ー甘 恋ー

葉っぱ天国 > 小説 > スレ一覧 [書き込む] Twitter シェアする? ▼下へ
1:GIRL☆KING:2012/07/06(金) 06:15 ID:ZH6

甘い恋モノを書いていきたいと思います。
【甘い×セツナイ】感じで。

※部活などで書けない日があります。

2:苺:2012/07/06(金) 16:13 ID:wRQ

楽しみにしてます。

3:GIRL☆KING:2012/07/06(金) 19:02 ID:ZH6

   …*…登場人物…*…

【姉】白井 桜 ☆-しらい さくら-☆
【妹】白井 小梅 ★-しらい こうめ-★
【友達】桜木 夕露 -さくらぎ ゆうろ-
【友達】遠野 まやか -とおの まやか-
【友達】萩 正人 -はぎ まさと-
【友達】黒崎 なず -くろさき なず-

4:GIRL☆KING:2012/07/06(金) 19:04 ID:ZH6

>>2 ありがとう(*^ο^*)

5:GIRL☆KING:2012/07/07(土) 23:08 ID:ZH6

-黒崎なず- 視点

No,1【校庭】

茜色に染まる空を見上げ、風をうける。
もう5時すぎだ。
急ぎ足で帰ろうと、足を進めた。
……その時、『なずちゃーん!!!』後ろから声が。
後ろを振り向くと、顔があかい“白井小梅”の姿があった。
『なずちゃん!これ…』
「小梅……?」
差し出された手を見てみる。
可愛い小瓶だ。
「くれるの?」
『……誕生日だから。今日はなずちゃんの、誕生日』
恥ずかしながらもちゃんと伝えてくる。
てゆーか、自分でも覚えてなかったのに。
小梅は覚えてくれるんだね。
あたしの生まれた日をー
「ありがと、小梅」
嬉しそうに笑う小梅。
自然と、見てるこっちも嬉しくなる。
『今日は…、光空だね』
「光空?」
『うん、光空……』

6:GIRL☆KING:2012/07/08(日) 08:38 ID:ZH6

-桜木夕露-視点

No,2【帰り道】

校庭に出ると、前に桜がいた。
「白井、一緒に帰ろ〜」
わざとデカイ声で言ってみる。
あの子に聞かせるためだ。
桜はすぐ振り向いた。そしてあの子も……
「えっ!?…うん!桜木、帰ろ〜♪」
そしてあの子は悲しい顔を。
「小梅、一緒に帰ろ?」
[えっ?]って顔をして俺を見てくる。
少し間をあけて、俺に告げる。
『あ、あのごめん。約束してる人、いる…から』
「あ、そっか」
『うん、ごめんね』
多分、小梅は嘘をついている。
約束なんてしているはずない。
それに今、黒崎と帰ってんじゃん。
「……じゃあ黒崎ー、帰ろ〜?」
5秒おいて、返事がかえってきた。
「あたし、あんたとは全体帰んない」
え…なんかちょとリアルに傷つくわ。
全体とか言われた。
「そっかぁ。やったね!桜木。二人っきりで帰れるよ〜」
「え、ああ。そうだねー」

ホントはあの子と帰りたかったのに。

何で俺は、意地悪しちゃうんだろう。

あんなにも好きなのに。


書き込む 最新10 サイトマップ