はハイタッチをしてから、保健室へと向かった。←なぜハイタッチ!?
<その頃、教室>
女子生徒「先生ー!菜月k…菜月さんと、高乃さんがいません!」
原「菜月は、体が弱いので、前の学校でも、よく何も言わずに保健室に行ってました。」
↑原田、完璧ウソついてる。ww
違う意味で保健室行ってんのに!前の学校でも。
佐「原田の言う通り、菜月は体が弱くて、よく保健室(サボりに)へ行ってました。
()は心の声。

96:そよかぜ:2012/05/06(日) 17:17 ID:S0o

突然ですが、アンケートです!
イタズラ日記!とアニメをコラボって、二次創作に小説を作ろうと思うんですが、なんのアニメがいいですか?ひとつではなくて、たくさんのアニメをコラボさせて、短編でやっていきたいと思ってます。

97:悪ネコ:2012/05/06(日) 20:34 ID:JKY

そやなあ・・
イナズマイレブンとかどう?

98:そよかぜ:2012/05/06(日) 20:49 ID:S0o

イナイレは、絶対やると決めてたから!
あ、映画でもいいよ!

99:まぐろ:2012/05/06(日) 23:00 ID:W46

まどマギ知ってたら是非やってほしい←

100:そよかぜ:2012/05/06(日) 23:26 ID:S0o

知らない

101:そよかぜ:2012/05/06(日) 23:29 ID:S0o

できるアニメは、イナイレシリーズ・ダンボール戦機シリーズ・スケットダンス・フェアリーテイルなど

102:悪ネコ:2012/05/09(水) 20:09 ID:JKY

おお!
ダンボール戦機があるやん!
めっちゃ楽しみやわあ!

103:そよかぜ:2012/05/10(木) 18:43 ID:S0o

最近忙しくて、なかなか更新できません

104:悪ネコ:2012/05/11(金) 16:47 ID:JKY

ええよ^^
ゆっくり更新しなはれ!

105:そよかぜ:2012/05/18(金) 18:48 ID:S0o

「イタズラ日記!」は、「そよかぜの小説所」で書くから、もうここでは書かない。
でも残しておくよ

106:そよかぜ:2012/05/26(土) 12:46 ID:S0o

やっぱ書く!!
〜第二章5話〜
先「よし!みんな集まったところで、リレーをやるぞ!!」
菜・そ「よっしゃあああああ!きたああああ!」
大げさに喜ぶ菜月とそよかぜ。
?「喜びすぎだろ、高乃。うるせぇし」
そう言ったのは、丘西 司。そよかぜのケンカ仲間だ。

107:そよかぜ ◆Ujv6:2012/07/22(日) 09:13 ID:S0o

そ「あれ?お前今日休みじゃなかったのか?」
丘「お前さぁ、HRの時寝てたろ。先生が遅れて来るったの聞いてなかったのか?」
その質問に対して、「うん。」と頷いた。
丘「先生の話ぐらい、ちゃんと聞けよ。」
そう言って、まだ着いていなかった自分の席へと歩いて行った。
そ「はいはい。」
返事をしてから、校庭の方を見た。
窓側の席だから、風が一番当たりやすい。
それと同時に、暖かな日差しも当たる。
ここの席になった人ならば、絶対に行う行動がある。
それは、居眠りだ。
授業に集中したくても、睡魔が襲う。
ある人には最高。
ある人には最悪。
な、席である。
そよかぜは一度欠伸をすると、机に顔をふせて寝てしまった。
勿論菜月も。


久々の更新が駄作で意味不ですいません!

108:ミク:2012/07/23(月) 08:06 ID:uB.

ID&名前が違うけど悪ネコだよ!

