Another☆gameworld

葉っぱ天国 > 小説 > スレ一覧 [書き込む] Twitter シェアする? ▼下へ
1:田中咲乃:2012/06/28(木) 21:52 ID:PF6

えーと…
小説を書かせていただきます!
少し(かなり)中二病で小説というよりラノベに近いです。
初めて書くのでグダグダな内容になりますがそれでもよければ見てくれるとうれしいです
感想、アドバイスくれたら嬉しくて死にますww
辛口なコメントや評価もどんどんしてください!

2:田中咲乃:2012/06/28(木) 22:44 ID:PF6

第一章

「よっしゃハッピーエンド!…うむ。このゲームはあたりだな。」
俺の名前は神宮寺紘。ゲーヲタだ。ギャルゲーエロゲーRPGにSRPGとかが得意だ。
ちなみに高校一年生。ルックスはそれなりにいいほうで告白されたことも結構ある。
でもまぁ、2次元にしか興味ないから断ってるけど。
「いやーしかし週末は最高だな!こないだのゲームフェアで買ったゲーム10本全部終わらせられるぜ!次はこのゲームか…これは期待できそうだな」




―魔界―
「あれが神宮寺紘か」
「本当にあんなのに【フェニックス】を任せて大丈夫か?」
「問題ない。あいつにはあれくらいのが近くにいたほうがちょうどいい。それに現実にあまり興味を持たない男だ。…万が一のことがあったとしてもブラックドラゴンも一緒に行かせるから問題ない。」
「それは余計に心配なんだが……まぁ悩んだところで我々にはどうすることもできない。…しかたない。【フェニックス】を地球に送るぞ」
「おーけー。んじゃ早速目標地点を設定してっと。」
「っわぁバカ!【フェニックス】ひとりでいかせたらっ―」
「えっ…あ。」
         

           【NO,001転送】
「おまっ…ブラックドラゴンもすぐに転送しろ!!まずいぞ、今から転送してもブラックドラゴンが少なくとも1日遅れる!」
「たのむ…神宮寺、うまくやってくれよ…」


―神宮寺宅―
「…っうぅ…。なかなかの泣きゲーだった。特にエンドがいいな。…さて次は何を…ってあれ?何だこれ」
俺は袋の中からあるゲームソフトを取り出した
「あなざーげーむわーるど?なんじゃそりゃ。きーたことねーなぁ。これってオンライン対戦ゲームっぽいけど…」
おかしいな…俺こんなゲーム買ってねぇぞ?
「まぁいいか。少しやってみよう。」
そして俺はゲームを起動させたつもりだった…んだけど

「あっれっ…?つかない…何でだ?」
そういって俺がソフトを差し込みなおそうとそると―
「うわぁっっ!!!!!!!!!!!」
【準備完了 NO,001転送完了 ゲームを起動します ゲームを起動します ゲームを起動します】

3:田中咲乃:2012/06/30(土) 22:42 ID:PF6

ドッカ―――ン
「な…何だこれ!?」
俺の目にうつったのは純白の美少女。
…いや、意味が分からないかもしれないが、本当に『純白』という言葉の似合う美少女が空から屋根を突き抜けて降ってきた。
ってオイ!!ありえねーよ!!普通に考えて!!…何だこれは?幻覚か??ゲームのしすぎで頭がおかしくなっちまったかぁ?
ってゆーか一番ありえないのは…………この子…浮いてるんだよ。いやマジで。
何かこう羽がはえてるんだよ。
んでフリフリに大きなリボンがついた純白のワンピースを着ていて…白い肌に白い髪。
正直言ってめっちゃかわいい子が…飛んでる。
どしゃっ
「うわぁっ」
いきなり落ちた。きれいな音をたてて崩れ落ちた。
何これ!?こんなときってどうすればいいの!?つーか状況が理解できないんですけど!?
「ん…ふみゅぅ…」
えっととりあえず生きてる…よな。仮にも空から屋根を突き破るほどの勢いで落ちてきたんだから普通は死んでるんだけど…
「ぁぅう…い、痛いですぅ…ふみゃっ」
「うわあああああああああぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!!!!!!!!!し、しししししゃ…喋った!!!!」
俺が大声を上げるとその子はこっちをむいて
「…あなたが神宮寺紘さんですね!よろしくお願いします!我がマスター!!!!!」
「は、はぁぁぁ!?」
その美しい少女は俺のことをマスターと呼んだのだった。

今思えばこれがすべての始まりだったんだろう。

4:田中咲乃:2012/07/17(火) 19:30 ID:PF6

「マ、マスターって何!?つーか君、誰!?」
「はい!!私はNO,001 Whitewitch所属の回復魔術タイプ、ルチアです!二つ名はフェニックスです。」
「ほわいと…うぃっち?」
「はい!ルチアとお呼びください!そしてあなたが今回3次元的新感覚オンラインゲーム『Anoter☆game』に参加してもらう神宮寺紘さんですね。」

…この子、大丈夫かな。頭でも打ったんだろうか?いや飛んでたから頭は打ってないか。大丈夫じゃないのは俺のほうだな。ついにこんなものが見えるようになってしまったのか。
「紘さんにはこれから私のマスターとしてゲームに参加してもらいます♪」
な…どういうことなんだこれは!?意味が分からないぞ!誰か説明してくれ!
「ということで今日からこの家で紘さんのお世話をさせていただきます。よろしくお願いしますね♪」


書き込む 最新10 サイトマップ