鳴り響く音色。

葉っぱ天国 > 小説 > スレ一覧 [書き込む] Twitter シェアする? ▼下へ
1:萌乃:2012/05/15(火) 20:42 ID:K3E

皆さん、初めまして!萌乃(もえの)です(><)
小説初めて書くので、失敗するかもなのでアドバイスや感想お願いします!!

約束*
私以外は書かないでください
荒らし禁止!!
喧嘩禁止!!

2:萌乃:2012/05/15(火) 21:01 ID:K3E

第1話
音色、「きゃー!また失敗しちゃった〜」
響、「音色!!もう一年も練習してるのに、まだできないの!?」
くらっ……
あ………………………
ドンッ

斗愛、「あぶねーよ響!!ちゃんと睡眠してるか?俺様なんてキンキラキン〜」
響、「………っあんたって‥ホント面白……」
私、中田響(なかたひびき)。で、この活発で助けた男子は、白菩斗愛(はくぼとあ)。
まぁ、楽器は4年生全員アコーディオン。
こんなわけで、音楽クラブはいってるわけだからいうこときかなきゃだし。

美紀、「ねぇ!君暇?」
響、「あっ!いいえ…」
美紀、「じゃいいや。リズムリズム!!」
なんだった‥の?


書き込む 最新10 サイトマップ