恐怖の図書室

葉っぱ天国 > 小説 > スレ一覧 [書き込む] Twitter シェアする? ▼下へ
1:唯 ◆hN7g:2012/05/12(土) 10:19 ID:xqo

私以外書き込まないで^^
アドバイス・感想よろしくね

2:唯 ◆hN7g:2012/05/12(土) 10:34 ID:xqo

がらがら・・・

しーん・・・

「誰もいないのかあー」
佐藤 朱里 中1
今、図書室にきています。
ここの図書室は、いる人がほぼ幽霊だって噂がある。
人なんて、1日1人くるかどうか。

貸出カウンターの人もいない。
皆怖くてやらないらしい。

かたかた
「!?」何この音・・・

「・・・」「うわ!」
目の前には、黒いショートカットの、紫のランドセルをしょった可愛い女の子。
でもトイレにいないし、服はピンクのパーカーとデニムのミニスカート。
だから、トイレの花子さんではないようだ。
って、不法侵入か!?

「あなた誰」
「・・・西野 百花」
「何年生?」
「4年生」

3:唯 ◆hN7g:2012/05/12(土) 12:02 ID:xqo

皆こーい

4:唯 ◆hN7g:2012/05/12(土) 12:40 ID:xqo

つくりなおします。すみません

5:霧覇:2012/05/12(土) 13:08 ID:8Pc

入れてください♪

6:霧覇:2012/05/12(土) 13:08 ID:8Pc

あれ?遅かったですかね?

7:唯 ◆hN7g:2012/05/12(土) 13:09 ID:xqo

4〉〉とりけしで。

5〉〉いいですよ!

8:霧覇:2012/05/12(土) 13:17 ID:8Pc

ありがとうございます♪

9:苺:2012/05/12(土) 13:43 ID:wRQ

入れてくださーい。

10:霧覇:2012/05/15(火) 19:03 ID:8Pc

来てくれますかね…?

11:里翔 ◆hN7g:2012/05/16(水) 02:29 ID:xqo

4年生かあー、なんでここに?

見逃すか。小学生だし
「見逃すから、帰りな?」
「・・・」
ところが女の子は首をふる。
「あれ?」
女の子のランドセルは、赤だった。紫は・・・?

「あれは、ゆりの。これは、私の。次は、ねねの黄色。24色まであとちょっと」
え?

なにをいっているの?
すると、女の子はこんな歌を歌った。
「私はずっと探してる 綺麗な色の ランドセル 私は赤しかないのに 皆黄、青・・・欲しいな。あのランドセル 欲しいな 赤いランドセルといっしょにちょうだい」

なに・・・?
赤いランドセルと綺麗な色のランドセルをもらう?
どういう意味・・・?

12:霧覇:2012/05/17(木) 18:06 ID:8Pc

西野さんは色々な色のランドセルを
集めているんですかね??
まあ、続きを読めば分かりますけどね…。

13:凜 ◆hN7g:2012/05/17(木) 22:24 ID:xqo

私が立ちつくしていると、女の子はこういった。

「1959年8月27日新聞・緑ヶ丘昭和小アルバムを見ればわかるよ・・・ふふふ」
1959年・・・?
もう50年以上前じゃない。


もうきります

14:凜 ◆hN7g:2012/05/18(金) 19:56 ID:xqo

だいたい、緑ヶ丘昭和小なんて、ここら辺ではあるけど・・・
3年前なくなったのに。

アルバムは北方小にあるらしいけど。
「ねえ・・・!?」
さっきまでそこにいた女の子はいつの間にか消えていた。

・・・さがそう。
新聞は、どこにあるかな・・・。

「1959年8月27日の新聞あります?」
探し続けると、おばあさんの家にあった。

あばあさんは話した。

「これにねえ・・・西野 百花っていう、私の娘がのっていて・・・今でも持っているの。」
西野 百花?

それじゃあ、おばあさんは女の子のおかあさん?
「百花はねえ・・・赤いランドセルより、綺麗な色のランドセルがいいって言ってたの。でも、当時はなくてねえ・・・」

「その子は?」
「小4で、交通事故で死んだの。背中の皮がめくれてた。ランドセルをからわなかったみたい・・・赤いランドセルをしょってるみたいだったそうね・・・血がでて・・・」
え・・・

じゃあ、女の子は、いろいろな色のランドセルを、からってる人を殺して、皮がめくれるようにしてる・・・?
で、赤い血とランドセルをもらっているの・・・?

