小説リレーしませんか?

葉っぱ天国 > 小説 > スレ一覧 [書き込む] Twitter シェアする? ▼下へ
1:桜音 ◆U4pg:2012/09/01(土) 17:54 ID:jrg

重複だったらすいません。

小説リレーしませんか?
定員は、5人です←
5人集まったら、小説リレーを始めたいと思います(´ω`*)ノ
(私を入れて、5人)
早いもの勝ち…ですかね。すいません。

コメントだけでも大歓迎ですので、どんどん来ちゃって下さいな♪

ではスタート←

2:春:2012/09/01(土) 18:12 ID:Zx2

入らせて!

3:桜音 ◆U4pg hoge:2012/09/01(土) 18:15 ID:jrg

どぞどそ←
他の皆さんもお待ちしております☆

4:桜音 ◆U4pg:2012/09/01(土) 18:16 ID:jrg

春さんが来てくれたところで…先にテーマを決めましょうか。
何が良いですか?

5:春:2012/09/01(土) 18:32 ID:Zx2

んーと、、俺はなんでもいいや!

6:桜音 ◆U4pg:2012/09/01(土) 18:34 ID:jrg

じゃあ…もっと人が来るのを待ちましょうかw

7:椿 ◆uMhM:2012/09/01(土) 18:35 ID:/CE

はいっていいですか…?

8:桜音 ◆U4pg:2012/09/01(土) 18:36 ID:jrg

大歓迎です←
待ってました!!

9:桜音 ◆U4pg:2012/09/01(土) 18:45 ID:jrg

落ちます!
出来ればあと2人、来てほしいです←
小説は、始めないで下さい。
ではsee you!!

10:椿 ◆qw/k:2012/09/01(土) 18:46 ID:/CE

ありがとうこざいます^^

あの…私達、会ったことありますか?喋ったことのあるような…(元眞璃亜です!)

11:鏡時:2012/09/01(土) 18:53 ID:AKY

入れて下さい!

いいでしょうか…?

12:春:2012/09/01(土) 18:57 ID:Zx2

いいと思いますよ
>>鏡時さん

13:鏡時:2012/09/01(土) 19:07 ID:AKY

春様

ありがとうございます!

14:春:2012/09/01(土) 19:10 ID:Zx2

俺はスレ主じゃないけど、スレ主さんもOKしてくれるよ、きっと、←

15:鏡時:2012/09/01(土) 19:11 ID:AKY

春様

春様、もしかして男の子ですか…?

女の子だったらゴメンナサイ…。

うちのクラスにも女の子なのに俺って自分の事読んでる人いますよ。

↑悪い意味じゃないです。

16:桜音 ◆U4pg:2012/09/01(土) 19:12 ID:jrg

スレ主登場っ←
柊>そうなの!?
鏡時さん>いいですよ!

あと1人!

17:春:2012/09/01(土) 19:14 ID:Zx2

んー?俺は男だよ〜

18:桜音 ◆U4pg:2012/09/01(土) 19:14 ID:jrg

て言うか…もう始めちゃう?
充分集まったし…

19:彼方:2012/09/01(土) 19:15 ID:Bns

はいはーいw

良いですか?

20:桜音 ◆U4pg:2012/09/01(土) 19:16 ID:jrg

良いよ!
大歓迎!!

では〜このメンバーでスタートっっ!

21:桜音 ◆U4pg:2012/09/01(土) 19:17 ID:jrg

テーマはどうします?
順番も!

希望を言って下さいな♪

私は↓
テーマ「何でもOK♪」
順番「3番目」

がいいです←

22:椿 ◆qw/k:2012/09/01(土) 19:23 ID:/CE

2番目がいです!

いじめ小説とかは…?

23:桜音 ◆U4pg:2012/09/01(土) 19:24 ID:jrg

いじめかぁ〜
良いよ!

24:彼方:2012/09/01(土) 19:27 ID:Bns

余った順番で良いです!
ジャンルは皆さんで決めて下さいな♪

25:桜音 ◆U4pg:2012/09/01(土) 19:29 ID:jrg

じゃあ…勝手に決めていいかな?

1:彼方
2:椿
3:私
4:春
5:鏡時


いやなら言って!
あと…ジャンルいじめでいいかな?

