ノンフィクション  あなたに恋してしまった

葉っぱ天国 > 小説 > スレ一覧 [書き込む] Twitter シェアする? ▼下へ
1:あやめ:2012/07/16(月) 19:58 ID:s.g

プロローグ
『恋』を私は知らない・・
それは、あの日のこと・・・
あの日、あの春から私は彼に恋をした・・・

第一話  恋をしたあの春のこと
季節は、春クラスがえをした私は5年2組  親友の夏と別れた 夏は、
「クラス違うけどずっと親友だよ!や・く・そ・く!」
「うん!約束ね!」

私は2組のドアの前に立つ知らない人がいっぱいかなぁ?
とりあえず挨拶して・・・大丈夫だよね・・・
ガラッ緊張しながらドアを開けた
「お、おはよう!」
って誰もいない・・・
「なんだ!緊張してそんした」
そうつぶやきながらクラスに入ろうとしたら突然
「おっはよーございまーす!!」
ビクッ私にいった?とりあえず挨拶は
しよう
「おはよう」

2:姫香:2012/07/18(水) 16:23 ID:s.g

すてきな恋の予感です

3:ありさ:2012/07/18(水) 16:24 ID:s.g

ちょ〜おもしろい期待の星!!
(#・ω・#)

4:あやめ:2012/07/19(木) 14:04 ID:s.g

ありがとうございます!!

5:あやめ:2012/07/20(金) 20:03 ID:s.g

・・・・・
シーンとした空気が続く・・・
あ、あれ返事まだかなぁ?
「・・・おはよ!初めまして!・・・だよね」
「は、初めまして」
ドドドドッ  すごい音がする
「な、何!!この音!」
とさっきまで話していた女の子はビックリしていう

6:あやめ:2012/07/25(水) 20:18 ID:s.g

「あ、この音は、きっと男子の...」


書き込む 最新10 サイトマップ