流れ星が降った日・・・

葉っぱ天国 > 小説 > スレ一覧 [書き込む] Twitter シェアする? ▼下へ
1:璃華:2012/08/28(火) 13:29 ID:T4.

えーと初めて小説を書きます!
駄作ですが見てくれたらうれしいです

ルール

荒らしなどはやめてください!
(悪口などもです!)

それくらいかな・・・?

頑張って書きますのでよろしくおねがいします!

2:いぬっち smh:2012/08/28(火) 15:04 ID:mww

こちらこそ、よろしくね^^
タメでいい?うちはOK☆
名前・・・何て読むのですか?(すいません)
小説楽しみにしていまーす^^

3:璃華:2012/08/28(火) 20:10 ID:Jf2

璃華(りか)って読みます!タメOKです!
がんばります!

4:璃華:2012/08/28(火) 20:17 ID:Jf2

「また会おうね!」

その約束をしてから
美月を一度も見ることはなかった・・・・

「優樹!昨日、流れ星降らんかったな〜」
こいつは理音、女っぽいけど男、俺の友達。

優樹「あぁ・・そうだな・・・」
昔美月から聞いたことがある・・・
「流れ星は死んだ人の思いをかなえて幽霊として
生き返らせてくれるんだって〜!すごくない!?」
俺は流れ星が降ってほしいんだ・・・・
そして・・美月が幽霊でもいいから
少しでもいいから生き返ってほしいんだ・・・

こんな感じです!駄作ですが見てくれたら
うれしいです!

5:璃華:2012/08/28(火) 20:18 ID:Jf2

あと理音との話の時は
中2の夏です!

6:璃華:2012/08/28(火) 20:26 ID:Jf2

続き書きます!

「優樹君〜おはよっ!」
こいつは瑠璃、俺の・・知り合い的な存在
正直言うと邪魔、うざったい

理音「今日流れ星が降るかも!?ニュースでも言ってたぜ?」
優樹「マジか!今日こそ降ってくれよ…」

そして・・・美月・・・・・
生き返ってくれよ・・・・

生き返ったらお前・・・美月に
伝えたいことがあるんだ・・・!

短いですがここまでです
続きも頑張ります

7:璃華:2012/08/28(火) 20:36 ID:Jf2

〜瑠璃目線〜

「優樹〜おはよっ!」

今日こそ私を好きになってくれるかな?
私はあなたのこと、好きなのに・・・・
いつも誰かのことばっかで・・・・

ひどすぎるー!!(>_<)

理音「今日流れ星が降るかも!?ニュースで言ってたぜ?」

流れ星?降るわけないじゃない!
でも優樹が降ってほしいと言うなら
願おうかなッ☆

私はあなたのことが好きだから・・・
あなたの幸せを願うよ・・・

こんな感じです・・・
あいかわらずダメダメですが
よろしくおねがいします・・・

8:璃華:2012/08/29(水) 09:47 ID:n3g

〜理音目線〜

理音「今日流れ星降るかも!?ニュースで言ってたぜ?」
優樹「マジで!今日こそ降ってくれよ…」

なんで優樹は流れ星が降ってほしいんだろ
俺らが天文部だから?それくらいしかねぇな

「そういえば流れ星がふる瞬間を耳で聞ける方法を見つけたんだ!」
「マジでか!おしえてくれ!理音!」
「砂嵐を聞いてると分かるらしいぜ?流れ星が降ると
 砂嵐が途中で少しだけ切れるんだってさ」
「本当か!?理音ありがとう!」

なんでそんなので喜んでるんだろ
優樹ってこんなに部活に気合いいれてたか?
まぁいいや、考えてもなにも出てこねぇし

とにかく、流れ星、降るといいな・・・

短いけどここまでです!

9:璃華:2012/08/29(水) 10:13 ID:n3g

〜優樹目線〜

理音と話をして、授業が始まった
早く夜になってくれねぇかな・・
そして早く家に帰りたい!