相変わらずおもろいなぁ〜^^

続き頑張れ〜^^

109:そよかぜ ◆Ujv6:2012/07/24(火) 09:43 ID:S0o

「…ん。」

菜月とそよかぜが目を覚ましたのは、放課後だった。

「お母さん、今何時?」

「いや、オレお母さんじゃないから。」

それよりも、

「ちっくしょおおおおおおおおおおおおおお!リレーに出れなかったああああああい!」

やっぱり、何よりも大切なことはリレーらしい。

ガララッ

教室のドアが開いた。

「お、起きたな。」

そこには、先生がいた。

「もうみんな帰ったから帰れよ。」



途中でやめる。

110:ミク:2012/07/24(火) 15:23 ID:uB.

リレーのことどんだけ大切なんだよww

続きガンバレ!!

111:そよかぜ ◆Ujv6:2012/08/10(金) 10:37 ID:S0o

そして帰り道

「リレーやりたかったなぁ、クソッ」

「まぁ、寝てたオレらだって悪い訳だしな」

そんなことを二人で話していると、目の前に見覚えのある影が…

「当火家長男!愛と髪のヒーロー!人には興味ない!合コンでは出会いなしの、当火(髪の毛)ブルー!」

「当火家次男!髪様バンザイ!頭皮神とはオレのこと!永遠にハゲの味方れ当火イエロー!」

「当火家三男!美少年?それってオレだろ!最強の当火レッド!」

「「「三人そろって当火レンジャー!!!」」」

ドガッ

「「くだらねーもん見せんなよ!ウザッリレー出れなかったのもてめぇらのせいだからな!」」

勝手に人のせいにしてる!

なんと言う自己中…

「まて、オレ達は、」

「お前達を倒すために、」

「よみがえって来たんだ!」

「「いっぺんに言え!」」

ドガッ

「もうほっといて帰ろ」

一歩進んだ時、

「いづれ決着を着ける、首を洗って待っていろ!」

112:そよかぜ ◆Ujv6:2012/08/10(金) 21:56 ID:S0o

「なんでアイツらがいるんだ?死んだのに」

「確かにな…」

〜その真相をお伝えします〜\(^∀^)/

一周間前のこと

「ここ、どこだ?」

「確かに、オレ達って、死んだはずじゃ…」

この状況があまり理解できていない。いや、できないのだ。

その時、奥の方から足音が聞こえた。

「やぁ、みなさん初めまして。私はMということにしておきましょう」

どんな曖昧な自己紹介だよ!

「で、そのMとやらはオレ達をどうするつもりだ」

すると、Mは笑った。

「どうするって、私が貴方達をよみがえらせたんですよ」

「は?(げ)」←

始めは理解できなかった。

だけど、オレ達がある目的のためにサイボーグとしてよみがえったんだと分かった。

その目的とは…

「菜月弥生・高野そよかぜ・佐乃季絵里奈・原田帯稚・丘西司の捕獲だ」

「「「ほ…捕獲だと!!」」」

捕獲という言葉に驚く。

「捕獲なんてして、どうするんだよ!」

やはり、菜月達の元担任であるからして、生徒を思う気持ちはサイボーグ化しても変わらないようだ。

「なんの目的があって捕獲しようとするんだ!」

どうにか止めようと必死になる。

そんな中、Mが笑った。

「じゃあ、目的を教えてあげるよ」

当火先生達にしか聞こえない声で言った。

「!」

その内容はスゴいものだった。
まぁ、いずれ分かるだろう。

「じゃあ、頑張ってね〜」

113:そよかぜ ◆Ujv6:2012/08/10(金) 22:41 ID:S0o

当火ケイスケ先生の誕生日会!


かっみのーけーつーるー
かっみのーけーつーるー
かっみのーけーぴっかぴかー
脱毛剤、最高!
かっみのーけーつーゆー


誕生日ケーキは脱毛剤クリームだ!
チョコペンでザ・脱毛剤と書いてあるぜ!


…ごめんなさい!本当にごめんなさい!


まぁ、当火ケイスケ先生!誕生日おめでとう!