26:鏡時:2012/09/01(土) 19:41 ID:AKY

桜音様

分かりました!

私が5番目ですね^^

いじめですか…。

0Kです!

前の掲示板でいじめ小説書いてたんで^^

春様

男の子ですか!

まぁ、仲良くしましょう^^

ー独り言ー

てか、彼方様いるから最強だろw

27:桜音 ◆U4pg:2012/09/01(土) 19:41 ID:jrg

じゃ、決定!
いやだったら言って!
スタート!

28:桜音 ◆U4pg:2012/09/01(土) 19:45 ID:jrg

では彼方様からっ!

29:鏡時:2012/09/01(土) 19:46 ID:AKY

彼方様、小説書いて!

私が書くの1番遅いから早く書きたい…。

↑桜音様、いやではありませんよ!?

30:彼方:2012/09/01(土) 19:46 ID:Bns

ごめんなさい!
私、用があって落ちます!

ごめんなさいっ

31:鏡時:2012/09/01(土) 19:48 ID:AKY

彼方様

マジですか!?

じゃあ2番目の

椿様からにしますか…?

1 椿様
2 桜音様
3 春様
4 私
5 彼方様

とか…。

↑あくまでも、考えですからねっ?

32:春:2012/09/01(土) 19:48 ID:Zx2

俺は4番ですね!あと、、俺、小説とか短くなるときあるのですいません!

33:桜音 ◆U4pg:2012/09/01(土) 19:48 ID:jrg

じゃあ…1番が鏡時で、最後が彼方!
決定!

彼方>大丈夫♪

34:鏡時:2012/09/01(土) 19:48 ID:AKY

桜音様

えぇっ、私が1番でいいんですか!?

35:彼方:2012/09/01(土) 19:48 ID:Bns

…プロローグ…

あなたにとって友情…

って何ですか?

都合の良いときに使って
飽きたら捨てちゃうものですか?

あなたにとって親友…

それは言葉だけのものですか?

36:桜音 ◆U4pg:2012/09/01(土) 19:49 ID:jrg

あ…どうする?

37:鏡時:2012/09/01(土) 19:49 ID:AKY

次、2番目の椿様ですね!

彼方様が書いてくれてる♪

38:桜音 ◆U4pg:2012/09/01(土) 19:50 ID:jrg

彼方いたぁー!

じゃぁ、新↓
1彼方
2鏡時
3私
4椿
5春

でいい?

39:彼方:2012/09/01(土) 19:50 ID:Bns

今日はプロローグだけで!
ごめんなさいっ

40:椿 ◆qw/k:2012/09/01(土) 19:50 ID:/CE

ねぇ、>>25の順番と、>>31の順番、どっち??(・・?)

41:桜音 ◆U4pg:2012/09/01(土) 19:51 ID:jrg

>>39 いえいえ^^
>>38で行きたいな←

42:春:2012/09/01(土) 19:51 ID:Zx2

おっ、、!俺は5番、、?

43:桜音 ◆U4pg:2012/09/01(土) 19:51 ID:jrg

>>42 ヤダ?

44:春:2012/09/01(土) 19:52 ID:Zx2

ううん!大丈夫ですよ〜
>>43

45:桜音 ◆U4pg:2012/09/01(土) 19:53 ID:jrg

では、>>38で行こう!

次、鏡時!

46:椿 ◆qw/k:2012/09/01(土) 19:59 ID:/CE

>>41
おk!!

鏡時がんば(*>∀・)b

47:鏡時:2012/09/01(土) 20:00 ID:AKY

分かりましたっ、2番行かせてもらいます!

まずキャラ紹介…。


〜主人公〜

佐々野 香奈 ささの かな

時葉学園最強いじめグループにいじめられている。
いじめグループのリーダー、麻里の元親友。

〜スイートバット〜

今野 麻里 こんの まり

時葉学園最強いじめグループリーダー。
香奈の元親友であり、ある理由でいじめている。

パシリ

相澤 雪亜 あいざわ ゆきあ

麻里のパシリ。計画思考係でもある。
麻里が大好き。


主なキャラはこのくらいですね^^


        *香奈目線*

私は今麻里にいじめられている。

元親友の麻里に。

最初のころは泣いていたけれど今はもう弱くない。

そう言い聞かせて来た。

私は弱くなんかない。

本当に弱いのは麻里ー。

「かっな〜。」

麻里の高い声が教室中に響き渡った。

無視する訳にもいかないので、私は振り向いた。

バッシャァ!

