世界でイチバン、あなたのことを愛しています

葉っぱ天国 > 小説 > スレ一覧 [書き込む] Twitter シェアする? ▼下へ
1:さや:2012/05/11(金) 23:52 ID:GEE

どーも!!さやです!この度、スレを作らせてもらいました!
ここは、恋愛小説物語です。

誰でもかいてもいいんだけどルールがあります


@荒し、喧嘩はなしです!
Aみんな、仲良く!
Bできればプロフを最初に

名前  さや
歳   12歳、今月で13歳、中学一年生
部活  柔道部

こんな感じで

C小説を書くときは、ローテーションで書きたいなーと思っています
(誰かの小説が終わったら、別の人が書くということです)
D呼び捨て、ため口OKです!

こんな感じでス。
感想だけでもいいですよ♪
雑談は、少し控えめにお願いします

そんな固いことは言わないから、じゃんじゃん来てください!

2:さや:2012/05/12(土) 09:56 ID:oBE

早速、書くなう!

誰か来てね!


『シャンプーとリンス』
〜プロローグ〜

ミーンミンミンミンミン

あついあつい、長い夏の季節
そのなかに、涼しげに揺れる長い黒髪
つやつやな黒髪が、噴水がある道をゆっくり歩く
彼女は永井杏(ながい あん)
16歳の、高校一年生だ
ミニスカートが似合い、誰もが憧れる美少女だ
友達 「杏は夏でも、髪綺麗だよね」
杏  「そぉ?お母さんが、安いシャンプーとリンスを買っているだけだよ?」
友達 「夏になると、汗かくしさー、お手入れがめんどくさいのに、何でそんなにきれいなの?」
杏  「だから、安いシャンプーとリンスを買っているだけだよ」
あたしの自慢は、安いシャンプーとリンスをするだけで、さらつやになる黒い髪の毛だ

男子 「永井さーん、今日もきれいでーすっっ!」
杏  「ちょ…やめてよ!大声で!!」
男子 「なぁ!そう思うだろ!お前ら!」
要貴士(かなめ たかし)、早美時(はやみ とき)、この二人はあたしはニガテ…
貴士 「僕はきれいだと思うよ。永井さんの髪」
杏  「ありがと。」
時  「そーか?別に髪の毛なんか、手入れしなくてもよくね?」
この二人、正反対の性格なのに、何でつるんでいるんだろう??
あたしは、いつもそう思う。しかもこの二人、あたしはニガテだ
貴士はお世辞みたく、あたしの髪を誉められても嬉しくない。言わされているみたいで嫌だわ。
時は、遠慮がないのよ。たまには優しくなってもいいと思うの。遠慮したり。

汗が出る、暑い夏の季節。
風になびく、涼しげに揺れる長い黒髪
まさか、この時は、思っていませんでした
この二人のどちらかと、お付き合いするなんて…

3:さや:2012/05/26(土) 18:58 ID:xcg

シャンプーとリンス

シャンプーは髪の汚れを取るもの
リンスは髪をきれいにするもの

私の場合、あの二人は、シャンプーとリンスに例えられる

貴士は、あたしの心を洗ってくれる人。

時は、あたしの心を綺麗にしてくれる人。

あたしは、この二人が、とてもとても大切なの……ー


杏は、一人、文化祭の準備をしていた。
ドサッ
杏「ああ〜、落ちたぁ…ー。めんどくさーい」
文化祭で使うものが、1つ、2つ、3つと落ちていった
杏「ってかさぁー、なんで一人でやんなきゃいけないわけ!?もう校舎にはダレモいないのに…ー」
先生「お前が、文化祭実行委員、クラス代表だからだ」
ビクッ
先生の声に、杏はビックリした。
杏「あー…はは…そう…ですよ……ね…ー」
先生「早くやって帰れよ、永井」
杏は、こくり、とうなずく
でも、さすがに大量の荷物を、女の子一人に持たせると、さすがに時間もかかる
杏「誰かぁ、いないかな、手伝ってくれる人」
??「俺が手伝ってやるよ、杏」

声のする方に振り向く。
そこにいたのは時だった
杏「あれ?なんで…ここに時がいるの?」
時「なんでって…指導されてたんだよ。寝たから。」

(-_-)これだから時は…
でも、飽きない。こいつといると、楽しくて仕方ない

杏「じゃ〜これ!運んで、教室に」
時「ん、わかった」
杏「ねえねえ!貴士ってどうゆう奴なの?」
時「貴士か?あいつは面白いぞ!敬語だし、いつもボケるし、杏、貴士のこと好きなのか?」
杏「んなわけないじゃん。髪の毛、嘘みたいに誉められてるから、うざい。」
時「それは…」
時が言葉をつまらせる
なんかある!聞き出してやる!
と、杏は思った
杏「なんなのよ!言いなさいよ!股間に蹴りいれるわよ!」
時「貴士…杏のこと好きみたいでさぁ。」

……////え?
杏「いやいやいやいや、ないないない、貴士に限ってねぇ」
時「良かったな。二人に好きって思ってもらえて」
杏「???二人…?もう一人は誰なの?」
時「イニシャルは、名字がH、名前がT」

誰だろう…H、T?
そんな人、いたっけ?

時「鈍いな…お前。まだ気付かないの?」

ドキンッ
真剣な顔で、時があたしを見つめる
こう見ると…カッコいい

杏(こんなこと思ってる場合じゃない!H、Tを探すんだ!)
時「お前の近くにいるのにな…?H、Tは」

続く

4:るみな:2012/06/24(日) 18:03 ID:Xyc

ちょ〜う続き気になります!
頑張ってください!

5:さや ◆TDhc:2012/08/07(火) 20:51 ID:8LQ

人はいませんねw

ですが、お伝えしたいことがあります。

私は、難民です。つまり、書き込み規制中です。このスレにはこれません。ですが、管理人さんが、葉っぱの日(8月8にち)と言うことで、一時的に解除してくれると言うことで、来ました。
私の小説は無視していいです。

ですので、誰か恋愛小説を書いてくれませんか?

私は難民でもちゃんとみます。伝言してもらって、感想を言います。

書き込み規制を解除してもらえますよう頑張ります。

では、失礼します。よければこのスレを、どなたでもいいので使って下さい。


書き込む 最新10 サイトマップ