あの夏祭り、君に出逢って――・・・

葉っぱ天国 > 小説 > スレ一覧 [書き込む] Twitter シェアする? ▼下へ
1:ななみ 1998r2001n150n/s,n/k,y/m,t/y,h:2012/07/03(火) 20:36 ID:uB.

こんにちは^^
今から、この小説を書かせていただきます!
少し切ないです。
でも、最後は・・
おっと、ネタバレになってしまう!(汗)
で、ルールは

1、暴言をいわない
2、喧嘩をしない
3、馬鹿にしない

このことを守ってください!
宜しくです!

2:ななみ 1998r2001n150n/s,n/k,y/m,t/y,h:2012/07/03(火) 21:06 ID:uB.

登場人物

城村 悠里(しろむら ゆうり)
女の子。14歳。中学2年生。
大ざっぱで男がり。が、純粋で天然。
いつもパーカーをかぶっている。
隠れ美少女。ものすごく可愛い。
友達があまりいない。
愛の姉。

牢崎 秦(ろうざき しん)
男の子。15歳。中学3年生。
お人好しで男っぽい(?)
ものすごくイケメン。
モテモテで友達が多数。
悠里に一目ぼれ。

城村 愛(しろむら あい)
女の子。13歳。中学1年生。
優しくて好きな人に積極的。
美少女。(悠里よりは下)
モテモテで人気者。
秦にべたぼれ。
悠里の妹。

3:ななみ 1998r2001n150n/s,n/k,y/m,t/y,h:2012/07/03(火) 21:44 ID:uB.

第1話  初恋の夏祭り

ドドンカドン!
♪〜〜♪――・・

ここは、桜神社。
今は、祭りの真っ最中。
あ、うちの名前は城村悠里。
中学2年。美術部。
で、今は妹とウロウロしてる。
あはは、友達がいないから(汗)

愛「姉ちゃん!たこ焼きを買いに行こうよ!」

元気に言う愛。
で、私はというと・・

悠「はいはい。」

と、感情がない言葉で言い返す。
でも、愛は笑顔を絶やさない。
うお〜すげえ・・
憧れる〜・・

〜たこ焼き屋〜
悠「お兄さん、このたこ焼き1つ。」
?「はい、毎度〜。」

ん?・・何か見たことあるような・・。
・・・あ!

悠「秦先輩じゃないですかっ!」
秦「・・やっと気づいたか(汗)」
悠「はい!」

この人は、牢崎秦先輩。
同じ美術部なんだ。
で、この人が会長。
つーわけで、知り合いなんだ。

愛「・・・。//////」
悠「??」

愛の顔が赤い。
・・惚れたのか?

秦「なあ、一緒にウロウロしようぜ!」
悠「え、でも・・たこ焼き屋は・・。」
秦「はは、大丈夫、大丈夫!父さんが変わってくれるから^^」
悠「そ、そうですか・・」
秦「な、父さん^^」
父「ああ!当然変わるとも!何しろ初恋の相t「父さん!///」ごめん、ごめん(汗)」
悠「??どうしたんですか?」
奏「・・(純粋・・)」
愛「・・・・・。」
父「じゃあ、行って来い!」
全「へーい/はい!」


*****************************************************************
続きは明日か、今日書くね!


書き込む 最新10 サイトマップ