一週間後、死のうと思います。

葉っぱ天国 > 小説 > スレ一覧 [書き込む] Twitter シェアする? ▼下へ
1:梨依:2012/08/20(月) 14:00 ID:FDY

これは以前、ほかのサイトで書いていた私の小説です。

それなので更新は早いと思います。

結構前の作品で、おかしいところもあるかと思いますが、温かい目でご覧ください。

それでは、どうぞ↓↓

2:梨依:2012/08/20(月) 14:01 ID:FDY

朝。女子高生の話し声と笑い声が聞こえる中、鈴堂 椿はうつむいたまま、通学路を1人寂しくあるいていた。

ふと、隣を歩いていった2人の女子生徒が、ヒソヒソと話していた。
「あのこ、いつも一人!友達いないの?」

それを聞くと、自分が惨めに感じるのだった。

椿の学校は、多くの発明家や学者を送り出した県内でも有名な進学校。

少しばかり古い校舎の二階が、椿の教室だ。

「おはよう…」

引き戸を開けて、暗い顔でとりあえず挨拶をする。

それまで賑やかだった教室は一気に静まり返った。

「ねぇ…あの子、ウザいよね」

「始末しようか」

苛めっ子2人がニヤニヤしながら言う。

すると、教卓の前に2人で立つ。

「えー、今から鈴堂 椿を苛めちゃおうと思うんだけどぉ…賛成の人ぉーっ!」

椿は無視して机の横に鞄を掛け、椅子に座って本を読み始める。

苛めっ子2人のアイデアに、クラスのほとんどが手を上げた。

「16、17、18、19、20…っと。じゃあ賛成派が多いんで苛めけってぇーッ!!」

3:梨依:2012/08/20(月) 14:02 ID:FDY

「な、なんで!!」

私はなにも悪くないのに!

でも、ここは冷静に。

テクテクと楽しそうに椿の机まで行き、言う苛めっ子の1人。

「というわけなんでぇ、どうする? トイレで汚くなる? バケツのきったなぁいお水かけてあげようか!? それとも閉じ込められる…とかぁ!?」

「……読書の邪魔。それに私、苛めて欲しいなんて言ってない」

キッパリと言い捨てる椿。

それが苛めっ子の機嫌を悪くする。

4:梨依:2012/08/20(月) 14:03 ID:FDY

「あんたねぇ、ホント感じ悪いのね! もういいわ、泣いて謝ったら許してあげようと思ったのにね。あーあ、残念。そういうわけで、あんた、今から苛められるの! 嬉しいでしょぉ?」

クラス全員がニヤニヤしている。

机に座ってファッション誌を読んでいた女子の軍団も、ゲーム機を持ってきて通信をしていた男子も。皆。

「さて、と。まりあ親衛隊! 出番よっ!」

右手を高く上げ、大声を張り上げるまりあ。

「まりあ様ーっ」「どうしましたかーっ!」「大丈夫ですか!?」「まりあ様最高ーっ!!」

それぞれ声を張り上げながら、引き戸から入ってくる男子が数十名。

皆頭には「まりあ」と書かれた鉢巻。服は「まりあ様」と書かれた半被。

まりあの美貌を使い、あらゆる男子をまりあ親衛隊へ形付けたのである。

「琴羽も椿苛めたいぃ・・・」

かよわい女の子のような声を出しながらまりあの制服の裾を引っ張る琴羽。

琴羽はまりあに比べて15センチは背が低い。

それに服はロリータ。ピンクのうさぎのぬいぐるみを持っていて、童顔の琴羽は小学生にも見えてしまいそうだ。

「あぁ〜ん、かわゆいっ! 琴羽はいっつも可愛いよねーっ! 妹にして食べちゃいたいくらいっ!」

そういいながら、琴羽の顔に自分の顔を擦り付ける。

「む・・・。琴羽、子供じゃないもん」

「あ、そうだったそうだった! ごめんね、琴羽っ。んで、琴羽も苛めたいの? いいわよいいわよぉっ! 一緒に楽しく苛めようねーっ」

椿は今の状況がよく飲み込めず、心の中ではあせっていた。

だが、苛めっ子たちに今の心境を知られてはたまったもんじゃない。

必死で強気の顔をしている椿だった。

「まりあ様・・・。今回は誰が標的でございますか?」

メガネをかけた、いかにもオタクという男がおずおずと聞いてくる。

「ああ、あの窓側の席の奴。ほら、あの茶髪のショーットカットの! 雰囲気が暗いの!」

まるで子供が欲しいおもちゃを大人に取らせるような言い方。

親衛隊のメンバーは、椿を見つけ、椿の席へ歩く。

「まりあ様、琴羽様。こいつ、どうしましょう」

「んー、どうする? 琴羽ちゃん」

琴羽は少し考えてから、ぽつりと言った。

「トイレに連れてって、苛める」

5:ねの:2012/08/20(月) 15:28 ID:OeI

梨依さん

じょうずです!!

見習いたいです・・・

6:梨依:2012/08/20(月) 21:48 ID:FDY

ねのさん》そうですか!?ありがとうございますっ⭐

図々しくて申し訳ないんですが…自殺島という小説も書いていますので、どうか評価を頂けませんか?

よろしくお願いします。


書き込む 最新10 サイトマップ