新感覚☆地球を救え。

葉っぱ天国 > 小説 > スレ一覧 [書き込む] Twitter シェアする? ▼下へ
1:里翔 ◆hN7g:2012/05/14(月) 19:05 ID:xqo

時は新未来 2299年12月15日。

ふう・・・
俺は森川 怜。中3。アクションなんて、キョーミない。昔から、ばかばかしいと思ってた。
怪獣なんかいない。ヒーローもいない。ただの空想・・・。

ピッ
ガラッ
「ただいま」
「おかえりー怜」
家にいるのはほぼ俺と姉ちゃん。姉ちゃんは高1だ。
『怜菜ー』
自動電話から、姉ちゃんの友達、幸の声がながれる。
「どしたー?幸」
『大事なこと!弟くんも聞いてねー』
「?はあ・・・」
なんだろう。
俺にも聞いてほしいことなんて。
『じつは・・・』

ゴクリ。

『地球が、2300年になくなります』
は?つまんねえ。
思った以上につまんねえ。
よくある話だ。
最近は1年に5回くらいあるだろそんな話。
あーあ。つっまんねー
なんかおもしろいことねえの?

「幸、デマでしょ」
『ほんとうよ。地球温暖化がすすんで、酸性雨もたびたびふっているもの。この動画、自動電話に送るわよ。』
動画・・・?なんだ?

【ぴろぴろりん 動画が送られてきました。】
自動電話がなる。

ピッ。
その動画は・・・

2:ザビエル ◆Ec6Y:2012/05/14(月) 19:27 ID:o2I

その動画は?


書き込む 最新10 サイトマップ