*初めから全部嘘 近付いてなんかない*

葉っぱ天国 > 小説 > スレ一覧 [書き込む] Twitter シェアする? ▼下へ
1:苓:2012/08/22(水) 12:22 ID:E4k

掛け持ち←

苓君です(キラ

まぁこれはフィクションとノンフィクション混ぜてやって行きやすbb

禁断症状-それでも僕は離れない-みたいなんも書いてやすb
荒らしなっしんぐb
アドバイスコメント大歓迎←

悲恋?を書いてこうと思うb
あぁ、タイトルはボカロの「繰り返し一粒」のからっすわ←

リンver.っすb機会がありゃ聞いてみて下さいっすわ、((
んじゃ、((

2:苓:2012/08/22(水) 21:21 ID:E4k

私の名前は如月誄。
青木優っていう彼氏がいる。
そして今日も
如月「青木くんおはよう!」と元気よく声をかけた。
そしたら青木くんは
青木「おはよう。」と返してくれた。
私はニッと笑い掛けた。

3:苓:2012/08/22(水) 21:29 ID:E4k

私の親友の星夏が
水音「誄ー!!」と呼んだので
青木くんに「またあとでね!!」と言って、
星夏のほうへいった。
んで
「なに?」と要件を聞いたら
水音「歴史の教科書貸して?」
え……
水音「昨日徹夜で勉強してて忘れてたの;」っていうから仕方ないと思い歴史の教科書を貸した。
そして、歴史の授業中に星夏が
水音「先生…頭痛いんで保健室行ってきます…」
席を立ち上がり保健室に向かった。
なーんだ。わたしが貸した教科書意味無いじゃん。と思い、斜め前の青木くんを見た。
私は目を見開いた。


書き込む 最新10 サイトマップ