過去の世界へ…___不思議な世界___

葉っぱ天国 > 小説 > スレ一覧 [書き込む] Twitter シェアする? ▼下へ
1:七実:2012/06/21(木) 17:52 ID:BFM

はーい!
七実です♪♪♪

*ルール*

1.荒しは来ないでねっ!
2.喧嘩もしないで♪


じゃぁ……… スタートです♪

2:霧覇:2012/06/21(木) 17:54 ID:5sw

いれてくださ〜いです・・・。

3:七実:2012/06/21(木) 17:56 ID:BFM

霧羅?!やったぁ〜やったぁ〜♪

4:霧覇:2012/06/21(木) 17:57 ID:5sw

き、霧覇です〜・・・。

5:七実:2012/06/21(木) 18:05 ID:BFM

じゃあ、登場人物↓


[坂本 佳帆(さかもと かほ)]
・趣味は読書。
・友達は少ないが親友は居る。

[藤井 唯架(ふじい ゆいか)」
・佳帆の親友
・元気な女の子!

[阿川 有希(あがわ ゆうき)]
・リーダー的存在
・頭がいい
・冷静。

こんなくらいです♪

6:霧覇:2012/06/21(木) 18:09 ID:5sw

頑張ってくださいです!

7:七実:2012/06/21(木) 18:24 ID:BFM

霧覇>ご…ごめんなさい!!!!

じゃ、書きまーす!


佳帆「…おはよう」

母「ふぅ〜…今日も暗いわね…」

お母さんは呆れた顔で言う。

いいじゃない…暗くても害はないんだから…

佳帆「…行って来ます」

母「行ってらっしゃい^^」

タタタタタ……

『バンッ!』

佳帆「っ……?!」

背中を叩かれた。

?「おっはよー♪」

佳帆「あ…あぁ…うん。唯架おはよう」

唯架「ノリ悪いってば!」

佳帆「…そう……」

[学校]

ザワザワザワ…………

女子A「おっはよ♪」

佳帆「…えぇ……」

佳帆「唯架…ちょっと来て?」

唯架「え?………うん!」


【屋上】
唯架になら…あの事言ってもいいよ…ね…

佳帆「…あの…唯架に言っとかなきゃならない事があるの……」

唯架「何?」

うん。唯架になら!…言っても…
いいんだよね……
なんか、不安になってきた………
でも………

佳帆「…あたしね!実は………」

ビクッ



フワッ_____________________

唯架「…え?」

唯架は驚いている。
それは、当たり前だ。

架帆が………浮いているから________

唯架「佳帆?!」

佳帆『呼んでる……』

唯架「え?」

【唯架の心の中】
『な…何も聞こえないよ?!架帆は、なんで浮いてるの?!なんで?!』

唯架「!!!!!!!!!!!」

?「これから始まる……」

?「佳帆には未来を変えてもらわねば…」

続く♪

続きは、公文から帰ってから書きます!

8:霧覇:2012/06/21(木) 18:33 ID:5sw

???
み、未来・・ですか!?

9:七実:2012/06/21(木) 18:41 ID:BFM

霧羅>うん!まぁ、みらいと過去が関係する小説だからね♪
っあ!やべぇ!!!
時間がああぁぁぁ!!!!!!!
公文行って来ます^^;

10:霧覇:2012/06/21(木) 19:15 ID:5sw

・・・・・霧羅でいいです・・・・。
いってらっしゃいです♪

11:七実:2012/06/21(木) 20:45 ID:BFM

霧覇>すみません…←落ち込み中…
もう少しで書くので少々お待ちを……

12:霧覇:2012/06/21(木) 20:52 ID:5sw

落ち込まないでくださいっ!
もちろん待ってますよ♪
でも、すみません・・・。落ちます・・・。

13:七実:2012/06/21(木) 21:07 ID:BFM

続き〜♪


【唯架視点】
唯架「佳帆!目ぇ覚ましてよぉ!」

その時_________________!!!!

空に裂け目ができた?!
あの裂け目…この世界とは違う・・・!

「ガチャ…」

だ…誰?!こんな時に……って……
有希!


『ズズズズズズズズズズ……』
佳帆はその裂け目に吸い込まれてゆく

唯架「佳帆おぉぉぉ!!!!」

ダッ………………

唯架も一緒に飛び込んだ。

有希「あ?なんだあれ…?面白そうだから俺も行ってみよぉ♪」



『スイイィィィ_________________』

裂け目が元の青空に戻った。

?「…ここから始まる…待っていろ…
___________________タツノ・クロウ」

その頃…佳帆達は………

「_________________ドサッ♪」

唯架「痛ったぁ〜><」

有希「っ………」

佳帆「う………うぅう……ん?」
佳帆が目を覚ました。

唯架「!!佳帆……………」

佳帆「……え?」

唯帆「し…心配…したんだ……よ?」
唯架が泣きだした

佳帆「…何も…覚えてないの……」

唯架「え_____________________?」

佳帆「屋上に行った後の事が…」

唯架「…まぎらわしいわいっ!!」

佳帆「………………」

唯架「?…あ、そうだ!佳帆の言いかけた事って何?」

佳帆「…驚かないで聞いてね……?」

唯架「……………うん」

佳帆「実は…あたしには
“世界を変える力” があるの」



続きまぁす♪
今日はここまでにしときまっセ☆

14:七実:2012/06/21(木) 21:09 ID:BFM

霧覇>ありがとう!じゃあ、また……
明日ね♪

15:七実:2012/06/22(金) 19:54 ID:BFM

唯架「世界を…変える?」

佳帆「……………………ぅん…」

唯架「そうなんだ〜♪」

佳帆「…引かないの?」

唯架「…え…えぇ?!あたしが引く?!そんなわけないじゃん!!」

佳帆「そう…」

唯架「どうしたの?」

佳帆「ううん…何もないわ……」

唯架「何かあったら何でも言ってね」





…唯架なら…信じれる友達________…








佳帆「うん…わかった……」


続く

16:霧覇:2012/06/22(金) 19:56 ID:5sw

なぜそのような力があるんでしょう?

17:七実:2012/06/22(金) 20:58 ID:BFM

霧覇>…それはね………お楽しみでーすw
最後くらいに分かります♪←まだまだ先だけどwww


書き込む 最新10 サイトマップ