また水。

いつもいつもいつもいつもいつもいつも、朝は水。

「何か用?」

私は目をキッと麻里に向けた。

「これといった用はないけどーっ。あんたは汚いから汚い水をかけてあげただけー。」

私は…弱くない!

もう甘ったれた自分は嫌なんだー

48:桜音 ◆U4pg:2012/09/01(土) 20:00 ID:jrg

書いてる…のかな?
次私だぁ〜♪

49:鏡時:2012/09/01(土) 20:01 ID:AKY

あ、スイートバットは麻里のいじめグループ名ですw

50:鏡時:2012/09/01(土) 20:04 ID:AKY

どうでしたか…?

勝手にキャラ作ってゴメンナサイ!

51:桜音 ◆U4pg:2012/09/01(土) 20:07 ID:jrg

〜続き〜
私はまた、麻里を睨む。
「何その目。文句あんの?」

麻里がにらみかえしてくる。

だか特に言い返す言葉もなかったので、

「別に。」

と言い、麻里のもとを去った。



ごめん!短いね!
続きよろしく!

52:鏡時:2012/09/01(土) 20:08 ID:AKY

桜音様

面白かったですよ!

53:桜音 ◆U4pg:2012/09/01(土) 20:09 ID:jrg

有り難う御座います←
では次、椿!お願い!

54:鏡時:2012/09/01(土) 20:10 ID:AKY

次、椿だね!

今書いてるのかなぁ…?


桜音様

いえいえ^^

本当なので^^

55:桜音 ◆U4pg:2012/09/01(土) 20:11 ID:jrg

様はつけなくていいよw

今…書いてるのかもね☆

56:鏡時:2012/09/01(土) 20:13 ID:AKY

桜音

分かりました、桜音って呼ばせていただきます!

私の事は鏡時って呼んでくださいね^^

57:桜音 ◆U4pg:2012/09/01(土) 20:14 ID:jrg

うん!分かった←
鏡時って…なんて読むのですか?

すいません。馬鹿でw

58:鏡時:2012/09/01(土) 20:14 ID:AKY

おちますね。

少しなので!

59:鏡時:2012/09/01(土) 20:15 ID:AKY

桜音

かがみときです^^

60:桜音 ◆U4pg:2012/09/01(土) 20:16 ID:jrg

>>58
了解!
>>59
そのままねw

61:椿 ◆qw/k:2012/09/01(土) 20:25 ID:/CE

「屋上って気持ち良いなぁ…」


私は、2ヶ月前から麻里にいじめられるようになった。理由はわからない。

最初は無視と陰口から始まり、次第に『いじめ』。


私はいじめられた時悲しかった。悲しかったけれど、弱いのはいじめているほうだとしった。

一度、「死のうかな」なんて考えたことはあるけれど、生きることが復習だと知って、生きることにした。


『ギギギ…』

耳につく音を立てながら、ドアが開いた。


其処に居たのは






麻里だった――――――…

62:椿 ◆qw/k:2012/09/01(土) 20:26 ID:/CE

春さんバトンダッチ!(*・ω・)ノ

63:鏡時:2012/09/01(土) 20:27 ID:AKY

椿

面白い!

次は春だね!

64:桜音 ◆U4pg:2012/09/01(土) 20:27 ID:jrg

春ー!!

椿>お疲れさん♪

65:桜音 ◆U4pg:2012/09/01(土) 20:29 ID:jrg

鏡時キター!

66:鏡時:2012/09/01(土) 20:30 ID:AKY

で、春様の次は彼方様で、その次私かぁ…。

67:鏡時:2012/09/01(土) 20:30 ID:AKY

桜音

きたぜーーーっとw

68:桜音 ◆U4pg:2012/09/01(土) 20:32 ID:jrg

>>66
その通りでっせ←
>>67
テンション高イデスナー

69:鏡時:2012/09/01(土) 20:33 ID:AKY

桜音

うふふ、高いわよぉ〜w

70:桜音 ◆U4pg:2012/09/01(土) 20:34 ID:jrg

それは良かったですわねw

71:春:2012/09/01(土) 20:35 ID:Zx2

書きます!