「樹君!優樹君!あたってるよ!」
「え?ごめんどこ?」

やべぇあたってたんだ
隣の人ありがとうございまーす

「優樹、もういいわ、じゃあ瑠璃!答えて」
「え・と・・・・・・・・・」

めんどくせぇ・・・
早退してえな・・・

そして時間は過ぎ、帰りになった
俺は理音に聞いたと通り、
帰ってから俺はぼけーっとしながら
ずっと砂嵐のラジオを聞いていた

これから奇跡がおこることも知らずに・・・・

10:りっこ:2012/08/29(水) 10:23 ID:D1k

流れ星…ですか

なんか良いですね〜

ロマンチック♪

こういう系統好きです!(私はいじめ系を書いていますが)

私も流れ星でお願い事したいです!

でも優樹君みたいな人のためのお願いじゃなくて

『成績がもっともっと良くなりますようにっ!』

ってお願いしますwww

優樹君のお願い事は叶えて欲しいですね。

11:璃華:2012/08/29(水) 11:29 ID:BTU

りっこさんありがとうございます!
がんばります!

12:璃華:2012/08/29(水) 11:40 ID:BTU

〜優樹目線〜

「ざざっざーっざざっ」
砂嵐のラジオが頭に響く

「あいかわらず流れ星は降らないな・・・」

俺は諦めかけていた・・・
「奇跡」ゆう言葉を失いかけていた

今は1時半、俺は睡魔に襲われそうだった

それでも砂嵐のラジオを聴き続けた

そのとき・・・・・

「ざざっざざっプツン・・・ざざっ」
「!?」

砂嵐は途中で少しだけ切れた
流れ星は降った・・・・

「流れ星が降った・・・・!」

その夜、俺は祈りっぱなしで眠れなかった・・・・

「美月が幽霊でもいいから少しでもいいから生き返ってください」と・・

13:璃華:2012/08/29(水) 11:49 ID:BTU

〜優樹目線〜

やばい・・・眠い・・・
昨日は一睡もできなかった
いや・・しなかった・・・

「飯食いにいこ」

一回に降りる

いつもどうりの朝、

いつもどうりの慌ただしい日

「いってきます!」

「よーっす!優樹!昨日流れ星見たか!?俺見た!すごかったよな!」

いつもどうりの理音との会話

いつもどうりの時間に授業・・

「暇すぎる・・・・」

すべてがいつもどうりな気がした・・・

俺はいつもどうりな日に退屈だった・・・

だが・・これから変わる日々のことを俺はまだ知らない・・

14:璃華:2012/08/29(水) 12:07 ID:BTU

〜優樹目線〜

学校の帰り道、俺は衝撃の事実に会った

「優・・ちゃん・・・」
「美・・・・・・・月」

そう、衝撃の事実とは・・・

ー美月との出会いだったー

あいにく幽霊らしく、俺にしか見えないらしい

「優…ちゃん!優ちゃん!」
「幽霊だけど生き返ったのか?美月」
「私も分からないけど日が昇った時に
体がいきなり・・・・・」

美月は幽霊で生き返った
でも・・・・
いつ消えるかわからない・・・・

それが俺の一番の不安だった・・・

15:りっこ:2012/08/29(水) 14:05 ID:D1k

おぉ!

ついに!願いが叶いましたっ!!

オメデトーッ!

でも…幽霊としてなんだよね…

16:りか:2012/08/29(水) 15:14 ID:gYI

〜美月目線〜

私は幽霊として生き返った
嬉しい気持ちもあるけど、
なぜか『不安』な気持ちもあった・・

ってゆーか幽霊は不便すぎるー!!(><)
人や動物に触れれないし、物を持ったりできない・・・

不便・・・不便すぎるわ・・・(` -´)

でも優樹に会えたからよかった・・・

伝えたいことがあるから・・・・

幽霊でも、生き返れてよかった・・・

17:りか:2012/08/30(木) 00:01 ID:p.o

〜優樹目線〜

「ただいまー」

今ー俺の後ろに『幽霊』の美月がいる

おどおどしてるけどね・・・

「ごめんね?優・・・君、泊まらせてもらうことになって・・・」

そう、美月が俺の家に泊まることになった

短くてすいません!

18:りか:2012/08/30(木) 10:46 ID:p.o

〜美月目線〜

私が優ちゃんと出会ってから月日が流れていくのが早いと感じた

きっと時間を忘れて毎日遊んでいたからだろう

私は優ちゃんのことが好き・・・

でも、私は優ちゃんを置いて死んでしまったから嫌われているかもしれない・・

5年前、(小3)私はひき逃げに会った。
道路を歩いていたらいきなり車にひかれた
私は打ちどころなどが悪く、即死だった

そして、意識が薄い私に、最初に駆けつけてくれたのが、

   優ちゃんだった・・・

19:鏡時:2012/08/30(木) 12:15 ID:AKY

りか様のスレですか?

