先生

葉っぱ天国 > 小説 > スレ一覧 [書き込む] Twitter シェアする? ▼下へ
1:希:2012/07/08(日) 14:03 ID:Dig

沢村 瞳(さわむら ひとみ)…高1。3年間ずっと思い続けている人がいる。

早瀬 誠(はやせ まこと)…25歳。ドSキャラ。

コメントつけてくれると嬉しいです。よろしくお願いします!

2:希:2012/07/08(日) 14:27 ID:Dig

秋。

「…瞳の中最高だよ…」

彼の部屋のベッドの上に私はいた。
彼は、私に覆いかぶさり 逃げられないように瞳の両手首を
簡単に片手だけで掴んでいた。
そんな彼の表情は、汗だくになりながらも、満足げな表情だった。

午後10時に巧の部屋を出た。

巧との出会いは 入学式の時だった。
たまたま委員会が同じで、帰る方向も一緒だった2人は
よく一緒に帰っていた。
ある日、「お前が好きだった」と巧から告白を受けた。
だが、瞳にはずっと思いを寄せていたひよがいたので迷ったのだが
私が黙っているのを 彼は「承認」してくれたと思ったらしく
「 よろしくね」 とこえをかけてきた。

そして、付き合って3週間目で家に呼ばれたのが「今日」。


「はぁ …」

さっきの巧との行為を思い出してしまい、深いため息を出す瞳。

そして、瞳の後ろからゆっくり走ってくる車。

窓が開く音。

「…沢村?」

その声に瞳は足を止めた。
ゆっくりと振り返る。

そこには、車の窓から顔を出し驚いている 中学の時お世話に
なった、早瀬誠がいた。

「お前、何してんだよ!こんな時間まで!!」

誠は、車をおり私に近づくと息を呑んだ。

第二ボタンまで開いた洋服。しわくちゃなスカート。

あきらかに、「ヤった」という事がバレバレな感じの格好だった。

「…乗れ。」

誠は、グイッと思い切り瞳の腕を引っ張り
助手席に座らせた。

この時、何も会話はなかった。

3:希:2012/07/08(日) 14:55 ID:Dig

カチャ…

着いた先は、誠の家だった。

居間に案内され「座ってろ」と声をかけられたので適当に座る。

「…沢村、元気だったか?」

両手に 飲み物を抱え、瞳の隣に座る誠。

「はい」
コクリと頷く瞳。

「お前…」

ジッと瞳を見つめながら 言葉を続けるl

「彼氏、出来たんだな」

誠の手が、瞳の首筋についてる「キスマーク」をなぞり
顔を近づけ、舐めた。

「やっ…先生…」

「…」

誠は眼鏡を置き 瞳の唇に 誠の唇を押し当てた。

「んっ…!」

瞳から漏れる小さな声に 誠は限界を超えそうになっていた。

その時。
電話がなった。

「…電話。」

ボソリと呟き 机にある携帯を瞳に渡した。

「…はい」

『俺。家ついた?』

男からだと分かった誠は 携帯を奪い取り 再び 唇を重ねた。

「んー…!」

巧も何か察したのだろう。
瞳の名を呼び続けている。

電話を切り、電源を落とし、瞳を立たせて壁に追い詰める誠。

「抵抗しろよ」

真剣な口調でいう誠。

「彼氏いるんだろ?なら、抵抗しろよ」

瞳の背中が壁にぶつかった。

誠の手が、瞳の手首を掴んだ。

「…抵抗、しないです」

「…?」

小さな声でいう瞳に、誠は眉をピクリと動かす。

「だって、私 先生が好きだから…。何されてもいい」

「凄いこというね。でも、俺らは教師と生徒だ」

誠が呟いた
瞬間。

瞳は誠にキスをした。

触れるだけの、キス。

「…」

誠は、瞳を抱き上げ ソファーに移動した。

「…」


ねぇ、先生…

幸せだよ?

深夜。元、教師と生徒だった2人が 1つになった。

そして、君との時間がまた始まるだなんて、思いもしなかった。

4:ichigo:2012/07/08(日) 15:06 ID:Om6

ちょっと大人っぽくて好きです!!
続き楽しみ!

5:きなこ ◆Cb.I:2012/07/08(日) 15:13 ID:sno

先生×生徒大大大好きです……(*´`*)!!!

続きがとっても楽しみです…応援してます!

6:希:2012/07/08(日) 16:30 ID:Dig

ichigoさんときなこさん。
コメントありがとうございます。
頑張りますね!!o(^▽^)o

7:希:2012/07/08(日) 16:47 ID:Dig

先生と1つになった次の日は 学校で始業式が行われた。

そして、校長から1言。

「今日から1年C組みの山本先生が産休のために3年までの担任をしていただく教師を紹介します」

校長が マイクを1人の男に手渡した。

「早瀬誠です。よろしく」

そう言った瞬間 瞳は耳を疑った。

(嘘...!?)

誠をみると、誠も瞳に気づいたのか ニヤリと笑っていた。

「はい。全校集会終わり」

校長の合図と共に体育館を 去る生徒。

ノロノロ自分の教室に戻っていると声を掛けられた。

「沢村」

そう言って、振り向いた時には遅かった。

科学準備室に入れられた。

ビーカーなどが置いてある教室。

「また、教師と生徒だな」

苦笑する誠と瞳。

「瞳…」

昨日、1つになった後から 名前で読んでくる誠。

「大事にするから。」

ギュウッと力をいれて瞳を抱きしめる誠。

「…ん」

それに答えるように 瞳から誠にキスをした。


科学室で 2人は 長いキスを交わした。

8:七夏 ◆hN7g:2012/07/08(日) 17:14 ID:xqo

こういうの、子供が見たら教育に悪いですよね?

9:希:2012/07/08(日) 20:09 ID:Dig

七夏さん。 でも、読んでくれている人も応援するといってくれたので 頑張って書きたいです。

10:ichigo:2012/07/12(木) 18:58 ID:Om6

>>8 まあいいじゃまいか!!(笑)
頑張ってください!


書き込む 最新10 サイトマップ