「綺麗な色のランドセルがから、百花と同じ死にかたをする小学生がたくさんでたの。しかも、いつもランドセルがなくなっているみたいよ・・・」
え?そうだったのか・・・

15:凜 ◆hN7g:2012/05/19(土) 11:28 ID:xqo

訂正
×「綺麗な色のランドセルがから・・・
〇「綺麗な色のランドセルがでてから・・・

すみません

16:凜 ◆hN7g:2012/05/19(土) 12:11 ID:xqo

女の子・・・いや百花ちゃんは、赤いランドセルが嫌で、からわなかった。
それで、死んだ―。

どんなに辛かったんだろう。

「・・・おばあさん」
「はい?」
「中谷中の図書室に、女の子の霊がでました」
「そう・・・中谷中の図書室は、幽霊のでるとこっていわれてたわねえ・・・」
そうか・・・

「女の子の好きな色は?」
「オレンジよ。」
「そのランドセル、女の子のあげます。買います。」
おこづかいでなんとかなる
「いいえ。これをあげるわ。」
おばあさんは2万円と、古いおまもりをくれた。
「おまもりはあなたがもっていて。娘にはランドセルでいいのよ。ありがとう―。」


私は、北方小にむかった。
「朱里ー」「沙紀。」
友達の飯田 沙紀

「こっち方面じゃなくな・・・「急いでんの!ごめん!」「?なんだよう」

やっと北方小についた。
アルバム・・・


「」

17:凜 ◆hN7g:2012/05/19(土) 12:14 ID:xqo

「」とりけしで。

×「そのランドセル、女の子のあげます。買います。」
〇「オレンジのランドセル、女の子に買ってあげます。」

ごめんなさーーーーい!

18:霧覇:2012/05/19(土) 13:49 ID:8Pc

いえいえ、大丈夫ですよ♪
つづき楽しみにしてますね☆

19:凜 ◆hN7g:2012/05/19(土) 14:36 ID:xqo

>>18
うう・・・ありがとうです!!!!!
がんばります!

20:凜 ◆hN7g:2012/05/19(土) 15:33 ID:xqo

私は急いで図書室へむかった。
ガサゴソ・・・
ん?

『緑ヶ丘昭和小学校 1959年度4年生』
あった・・・
ホコリぽいなあ。緑ヶ丘昭和小学校って、昭和の初めつくられたんだよな・・・

私はおばあさんからもらったおまもりをにぎりしめ、ページをめくった。

ぱら・・・
「あ。」
それは、8月の写真だった。その白黒写真の中に、百花ちゃんがうつっていた。
ランドセルを皆からっていたのに、百花ちゃんはからっていない。

日付は8月26日。
事故にあう日の下校時間。

写真にはこう書いてある。
『この後、皆で花火大会。』そして、子供の字で、こうつけたされていた。
『ももかちゃん、天国でもお幸せにー☆残念残念☆真理亜』

ふ ざ け て る
なんで、☆とかつけんの?悲しいなら、付けないでしょ?悲しくないんだ・・・このこ。
ひどいよ。

すると、風で、次のページにいった。

そこには、お祭りの写真。8月30日だ。

そこに、こう書かれていた。

『真理亜ちゃん、残念だね。死んじゃったね。真理亜ちゃんのランドセル、特別に取り寄せたんでしょう?いいね。ピンクのランドセル 百花』

百花ちゃん・・・?

許せなかったんだ。真理亜ちゃんを。そして、色とりどりのランドセルをからった幸せそうなこが・・・

がちゃっ
私は、走って、オレンジのランドセルを買いに行った。
15000円だった。
後であばあさんに5000円返しに行こう。


そして、中谷中の図書室へいった。

「百花ちゃん!」
「なに?」
いた・・・
「はい、ランドセル!赤いランドセル、嫌いだったんでしょう?」
「・・・うん」
やっぱり・・・。
「私も、赤いランドセルだったの。でも、クラスの皆、ピンクとか茶色でさ。1人だけ赤だったの」
「・・・」
百花ちゃんは黙って聞いていた。
「で、時代おくれとか言われて、いじめられてた。」
「え・・・」
これは、本当のこと。
「だけど、ランドセルのせいなんかじゃないって思ってる。」
「なんで?」
「私がもっと積極的だったらいじめられなかったと思ってる。」
「・・・」
「ランドセルはさ、色じゃなくて、買った人の気持ち。それにさ、皆赤だったなら、いいじゃん」
「・・・うん」
百花ちゃんは、オレンジのランドセルを抱きしめて、
「お姉ちゃんがくれたランドセル、大事にするね。ありがとう。」
百花ちゃんは、ほほえんだ。
そして、オレンジのランドセルと一緒に、消えた−。