「麻里、、、どうしてここに、、、?」
私は麻里を見て
(あー、これ何かやられるなぁ)
と思った
「、、、かな、、あの、、話したいことがあるの、、、」
麻里の表情はいつもとは違う、悲しそうな
「今日は時間ないから明日、公園で待ってるね。」
(なんだろう、、、今までやってきたこと謝るのかな、、でも、そんなわけないよね)
私は明日、一応、公園に行くことにした

下手ですが続きは彼方さん、、?かな

72:桜音 ◆U4pg:2012/09/01(土) 20:37 ID:jrg

お上手っ!

次は彼方だけど…居ないよね!

73:鏡時:2012/09/01(土) 20:37 ID:AKY

彼方様、更新!

早く続きが書きたい…!

あ、でも彼方様、今日プロローグしかって言ってた…。

じゃあ私が続き!?

74:鏡時:2012/09/01(土) 20:38 ID:AKY

ねぇ、桜音。

私が続き書いてもいいかなぁ…?

あっ、急にタメになってごめんね。

嫌だった…?

75:桜音 ◆U4pg:2012/09/01(土) 20:39 ID:jrg

>>74
じゃ、一回だけ彼方とばそっか!一回だけね!

76:桜音 ◆U4pg:2012/09/01(土) 20:40 ID:jrg

落ちまする←

77:彼方:2012/09/01(土) 20:44 ID:Bns

戻ってきたんですけど
次まで待った方が良い?かにゃ?

78:鏡時:2012/09/01(土) 20:46 ID:AKY

桜音

分かった!

書くね♪


タッタッ…。

私は麻里の言う『公園』に向かっている。

もちろん、学校が終わって。

私には学校を抜け出す勇気なんて無い。

そうこう思っている内に公園に着いた。

「麻里…?」

麻里の姿が見えない。

どこだ…?

「後ろ向いてっ☆」

麻里の高い声。

後ろを私は向いた。

ベシャッ

何この臭い!

私の頭からは腐った牛乳だろうか?

そんな液体がポタポタ落ちてくる。

「ははっ、あんなの嘘だしぃ〜。期待しちゃった!?あはははっ。」

…ふざけんな。

私は心の中で舌打ちをした。

腐った牛乳だけではなく、腐ったバナナの皮や泥なども一緒にかけられた。

「この公園は人が来ないからゆーっくりあんたをいじめられるわ♪ほんっとせいせいする!」

麻里はニヤッと笑いながら私に言った。

わざと聞こえるような声の大きさで。

本当、ムカつく。

でも私は強くなった。

泣いたりしない。

絶対にー

79:彼方:2012/09/01(土) 20:46 ID:Bns

鏡時さんが書いてたら
申し訳ないので
鏡時さんの次に書きますね〜

80:鏡時:2012/09/01(土) 20:47 ID:AKY

彼方様

戻って来ていたのですか!?

すみません、書いてしまいました…。

本当に申し訳ないです…!

桜音

バイバイ^^

81:鏡時:2012/09/01(土) 20:50 ID:AKY

どうでしたか…?

次は桜音だけどいないからなぁ…。

82:椿 ◆qw/k:2012/09/01(土) 20:51 ID:/CE

おぉ、やっぱり…!!
面白い〜♪

83:鏡時:2012/09/01(土) 20:51 ID:AKY

あ、彼方様が書いてくれるんだった!

すみません、彼方様…。

84:鏡時:2012/09/01(土) 20:52 ID:AKY

椿

ありがとう!

本当にありがとう…(うれし泣)

85:椿 ◆qw/k:2012/09/01(土) 20:53 ID:/CE

だって面白いし!!率直な感想を言ったまで!

86:桜音 ◆U4pg:2012/09/01(土) 20:53 ID:jrg

来たよ!
続き書くね!

87:鏡時:2012/09/01(土) 20:55 ID:AKY

椿

ありがと☆

(●^o^●)

桜音

彼方様が書いて下さるそうで…。

88:桜音 ◆U4pg:2012/09/01(土) 20:55 ID:jrg

あ。次彼方か。
じゃあ彼方の次に書く!

