電波ウイルス

葉っぱ天国 > 小説 > スレ一覧 [書き込む] Twitter シェアする? ▼下へ
1:みかん:2012/08/19(日) 20:00 ID:htE

(皆さん初めまして、みかんといいます。
 これからよろしくお願いします!)

携帯やスマホがもうすっかり普及した今、
皆それらを使った生活が当たり前のようになった。

が、それが人類に大きな試練を与えた。
ある日突然、全く原因不明の
全世界を震撼させるような凶悪なウイルスが誕生した。

それに一番早く気付いたのは、
平凡な高校1年生の剣次(けんじ)だった。

2:みかん:2012/08/19(日) 20:17 ID:htE

>>1より↓

「何か面白い事ねぇかなー・・・。」

夏休みも残り半分になり、剣次は

今日もクーラー23℃の部屋で

気ままにメールやらゲームをしていた。

宿題はもう残り少なく、最近はあまりやってなかった。

しかし溜まっているワケでもなく、

剣次は「いつかやれば良い」とばかりに

放っておき、とりあえず遊ぶ事にした。

同級生の幸助(こうすけ)も、そんな感じで

毎日暇に明け暮れていた。

【差出人:剣次 本文:なー、今何してんの?】

【差出人:幸助 本文:見たら分かるだろwwメールだよ】

そんな退屈な日々だった。

剣次達は、そろそろこんな生活に飽きつつもあった。

案の定その退屈な日は、そう長くは続かない運命だった。

【続】

3:みんみん:2012/08/20(月) 10:23 ID:DU.

ウチの駄作に来てアドバイスよろしくお願いします
下手くそがかくあの世界で‼‼
です。


書き込む 最新10 サイトマップ