百花ちゃん、元気でね。

私は、図書室を去った。

ピンポーン
「おばあさん!」
おばあさんの家に行き、おばあさんを呼ぶが、返事がない。
ドアをひねった。
がちゃっ
開いた―。
私は中に入った。

「失礼しまーす・・・おばあさん?」

リビングに行くと、おばあさんが横になっていた。
「おばあさーん」
さすってみた。

あれ・・・?冷たい!
「おばあさん、おばあさん!!!」
私の目からは、無意識に涙がこぼれる。

ああ、そうか。

おばあさん、安心したんだね。

おばあさんは、かすかに笑って、死んでいた。

天国で、仲良くね・・・

私はおまもりを持ちながら思った―。


あれから15年。私は28歳になっていた。
結婚し、今年娘は小学生になる。
娘は、『百花』となづけた。
どことなく、百花ちゃんに似ていた。

「ママ、ももか、オレンジのランドセルがいい!」
オレンジのランドセル。

百花は、百花ちゃんの生まれ変わりなのかもしれない。

「ママ?」
「いいわよ。買おうね」
「わーい!ありがとうママ!」
百花ちゃん、よかったね―。オレンジのランドセルだよ。


終わり

21:凜 ◆hN7g:2012/05/19(土) 15:35 ID:xqo

2話もお楽しみにー☆文才ありませんがwこれ書いてると泣けてきます(泣)

22:凜 ◆hN7g:2012/05/19(土) 15:41 ID:xqo

ちなみに1話は、「ランドセル」2話は「プールの霊」だよー^^

応援宜しく^^超文才ないけどさ(笑)

23:凜 ◆hN7g:2012/05/19(土) 15:58 ID:xqo

更新明日か明後日かもー

24:凜 ◆hN7g:2012/05/19(土) 16:17 ID:xqo

「プールの霊」
はーい!私、小谷 沙織!ぴちぴちの中1!
ミーンミーン
う・・・あっつ!!
6月に入ったのに、今年は梅雨っぽくなーーーい!雨ふらないし。
ま、 プールざんまいだからいっか。

「沙織ー」
「なーに美佳」
「えっとねー、なんだっけ」
「もー!」
このおっちょこちょいは、井野 美佳。はっきり言って 天然
「思い出した!今日先生風邪でいないから、プールは自由だって」
「やったー!」
そう!今日のプールはな、ななんと4時間続き!それを自由なんて・・・天国だー!!

私はさっそく、美佳と更衣室で水着に着替えた。

25:霧覇:2012/05/19(土) 16:30 ID:8Pc

小説上手ですね☆
つづき頑張ってください♪
応援してますから♪

26:凜 ◆hN7g:2012/05/19(土) 16:37 ID:xqo

>>25
うえええーーーーん

ありがとうですうーーーーー

27:凜 ◆hN7g:2012/05/19(土) 19:00 ID:xqo

ざぶんっ
きもちー!すずしい・・・ん?

水中に、影がある。

なんだ?

きります。。ごめんなさい

28:霧覇:2012/05/19(土) 19:02 ID:8Pc

いえいえ、大丈夫です♪

29:凜 ◆hN7g:2012/05/20(日) 10:05 ID:xqo

28>ありがとうございます!

30:凜 ◆hN7g:2012/05/20(日) 17:26 ID:xqo

髪の長い、綺麗な中学生くらいの・・・あれ?

いつからか、目の前には髪の長い、綺麗で細い女の子が立っていた。
なんで?この人、2,3年生くらい。でも、今は1年2組しかプールにいない。
おかしい。
その時、その人が綺麗な声で言葉を言った。
「2年 成宮 優希」
この人、2年生なのか。探してみよっと。

