野蛮なアイツとアンドロイドな君

葉っぱ天国 > 小説 > スレ一覧 [書き込む] Twitter シェアする? ▼下へ
1:よもよも:2012/07/27(金) 08:28 ID:GSs

私は基本的に誰も信じない。でもこいつらは違う。

野蛮でぶっきらぼうな中津 紫苑【なかつや じおん】

言えば絶対服従男。 杞昂 鈴兜【こだか りんと】

そしてーーーーーーー私。

いちいちうるさい女。神崎 のん【かんざき のん】

生まれた頃からずっと一緒。今でも変わらない。

いわゆる、"幼馴染"ってやつ。

彼らの目標は世界中の支配人になること。実はこの三人、コイッチビリーンという

組織に所属している凄腕の専属スナイパーなのである。

このことは家の人も知らない企業秘密なのだ。

2:よもよも:2012/07/27(金) 08:39 ID:GSs

「なめてんのか?ふざけんなよ。女一人にやられてたまるかぁ!」

見知らぬ暴力団のアジトに入ったのん。

「はぁ。」とため息をつくとのんは自分の足を相手の足に引っ掛けそのまま

ドタンッと投げ捨てる。一本背負いで圧勝だ。

「なめんなよ?それはこっちのセリフよ!何?小者はよく遠吠えをするものね。」

カツカツカツカツ………………

この倉庫に聞こえたのはのんが履く靴の音だけ。

そしてそのままバイクに乗り、何事もなかったようにスピードをあげ帰って行った。

3:みやび ◆lXoQ:2012/07/27(金) 08:49 ID:ZH6

いれて〜(*^^*)
小説の書き方上手だねw

4:よもよも:2012/07/28(土) 15:59 ID:Ze2

ありがとうございます!正直、そんなことを言われたのは

初めてです(笑)感激ですます!

じゃっ続きです



「のん。鈴兜。うぃー」

まった眠そう顔。私たちにとっては普通の顔でもクラスにとってはいかれてる顔。

それになぜか私たちだけに挨拶することにも疑問を持っているらしい。

学校で話しかけられると私達が何かの関係を持っていると思われる。

だから学校では話しかけてくんなっていつも言ってんのに。

「のん。何で毎日あいつはのんに話しかけてくるの?」

ほら。こうやって友達に疑われるから嫌なんだ。そんな私はいつも決まってこう返す。

「あいつは一番最初にあったやつしか挨拶しないんだよ。」

嘘。でも、ある意味ホント。だって鈴兜と私は隣の席であり、1番前で廊下側。

だからみんなが入ってくると、一番にきずく。

「へぇ〜。あっ話変わるけどさぁ。昨日のアレ見た?また暴力団が落ちたってやつ。」

ギクッ のんは少し固まった。確かに私が落とした暴力団のことだ。

「へっ?さぁ知らないけど。あんまニュースとか見ないし。」

すると友達は言ってはいけないことを口にする。

「それでさぁ。防犯カメラに写ってたんだって!髪の短い女が!」

ギクギクッ のんは髪がショート。戦闘の時に邪魔だから。

すると席を立ち、そそくさとトイレに向かうふりをして屋上に向かった。

それにきずいた鈴兜と慈苑も教室を出て屋上に向かった。

「どうしよーヤバイなぁ。防犯カメラは確認したはずなんだけど。」

そうしていつも3人で密会しているのだ。

昨日細かく起きたことを話したり、今日の任務を話したり、

作戦を立てたりする唯一の自分が出せる所。

「それでもばれてたんでしょう?仕方ないですよ。」

鈴兜は楽に自分が思った見解を正直に話す。

グサッとこの一撃が一番頭に来る。

「これからどうすっかが問題だな。防犯カメラに写っちまった以上、

こっちも下手にては出せネェ。バレるのが時間の問題だ。ばれたら即退職だもんな。」

こういう時だけ、ちゃんとしてるなぁ。なーんて思う私。

「いやぁ。ごめんごめん。まさかだよまさか。私も始めてきいたし。

えっと、次の任務はーーーー!!!な、何この任務!?」

任務用の携帯を開け、書いてあった次の任務はーーーーー!?

