魔法の世界 *真赤の少女*

葉っぱ天国 > 小説 > スレ一覧 [書き込む] Twitter シェアする? ▼下へ
1:七緒:2012/07/26(木) 12:39 ID:uB.

こんっちわ!

七緒だぜ☆

文才力0だけど、頑張るよ!(汗)

これから、ヨロピク!!

************設定****************

シャンリ・ミミ(女)

++主人公++

・元気で笑顔が似合う→だが、心から笑ったことは1度もない
・天才で人を殺すのが趣味 (悪趣味だな・・。)
・好きな色は赤。(血の色)

【能力】火、氷、水、緑・・・・・・(省略)
つーか、何でも使える。
ありえないくらい強い。
・歌を歌うのが好き
・歌が上手すぎる
・親が大っ嫌い!!
・正義と悪では、完全悪

【容姿】
綺麗で誰もが憧れる。
膝まである長い髪。ストレート。色は赤。
瞳は右目が赤。左目は黄色。
背は158センチ。体重は30s。
・一人は怖くて寂しい。

【服装】仮面を付けている。通り名は「真赤の殺し姫」。
(下)赤のチェックのスカート&黒でどくろのベルト。
(上)毛糸の服。ダボダボ。(高校生が冬に来ている)
(靴)黒のブーツ
・サンダーの1番弟子
・サンダーが好き

メリック・サンダー(男)

++準主人公++

・クールでドS。
・完璧で人が殺される&見るのが趣味 (超悪趣味・・。)

【能力】風をつかさどる。
ありえないくらい強い
・ミミの歌う歌が好き
・正義と悪では完全悪

【容姿】美少年&イケメン。
癖っ毛ではねている。色は、茶色。
瞳は真っ黒。少し釣り目。
背は166センチ。体重は43s。

【服装】フードをかぶっていて、顔が見えない。
ダボダボのズボン。
・城の王様
・ミミが好き

ボルデ・ヤヤ(女)

++準準主人公++

・優しくてほわほわ(サンダー、ミミの前では)
・人を殺せないが、死の直前の前まで相手を攻撃する。
・【能力】緑をつかさどる。
普通に強い。

・歌を歌うのが好き
・あまり、歌うのはうまくない
・正義と悪では、悪

【容姿】普通に可愛い。
ボブで色は金。
たれ目でブルー。
背は158センチ。体重は45キロ。

【服装】メイドの服を着ている。
・サンダーの2番弟子
・サンダーが好き

2:七緒:2012/07/26(木) 12:45 ID:uB.

間違えた!↓

完璧で殺される&見るのが好き

じゃなくて・・・

完璧で人を殺す&見るのが趣味です!

3:七緒:2012/07/26(木) 12:58 ID:uB.

+プロローグ+

♪〜♪〜〜――・・

大族の館から声がする・・・・

この声はきっと――――・・・・

ミ「クスクス)あ〜なたは〜何色がすぅ〜き?」

男「ひいいい!!」(ガタガタ・・)」

グシャ・・

ミ「クスクス)わ〜たしは〜赤が、好きよ♪」

女「だ、誰かぁぁぁ!!(震える)」

グサッ・・

ミ「クスクス)ね〜え・・貴方は何色がすぅ〜き・・?」

女「ひゃ、ひゃああああああああ!!」

グシャ・・

最後に女の人と体を引きちぎられる音が屋敷中に響いたという・・。
そして、最後に残ったのは・・・・・













真赤の少女だった・・。

4:七緒:2012/07/26(木) 13:00 ID:uB.

・・・・グロ注意ですね;;

グロイのが嫌な人は、見ないほうがいいですよ;;

5:七緒:2012/07/26(木) 13:26 ID:uB.

第1話 

ここは、大きな城。
そして、そこに「真赤の少女が」が入っていく。

ミ「サンダーさん!何であんな、くそ簡単な命令を出したんですか!(怒)」

サ「いいじゃねえか。難しかったらお前やりすぎるからな。」

ミ「やりすぎてもいいじゃん!!(怒)」

タンッ・・

サンダーが何段もある階段を一気に下りる。
そして、ミミの前に立つ。

サ「・・・俺にそんな口聞いていいのか?(ニヤニヤ)」

ミ「・・・っ!?///」

サ「いや〜・・意外にやわらかいんだな♪お前の唇って♪」

ミ「な、何言って!////」

おわかりだろうか。サンダーはミミにキスをしたのだ。
それも・・・口に・・。

サ「後で続きやろ〜な♪」

ミ「しないから!!(あっかんベー)」

サ「ひっでえええww」

コンコン・・

?「失礼します・・。」

ギーー・・・・

小柄な少女が、部屋に入ってく。


書き込む 最新10 サイトマップ