その時、私はなぜか興味をもった。

私はもう1度、その人を見た。

消えてる・・・とかではなく、ちゃんといた。
普通に会話もできる。
話してるうちに、いつの間にか『優希先輩』と読んでいた。

お昼も、優希先輩と食べたくて、美佳の誘いを断った。
そして、2年生教室へ行った。
うちの中学は、1学年7クラスまである。

まず1組『成宮 優希先輩いますか?』
「いないよ。」
2組「いない」
3組「いないけど」
4組「7組にいたはず」
7組か!
「優希先輩いますか?」
「優希って・・・成宮 優希?」
「はい」
「・・・キミの名前は?」
え。なぜ??まあ、言おう。
「小谷 沙織です!」
「私は原本 千奈津。沙織ちゃん、放課後、屋上に来てくれる?」
え?なんで?
なんか悪いこといったかな。
それとも優希先輩のこと?
「なんでですか?」
「来ればわかるよ」
来ればわかる?ますます分かんない!
・・・ん?大事なこと忘れてた!
「優希先輩は?」
「・・・休み」
「え!?」
ありえない!
だって、プールにいたもん。
まあ・・・顔は青白かったけどさ。
あの後、帰ったのかも。


私は、とりあえず屋上に行くことにした。

31:霧覇:2012/05/21(月) 19:53 ID:8Pc

まさかの霊ですか!?

32:えま ◆hN7g:2012/05/22(火) 19:13 ID:xqo

>>31
ふふふー^^

33:さくら ◆hN7g:2012/05/22(火) 19:53 ID:xqo

から・・・
私は屋上にきた。

「先輩?いますかー?」
「・・・ふふっ」
ぐっ
「あ!?」
私は誰かに首をしめられた。
「な、んで・・・」
「あの女を殺したのは私。美人だからって生意気なのよ・・・!だから、プールに呼び、溺れされて、死んでから埋めたのよ」
そ、れじゃあ・・・千奈津先輩に・・・優希先輩は・・・殺され・・・たの・・・?

どさ・・・

・・・ぱち
「30分で起きたの?埋めようとしたのに。もう1度ね・・・」
そこはT中の旧校舎だった。

いやだ。 死にたくない。 助けて・・・
「助けてえ!!たす・・もが!?」
私は口をふさがれた―。

そして、薬を無理矢理飲まされた。

「や・・・」
優希せんぱ・・・い

「ひ・・・いやあああ!!!」

悲鳴をあげたのは、
 千奈津先輩だった。

34:霧覇:2012/05/22(火) 20:08 ID:8Pc

優希先輩ですかね…?
やったのは…?

35:さくら ◆hN7g:2012/05/22(火) 20:24 ID:xqo

ふふふーさあね^^見ればわかります

36:真結 ◆BrF.:2012/05/25(金) 18:29 ID:xqo

トリップ変えたよー

37:霧覇:2012/05/25(金) 20:04 ID:UDc

トリップはどうやって変えるんですか?

38:真結 ◆hN7g:2012/05/26(土) 12:37 ID:xqo

名前の後に#をだして、半角の好きな文字を打つ!そしたらできます

39:真結 ◆hN7g:2012/05/26(土) 13:03 ID:xqo

「ちな・・・え」
いつの間にか、千奈津先輩は倒れていた。
「ふん。」
優希センパ―え?はあ?
目の前には美男美女キョウダイと呼ばれるケイト!
お姉さんに会ったことないけどね。

・・・って「あんたなんでいんの?」
「姉に呼ばれた」
「は?」
「優希に呼ばれた。」
へー・・・ええええええ!?

「そいや成宮 ケイトだったか・・・」
ん?今は・・・なぜいんのかだよ!!どうして?
「変装して、バカ野郎殺人犯すっとこどっこいアホ千奈津の首をしめた・・・ふりをした」
あだ名、長すぎ・・・すっとこどっこいって・・・
てか、私なにも聞いてないよ?
「顔に書いてんだよ」
え・・・ふくざつ。
「変装って?」
「姉のだよ」
「女装か!」

「・・・姉の居場所は、ここだ。お前も掘るのてつだ・・・!あーもう」

40:霧覇:2012/05/26(土) 13:37 ID:UDc

???

41:真結 ◆hN7g:2012/05/26(土) 13:42 ID:xqo

#keitoてな感じです

42:真結 ◆hN7g:2012/05/26(土) 13:44 ID:xqo

ケイト#keito

みたいなことです

43:霧覇:2012/05/26(土) 13:51 ID:UDc

呼ばれたって……。

女装ですか…。(汗)

トリップのやり方は知っているんですけど
そのトリップを変えるやり方を教えてほしいんです
打つ文字をかえれば変わりますかね?

44:真結 ◆hN7g:2012/05/26(土) 14:31 ID:xqo

はい!変わりますよ><


書き込む 最新10 サイトマップ