☆小説☆

葉っぱ天国 > 小説 > スレ一覧 [書き込む] Twitter シェアする? ▼下へ
1:りっこ:2012/07/10(火) 15:19 ID:Ipg

なぜかまた作ったスレがまた消えていたのでたてます・・・

今回はいろいろ書きます。

感想&アドバイスをいただけると嬉しいです。

2:りっこ:2012/07/10(火) 20:43 ID:Ipg

書きます。

ー1話ー

タッタッタッタッ・・・

バシャアアアッ

・・・・ポタッポタッポタッ

「・・・・っ」

「よっしゃ!大成功!!」

その声とともにハイタッチを交わす音が聞こえる。

「あーあっ!舞、びっしょ濡れだね!!これで拭けば?」

バサッ

そう言われ、投げつけられたのはトイレ掃除用の使い古された雑巾だった。

私は仕方ないからそれで拭いた。

相変わらず臭いがもう慣れてしまった。



ーだっていつもこうされているからー




私は浅井舞。(あさい まい)

中学2年生。

クラスでは浮いていて、結果的にいじめられる事になってしまった。

本当はとても辛い。苦しい。悔しい。

だけど耐えなければいけない。

だって私は




「いじめられ役」だからーーーーー

3:りっこ:2012/07/11(水) 06:36 ID:tLo

2話

「いじめられ役」と、いうのはその名のとおり皆からいじめられる「役」の事である。

「いじめられ役」になったのは



忘れもしない、中学1年生の入学式の時ーーーー


私は相変わらず、他の子達がグループを作っている中1人で浮いていた。

入学式が終わり、帰ろうとすると

「あー、なんか誰かいじめた〜い」

と、いじめの主格犯の近藤愛華(こんどう あいか)が私に向かって言ってきた。

近藤が何を言いたいのかさっぱり分からなかった。

思考回路をフル回転させている私に

「あんた。今日から『いじめられ役』だからね」

と、近藤のいじめ仲間の光井菜々美(みつい ななみ)に冷たく言った。











ーこの瞬間、私は地獄に突き落とされたのだ。ー 

4:りっこ:2012/07/11(水) 06:38 ID:tLo

あ、修正

近藤のいじめ仲間の光井菜々美(みつい ななみ)に冷たく言った。・・・×

近藤のいじめ仲間の光井菜々美(みつい ななみ)に冷たく言われた。・・・〇

5:りっこ:2012/07/12(木) 15:14 ID:CDw

3話

いじめには遭ったのは初めてで、なーんにも想像が付かなかった。

無視されるの?

悪口言われるの?

そんな甘ったるい事しか思いつかなかった。




しかし翌日

そんな甘ったるい想像をかき消すような酷いいじめに遭った。





一番最初にやられたのは、いじめの定番。

机に落書き。

「バカ」、「死ね」、「消えろ」などの言葉が油性ペンで殴り書かれていた。

もうその時点で泣いてしまった。

『いじめ』ってこんなに辛いものなんだって。

だがこんなものじゃなかった。

先ほど遭った「水かけ」。

その他、「隠し撮り」、「教科書破り」、「持ち物隠し」・・・

もう数え切れないほどのいじめに遭ってきた。

最初は辛かった。

一日中泣いていた。

だけどもう

麻痺してしまったのだ。

何をされても涙の一粒も落ちてこない。

怒りの感情もみじんもわきでない。

もうそれが私にとっての




ー当たり前になってしまっているからー

6:りっこ:2012/07/12(木) 19:25 ID:CDw

4話

キーンコーンカーンコーン・・・・・

チャイムの音を聞き、はっと我に返った。

パタパタパタッ

階段を駆け上がる音が誰もいないシーン・・・とした廊下に響き渡る。

階段をのぼり終えて教室へ向かおうとしたその瞬間

悲劇は起こった。

7:りっこ:2012/07/20(金) 15:33 ID:Eeg

すいません。

前の小説は取り消して、新しいの書きます。


書き込む 最新10 サイトマップ