89:鏡時:2012/09/01(土) 20:59 ID:AKY

おちます^^

私がいないときはとばしてくださいね^^

90:桜音 ◆U4pg:2012/09/01(土) 21:01 ID:jrg

>>89
了解!

91:桜音 ◆U4pg:2012/09/01(土) 21:06 ID:jrg

私も落ちます←

92:彼方:2012/09/01(土) 21:12 ID:Bns


「ふーん…だから何?」

私は麻里をギロッと睨む。

麻里はキッと目をつり上げる。

「なっ…!?あんた本当にムカつく!」
麻里が私に手を上げようと
した、その時だった。


「何やってるの!?」

高めの声がする方を振り向くと
見知らぬショートカットの女の子がいた。

「…あんた誰?関係ない奴は放っておいてよ!」

麻里がその子に近づいていく。

逃げて…

そう心の中で叫ぶがその子は
麻里を真っ直ぐに見据えて言った。

「関係はないけど、迷惑なの!
 此処は好き勝手して良い場所じゃない!」

その子の気迫に負けたのか、麻里は
「覚えてなさいよ!」と捨てゼリフを吐いて去った。


…何が起こったの?

私には事態が把握できないでいた。
すると、その子が私に近寄ってきた。

「大丈夫?」

私に手を差し伸べてくれた。

その時、確かにー…

暖かいものを、感じたんだ。

93:彼方:2012/09/01(土) 21:15 ID:Bns

新しく出て来ちゃった子は

椎名梓 しいな あずさ
って子でお願いします☆

明るくて、優しくて
隣町の高校の光ヶ丘高校の生徒で!

香奈ちゃんを救ってくれる子、で良いですか?

94:春:2012/09/01(土) 21:23 ID:Zx2

いいと思いますよ(^ ^)
>>彼方さん

95:春:2012/09/01(土) 21:23 ID:Zx2

俺、落ちる、、

96:鏡時:2012/09/02(日) 09:44 ID:AKY

来ました!

続き書きますね☆

             *香奈目線*

「…ありがとう。」

私は突然の事に驚き、ぎこちない礼を言った。

「いいの!あーゆー自己中、見ててイライラするの!」

…私と同じ考えだ。

「ねぇっ、名前何て言うの?」

私をかばってくれた女の子はにこやかに言う。

「…香奈。佐々野香奈。あなたは?」

「私?私は椎名梓だよ。梓って呼んで!」

「…香奈って呼んでね、梓。」

友達が…出来た。

「でも、本当に大丈夫?うちでシャワー浴びてく?」

梓は誘ってくれた。

でも迷惑になるといけないと思い、私は断った。

「ごめん、誘ってくれたのは嬉しいけど自分の家でするから。」

と。

「そう?じゃあ一応メルアド交換しとこっか。」

梓は話題を変えて言った。

「うん!」

私はニコッと笑い、梓は微笑んだ。

「赤外線ね…あっ、出来た!」

最近は赤外線があるからすぐに交換が出来る。

「じゃあね。またメールしてね!」

梓はそう言い、去って行った。

家に帰ってシャワー浴びて梓にメールしよう。

そう考える、私だったー


             


 
よしっ、椿にバトンタッチ!

どうでしたか?

コメ、待ってます!

97:鏡時:2012/09/02(日) 09:53 ID:AKY

椿、早いとこ書いちゃってね☆

98:鏡時:2012/09/02(日) 10:17 ID:AKY

椿っ、いないの!?

椿がいないなら春様…。

春様もいなかったら…。

99:椿 ◆XZbk:2012/09/02(日) 10:19 ID:/CE

「ただいまぁ」

誰も居ない家に言う私。両親は、共働きしているからしかたない。
…って言っても、夜ご飯は皆で食べるけど。


真っ直ぐシャワーへ向かう私。


麻里を消したいって言う気持ちと、はやく梓にメールしたいっていう気持ちが
あったからか、10分で終わった。


「メール、メール!」


私は早速打った。

『こんにちは♪香奈です(^^)これから宜しく(*>ω・)ノシ』



…明日が楽しみ!!