114:そよかぜ ◆Ujv6:2012/08/11(土) 14:46 ID:S0o

「あーりゃりゃ、見事にボコボコですね〜。これは期待できそうだ」

傷付いて帰ってきた当火先生達を見て、楽しそうに笑うM。

「で、これからどうするんだよ?」

右腕が取れかけてるケイスケが聞いた。

「これから修理と強化をして、すぐに捕獲できるようにしますよ」

Mは机となのか物置なのかわからなくなっている所からネジを探した。

「なぁ、オレと兄さんの頭も修理してくれないか?」

目を輝かせながらきくハゲ太郎。

頭を修理=髪が生える

「それはムリです」

「Σ(`・ω・´)そこをなんとか」

顔文字きもいよ、当火先生。^言^

「元の姿そっくりに作るのが私のやり方ですからね」

「てかなんで包丁といでんだよ」

修理に使うのかわからない(てか使わないだろ!)だろう包丁をといでいる。

「これは捕獲した際に使いますからね」

ニコニコという効果音が似合いそうな笑顔を見せるM。





Mの目的とは、一体…(次回分かります)

115:そよかぜ ◆Ujv6:2012/08/11(土) 15:13 ID:S0o

ザワザワと賑わう公園。

そこに5人の小学生が集まっていた。

菜「なんでお前らがいるんだ?」

そ「それはこっちの台詞だよ」

その5人の共通点は、同じ学校・同じクラス・そして同じ手紙をもっていることだった。

絵「その手紙、みんなにも届いたの?」

差し出し人は、全員M。

[明日、髪の神公園に10時に来てください]とかかれていた。

幸い、何も予定のない暇な休日だったため、全員集まることができた。

?「やぁ、皆さんもう集まってたんですね」

ガサッと茂みの向こうからMが出てきた。

原「誰だテメェ」

M「私がMです、そしてこの人達は…」

全員「!」

出てきたのは、紛れもなく

菜「と…当火先生?」

M「違います、グレートバリアリーフ当火ブラザーズ強化バージョン桂無しの悲しいハゲ(2人だけ)です」

全員「名前長っ!縮めて当火ブラザーズにしろよ!」

M「まぁいいや、始めちゃって下さい」

Mの指示を聞き、一気に当火ブラザーズが菜月達に襲いかかる。

菜「何だこれ…昨日とは比べ物にならねぇ…強い」

そ「日光で買った木刀持ってきといてよかったぜ!」

(`・ω・´)bマジで買いました。(友達に「やめなよ」って言われたけどそんなの関係ねぇ!)

丘「おい、危なねぇからやめろ!」

ドゴッ

当たったのは、菜月の一撃でもなければ、そよかぜの木刀でもない。

まぎれもなく、当火ブラザーズの衝撃波だった。

M「捕獲成功ってことですね」

ハゲル「お前、本当にやるのか?」

M「ええ、私のMはマゾのMですからね」

116:ミク:2012/08/19(日) 13:10 ID:uB.

・・今、気づいたんだけど・・! 

何か、小説読みやすくなってる!
(だって、間があるから)

あ、続き頑張れ〜!

117:そよかぜ ◆Ujv6:2012/09/09(日) 20:05 ID:S0o

上げー
只今スランプ中ー

118:姫香:2012/09/10(月) 20:23 ID:s.g

そよかぜさんへ
初めまして姫香です。
今回小説をかこうとしております、が、題名が『初恋!LOVI日記』で、そよかぜさんの『イタズラ日記』の日記と題名がかぶってしまいました・・・
なので許可をもらおうと来ました。
許可をいただけないばわいは小説をやめますので、

119:そよかぜ ◆Ujv6:2012/09/10(月) 20:47 ID:S0o

いや、日記が被っても話が違ってればいいんじゃないですか?
>姫香さん

120:そよかぜ ◆Ujv6:2012/09/10(月) 21:43 ID:S0o

目が覚めた時に、菜月達がいたのは映画によく出てくるような牢獄だった。

菜「どこだ、ここ…」

原「怖いお…お母さァァァァァん」

絵「うっせーな、原田。お前もう帰れ」

危機的状況になると、性格が変わると言うような言わないような…

菜「てか原田お前…マザコンでMってキメェww」



途中で終わる
ネタが無いのよ←


書き込む 最新10 サイトマップ