キミへのキモチ

葉っぱ天国 > 小説 > スレ一覧 [書き込む] Twitter シェアする? ▼下へ
1:南:2012/05/12(土) 20:58 ID:etc

初めまして!南です。
初★小説 うまくいくといいな〜
サポート&アドバイス&感想お願いしますッ!


「ふぅ……ついたぁ……!」
懐かしい景色。懐かしいあの頃。
帰ってきたよ――みんな。

あたし、野々宮梨奈、高1。
転勤族です。
父親が良く転勤するので、すっごく仲良い子はできない。

しかもあたしマイペースな性格だし。

でも、ここは違う。
オモイデノバショ……


続きますネ

2:南:2012/05/12(土) 22:04 ID:etc

「ほんと、懐かしいわね」

お母さんの目もどこか懐かしげ。
「お母さん、明日、商店街の方へ行ってみて良い?」

「勿論。いいわよ。門限は8時だからね」
「そんなにいないって〜」

うちは、超が付くほどお母さんが厳しい。
その何十倍もやさしいけど。

次の日は、晴天。
お金と、携帯をバッグに詰めて、商店街へ行ってみた。

「懐かしいなぁ……」
あたしは小4までここにいた。
幼馴染もいっぱい。

良く遊んだゲームセンターを通り越すと、ケーキ屋さんが見えた。
「あ、おいしそ〜♡ちょこっとだけ、見てこっ!」

スーーーっとショーウィンドゥが開く。
あま〜いケーキの匂い。

「いらっしゃいま……あれ?もしかして……野々宮っ!?!??!?!」
「え?」

店員の方を見て、びっくりした。
それは、幼なじみの―――

「誰だっけ?」

3:& ◆XU0.:2012/05/12(土) 22:06 ID:etc

「誰だっけ?」

ズコッ
「お、おいおいマジかよ。覚えてない系?
 雷門司悠誠。」

4:南:2012/05/12(土) 23:23 ID:etc

3は私でした汗汗


書き込む 最新10 サイトマップ