<宇宙国際連合組合の映像室を潰せ>

正直、こんな任務は始めて来た。宇宙国際連合組合とは、北アメリカ北部にある宇宙飛行士の

監視をするような場所。そこの一番大事と言ってもいい所を潰すのが次の指令だった。

期間は一週間。たった7日でクリアできるのか??




第一話〜END〜

5:エンド:2012/07/29(日) 09:58 ID:Ze2

どうもおはようございます。
書き方が上手ですね。見ていて面白いです!
早く第二話がみたいです!!よろしくお願いします!

6:よもよも:2012/07/29(日) 20:24 ID:GSs

これからは出来るだけ頑張って更新するつもりです〜

7:よもよも:2012/07/30(月) 09:49 ID:GSs






「ちょっと!ねぇってばぁ!!!!」
のんが苛立ちを持ちながらコイッチビリーンの二人に訴えている。
実際、次の任務にはーリスクーと言うものがついてくる。
例えば、親にどう伝えるか?それに空港での荷物検査で銃弾をどうするのか?など…………
のんが苛立つのも悪くない。しかし、のんはそんなことで苛立っているのではなかった。
今は昼食を食べている時間。幸い、明日から夏休みだからいいものの、期間が短すぎる。
そしてそのことを屋上で話し合っている三人。昼食を食べながら。
しかし、2人は耳も貸してくれない。
「ちょっと………いい加減にしなさいよ!」
のんの我慢ゲージもここまでか。というように思いっきり叫んだ。
「はっそんなこと今どうでもいいだろ。座れよ首がつかれる。」
やっと口を出したと思ったらこんなことか。
「じゃぁあんたたちも考えてよ!私一人で行くわけじゃないんだから!!!」
今回はリスクが高いため、三人とも少しピリピリしている。
「だからってこんなとこで話す必要はないだろ!!!???いちいちうっせえんだよこのキーキー女!」
本当にその通り。ここは学校だし話し合いなら家でもできる。何より、のんが大きい声で叫んでしまっては
内容が全校生徒に筒抜けになってしまう。しかしのんはそれどころではない。
「キーキー女??ふざけんじゃないわよ!」
「あぁーもう静かにしろ!!」
鈴兜が珍しく怒った。
「今喧嘩してたら任務ができないだろ!!!???それに喧嘩の内容もろくじゃないし。小学生じゃないんだから
変な喧嘩すんな!」
鈴兜も怒りをあらわにする。この威勢には、二人はどうしても負けてしまう。
「「はっはい……すみません。」」
シュン。となった二人だった。

8:稔令:2012/07/30(月) 09:54 ID:GSs

どうも!

いやぁ上手ですね。でも、急にストーリー展開が回ったりするので、内容が

わかりずらいところもありました。

それでも、読みやすかったですー。

9:よもよも:2012/07/30(月) 09:56 ID:GSs

アドバイスありがとうございます!頑張って更新します!

10:仕事中:2012/07/30(月) 10:02 ID:GSs

まずはストーリーから、「」が少ないですね。セリフ回しは上手いですがかんじんの
台詞がなければ小説でばないので、もっと増やしても大丈夫です。

ということで、点数は100点満点中、75点です。

11:ここな:2012/07/30(月) 13:03 ID:OHo

>>10
いや、台詞(「」)は1レスごとに5個が最適。
よもよもさんの場合は台詞が多い、映写が少ないと私は思うよ
>もっと増やしても大丈夫です
何をデータに、何を根拠でお言いですか?
自分から見て、個人の書き方として言っているのではありませんよね?


スレ主様>
無駄レス消費すいません

12:ここな:2012/07/30(月) 13:06 ID:OHo

あー違うか。とんだ自演スレにマジレスしてしまった←


書き込む 最新10 サイトマップ