空に誓う。

葉っぱ天国 > 小説 > スレ一覧 [書き込む] Twitter シェアする? ▼下へ
1:南ぽん*♪:2012/08/22(水) 23:52 ID:ZH6

【登場人物】

『佐野 雪乃(サノ ユキノ)』

性格が良く、男女からモテる。
茶髪で髪はふわふわ〜♪

『金沢 俊平(カナザワ シュンペイ)』

サッカー部所属。
彼女もち。誰からも愛される可愛い系男子。

『斉藤 愛美(サイトウ マナミ)』

俊平の彼女。何故か、女子から嫌われている。
普通の女の子ナノニネ。

『藤堂 海(トウドウ カイ)』

一見クールな男の子。
だけど、笑う姿がキュンキュン♪俊平の親友。

2:南ぽん*♪:2012/08/23(木) 00:10 ID:ZH6

今日のあたしはヤバかった。
何が?…ううん。わからない。
イヤ、わかるけども。

だってあたし………


『遅刻しちゃう!』

お母さんにちゃんと「起こして」って言ったのにーー!
もう間に合わないよー(泣)←え


そうして朝は、担任に睨まるという…。

10分遅れだったからなぁ。
まあ、仕方ないか。

「雪乃〜あんた遅れてるよ?」
休み時間、はーちゃんコト宮瀬 華が向かってきた。
『知ってますー。10分も遅れた』

一瞬、はーちゃんの動きがトマッタ。

「……アタマが遅れてるのか」

オイオイオイオイ!!

オカシイよねぇ。あたしをバカにしてんのかっ!

『ムッ。いーよ。はーちゃんなんてもー知らないっっ!
 あたし次の授業でないもん』
ブスぅーっとしたあたしの顔と反対に、
はーちゃんはすごく楽しそうだ。

『フンッ!!べーだ』

あたしは屋上に向かう。
空に一番近い所。

それが…………


『【屋上】♪♪』

3:南ぽん*♪:2012/08/23(木) 21:41 ID:ZH6

『すずし〜』

涼しい風邪が吹く。
夏ももう、終わりだ。

『あ〜……。あたしも、はーちゃん
 みたいに素敵な人ができるといいなぁ』

屋上に入ってはいけない事になっている。つまり禁止。
ずっと前、初めて屋上に上がった時、もっていた針金で開けたんだっけ。

そんな事を考えていると、ガチャッとドアが開く音がした。

や、やばっ!!

壁にぴたっとくっつくと、誰かが入ってきた。
誰だろう、あの人…。

「おっ開くじゃん。禁止じゃなかったのかよ」

『あ!あの人……



知らない』


するとその人は寝そべって、「くわあああ」
と大きなアクビをした。


もう教室戻った方がいいよね。
うん、じゃあ戻ろう。

そう決意したあたしは、相手に気付かれないように、
ソロソロとドアに向かった。

「あー!!」
『え?』

いきなりオッキイ声を出すから、ビックリして声が……!

4:南ぽん*♪:2012/08/24(金) 00:27 ID:ZH6

ん?と男の子がこっちを向いた。

あ“あああああーーーー!
ややややや、ヤバイなオイ。
『あ、あの………』
「あれー?6組の……あ!!!佐野が何で屋上に?」

さっき叫んだのは、あたしに向けられたものじゃなかったんだ。
『あ、えっと……「ああ!わかった」

『へ?』
「俺と同じ理由なんだろ」

ん?まてまてまて。理由て、おい。
「俺さ、前雲食った事あんの」

くも……?クモ……クモ…蜘蛛!!!

『それ、ほんと?』

き、気持ち悪ッッッ!
そもそも食べれるの??

「んで今日は、たまたま屋上開いてたから食いにきた」

おえええぇぇぇぇええ!!!
「あっ!見ろよ、わたあめが浮いてる〜♪」
男の子の指を見ると雲を指している。

雲だったのかーーー!



………か、可愛い*

今の気持ちを顔文字で表したら、こーなる。
(´`*)キャー(・∀・`)ワーイ!!!


『あ、ねぇ名前は?あと、あたしの名前何で知ってたの?』
「えー?俺は5組の金沢 俊平。そんでサッカー部」

「佐野は有名だかんな。知らない奴はいないと思う」


書き込む 最新10 サイトマップ