先輩・・大好きです。

葉っぱ天国 > 小説 > スレ一覧 [書き込む] Twitter シェアする? ▼下へ
1:ミク:2012/08/21(火) 20:35 ID:xxY

何か、地味なタイトルだー!(笑笑

でも、頑張っちゃうよぉ!!(キリッ

-----ルール------

1、荒らしダメ
2、馬鹿にするのダメ
3、喧嘩ダメ
4、ぶりっ子だm((殴

以上!

-----うちのプロフ----- ←なぜに!?

性別:女子

年齢:高1。(16歳)

誕生日:5月15日

嫌いな芸能人:ももち,出川,アンガールズ

---------------------

あはは☆

これから頑張るよー♪((殴 

2:ミク:2012/08/21(火) 21:09 ID:xxY

-----------------設定----------------------

夕闇 ルナ(ゆうやみ)

無口で男っぽい性格。
超絶綺麗。
いつも、黒ウサギパーカーを着ている。
学校1の問題児。
夜にいつも喧嘩をしている。
高校1年。
運動神経抜群。
家族全員、他界。

岬 るい(みさき)

意外にドS。でも、優しい。
超美少年。
陸上部のエース。
高校2年。
運動神経抜群。
梨桜の幼なじみ。

合川 梨桜(あいかわ りお)

優しくてお姉さんっぽい性格。
大人っぽくて綺麗。
チアリーダ部のセンター。
高校2年。
運動神経抜群で成績優秀。
るいの幼なじみ。
るいが好き。

3:ミク:2012/08/21(火) 21:57 ID:xxY

やっぱり、無口じゃないことにします!
(ルナはおしゃべりという、設定で)

第1話

タタタタ・・!

100メートルを10秒で走る岬先輩。
そして、それを応援する女子群。

「キャアアアア!」

その少年が女子群のほうを見ると、黄色い悲鳴が上がる。

「ボソッ)ばっかだな。こういう、女が嫌われるんだよ」

すると、女子群が私を睨む。
わ〜・・怖い。

「フッ・・キモ」

そして、私は『あっかんベー』をする。
すると、女子群がこっちに向かってくる。

「うるさいわょ!あんたのほうがブスじゃない!」

「うるさいな〜」

フェンスを飛び越えて、その真逆にあるフェンスへもうダッシュする。

「またな!ドブスさん!」

「うるさいわょ!」

女子群が声を合わせて言う。
・・・・すげー!

「ちょっと、待ちなさい」

私の手首を掴む、合川先輩。

「はい・・?なんでしょうか」

「あれは、ちょっとやりすぎじゃない?」

「ぁはは!・・私の辞書には”やりすぎ”という言葉はない!」

キリッといってやる。

バシンッ!

頬を殴られる。

「やめろ馬鹿!」

と、岬先輩が言う。
そして、私もやりかえす。

「ばぁーか!私に勝てるわけがないじゃん。先輩・・?」

クスッと笑う。
合川先輩は、頬が切れて真赤な血がたくさん流れている。

「あ〜やりすぎた。岬先輩。合川先輩の血、舐めてあげてくださいよ」

「は・・?」

「じゃーね〜!」

ヒラヒラと手を振る。

















そして、これが、先輩との出会いでした――――・・

4:梓:2012/08/22(水) 11:54 ID:CwI

とっても面白いです!
あと、入れて下さい。

5:ミク:2012/08/22(水) 12:19 ID:xxY

いいですよ!
面白いだなんて・・・///

6:梓:2012/08/22(水) 12:58 ID:CwI

有り難うございます。
続き楽しみにしています^^

7:ミク:2012/08/22(水) 21:06 ID:xxY

あれから、数時間がたった。

そして・・一つかわったことがある。
岬先輩に会ってから、少し胸が熱くなった。

なぜだかわからないけど、とにかく熱い・・
胸を押さえながら帰っていると―――・・

「お、岬先輩。と、合川先輩。」

「あ、夕闇。」

「・・・・。」

「はぁ・・合川先輩!


書き込む 最新10 サイトマップ