わんこのお話

葉っぱ天国 > 小説 > スレ一覧 [書き込む] Twitter シェアする? ▼下へ
1:あみりん☆:2012/05/11(金) 22:27 ID:cUs

これから私、わんこの小説を書こうと思います♪
ちょっと下手なとこもあると思うけどよろしくね♪

2:あみりん☆:2012/05/11(金) 22:53 ID:cUs

書くね!

私は後悔している。いつだって、いつだって、後悔してる。
あなたを捨てたことを。

これは、ある家族で飼われている犬、チワワのメルのお話です。

私達の家で飼っている犬、メルは誰にでも好かれていた。
おとなしいけど、よく吠えて、しつけても、なにも覚えやしない。
でも、メルは好かれていた。
しかし、この一家の姉妹の妹、美裕はメルが嫌いだった。
『うるさい』 『可愛くない』という理由で嫌いだったらしい。
ある日のこと、メルが姉妹の姉、美奈のカバンの持ち手を噛みちぎってしまった。
「これ、お気に入りだったのに…」
美奈はすごく悲しんでいた。
その時、美裕が言った。
「メルのバカッ!メルのバカッ!」
美裕はメルを激しく責めた。
美奈が大好きだった美裕はメルが許せなかった。
「こんな犬、捨ててやる...!」
二人は言った。
>>続きを読む

「美裕!美奈!やめなさい!」
両親の言うことなんて、二人は無視していた。
そして、二人は走って行ってしまった。
「美裕!美奈!」

二人は公園の木の下にメルを入れた段ボールを置いた。
ここなら誰かが拾ってくれるだろうと。
メルは、きょとんと二人を見ていた。
『ねえ。どうゆうこと?』
と言っているように。
そして、二人は言った。
「さよなら。メル」
でもメルは吠えることなくずっと二人を見ていた。
そして、二人は去ってしまった。
そして、メルはまた帰ってくるだろうとずっと待っていた。

続く

3:あみりん☆:2012/05/11(金) 22:55 ID:cUs

ごめん!
2の続きを読むなかったことにして!

4: ◆/KJ6 hoge:2012/05/12(土) 18:38 ID:ez-Pq6

ぱくり?ですか?

違ったらすいません

ほぼ内容が一致してるんですが…


書き込む 最新10 サイトマップ