全然駄作じゃありませんよ!

私の作品と同レベル…。

↑嘘ですw

見たところ上手なので、頑張ってくださいね。

〜アドバイス〜

・・・の所を…にしてはどうでしょう?

あまり・・は使わないようにして、…にするとか…。

私は小説書くときは…にしてますよ。

まっ、こんな私がアドバイスするのも何ですが、頑張って!(^_-)-☆

20:鏡時:2012/08/30(木) 12:30 ID:AKY

更新更新〜♪

21:りか:2012/08/30(木) 15:25 ID:p.o

鏡時さんありがとうございます!!
アドバイスありがとうございます!!
使いたいと思います!!

22:鏡時:2012/08/30(木) 15:31 ID:AKY

りか様

私なんかのアドバイスを聞いて下さってありがとうございます!

23:いぬっち:2012/08/30(木) 15:36 ID:mww

璃華さんおもろい

24:りか:2012/08/31(金) 04:53 ID:p.o

みなさまありがとうございます(>○<)
すごく嬉しいです!!

25:璃華:2012/09/01(土) 10:28 ID:0Js

〜優樹目線〜

美月は5年前、ひき逃げで死んだ…
きっと最後に美月が見たのは、俺の顔だと思う
美月生き返った時もそのことを気にしている…
だって表情で分かるし

理音「っはよ〜なに朝から考え事してんだ〜?」
優樹「こっちの話だよ理音」
瑠璃「優樹〜おっはよぉ〜」
優樹、理音「出た!ミス猫かぶり&ぶりっこ!」

俺はこれから「何か」を失うとは知らずに
楽しい生活をおくっていた…

26:梓:2012/09/03(月) 18:29 ID:OkI

最新お願いします!
あと入れてください!

27:痢華:2012/09/04(火) 21:19 ID:84U

最新頑張ります!ぜひはいってください!><
では書きます!

〜優樹目線〜

俺は毎日がたのしかった
理音たちといるときも
美月といるときも…

でもふと思った

「さいきん美月がいなくなることがおおい」

俺は不安になった

美月がいなくなってしまうとゆう不安に…

28:璃華:2012/09/12(水) 18:08 ID:T7.

〜美月目線〜

さいきん体が透けてきている
そのせいで悠樹も私のことを
分からなくなってきているみたい

どうしてだろう………

私はここにいていいの?

その不安がさいきんの悩み…

あの日を境に終わった人生

大切な人に会えない日々

全部つらかった…

悠樹にあえてホッとしたのに
なぜまた不安にするの??

私は、離れたくないのに…

29:璃華:2012/09/14(金) 18:21 ID:cLw

悠樹目線

美月がもうすぐ居なくなってしまうかもしてない…

さいきん美月の姿を見ていないから……

どうして神様は僕たちを引き離すの?

小3のころ、美月は事故にあい死んでしまった

ぐうぜん美月が幽霊として生き返り、俺の横に戻ってきたのに

なぜまた引き離そうとするの?

どうして?神様

離れ離れになってしまうなら

最後に気持ちを伝えなきゃ…

俺の気持ちを………

30:璃華:2012/09/21(金) 20:38 ID:euM

〜美月目線〜

私がここに消えずにいられるのもあと3日くらいだろうか…

日にちがすぎるごとにうすれていく私の体

私の頭の中に二つのことが思い浮かんだ

別れがつらいから誰にもみられずに消えていくか

これともちゃんと思いを伝えてきえていくか

もう、決める時間は少ししかない…

でも、なんでこんな時に頭が動かないのよー(>_<)

悠樹にはまだ伝えてない…

伝えれないよ…こんなに苦しいことを……

31:璃華:2012/09/22(土) 11:31 ID:C2U

あと、少しで大切な人との別れが来る

俺はどうすればいい…?
私はどうすればいいの?

心で交差する思い

別れたくないのに別れなければいけない現実

自分の気持ち、心が整理できていない私

自分の気持ちを伝えれない俺

俺達に大切な人との別れは

想像以上につらいものだった


書き込む 最新10 サイトマップ