100:椿 ◆XZbk:2012/09/02(日) 10:20 ID:/CE

ごめん!これから落ちるんで、小説次のから飛ばしてぇ〜〜!!!(><。)

101:椿 ◆XZbk:2012/09/02(日) 10:22 ID:/CE

ごめん、私が100取っちゃった…↓

゜○゜。+○゜。祝100!!(*>ω・)ノ。゜○+。゜○゜

102:鏡時:2012/09/02(日) 10:24 ID:AKY

祝100だねっ☆

おめでと〜。

分かった、椿。

次の時は椿のとこ飛ばすね^^

103:桜音 ◆U4pg:2012/09/02(日) 10:33 ID:jrg

来たよーー☆

104:鏡時:2012/09/02(日) 11:00 ID:AKY

桜音!

次桜音だっけ…?

105:桜音 ◆U4pg:2012/09/02(日) 11:12 ID:jrg

…私!?

106:桜音 ◆U4pg:2012/09/02(日) 11:18 ID:jrg

梓からメールが来てないか!?と、こまめにケータイをチェックする。

「あー!もうっ!梓まだなのっ!」

と、叫んでしまう事もあった。

〜♪〜♪〜♪〜♪〜♪
携帯の音がなった。
私の好きな曲。

「やほ!遅くなってゴメンっ☆ヨロシクねっ!
あと…なんかあったら、すぐ相談してね!
by♪カナ♪」


中途半場ですが、終わりっ!

107:鏡時:2012/09/02(日) 11:32 ID:AKY

つぎ、春様!

108:鏡時:2012/09/02(日) 11:34 ID:AKY

私、今日はもう来れないので私の所は飛ばして下さい!

では、さようなら^^

明日は午後からきます!

始業式なので…。

学校めんどくさい(泣)

↑本心ですw

109:椿:2012/09/02(日) 11:37 ID:/CE

えっ!!!?
まだ夏休みだったの!!?
私もう新学期始まってる…←

110:春:2012/09/02(日) 11:48 ID:Zx2

あ!俺の出番ですかぁ〜、、書きます!

〜次の日〜
今日もまたいじめられるんだろうなぁとか思いながら学校にいく
でも、私に友達が出来たんだ‼
と、登校中はずっと嬉しい気持ちだった
学校につくと麻里たちが待っていた

時間がないので終わりにします!短くてすいません!

111:椿 ◆XZbk:2012/09/02(日) 13:22 ID:/CE

次彼方さん!!
かんばって

112:椿 ◆XZbk:2012/09/02(日) 13:23 ID:/CE

次彼方さん!!
頑張ってください(*・ω・*)ノシ

113:椿 ◆XZbk:2012/09/02(日) 13:23 ID:/CE

すいません。二回も…

114:彼方:2012/09/02(日) 14:41 ID:Bns


「おはよう、香奈〜!
 昨日の子は…どうなった?」

麻里がニヤッと聞いてくる。

教えたら、あの子がー…

そんな不安がよぎり、緩みそうになった
口をきゅっと堅く閉じて、また開く。

「知らない。何で私が知ってるの」

「…っ、使えない奴。」
後ろに居た雪亜が私を睨むので
私も睨み返した。

「まぁまぁ、雪亜。良いじゃん
 知らないって言ってんだからさあ」

「えぇ〜?だけどぉ…」

「もし…嘘だったらー…分かってるもんねぇ?」

嫌な笑みを向ける麻里に私は無視をした。

115:彼方:2012/09/02(日) 17:08 ID:Bns

これからは、無駄レスはなくしていきましょうか♪
例えば、「次は○○ー」とか。

これに賛成の方はこれに対してのコメは
必要としませんので、そのまま書き進めて下さい♪

116:桜音 ◆U4pg:2012/09/02(日) 20:36 ID:jrg

キーンコーン カーンコーン

チャイムが鳴った。

「あ、授業始まる。じゃ、またあとで。」

麻里は、『フッ…』と笑いながら、席に座った。

「私が…梓を守らなきゃ!」

そう思いながら、自分の席に座った。

続く

117:椿 ◆XZbk:2012/09/02(日) 20:47 ID:/CE


+++++++++++++++++++++

「これでSHRを終わる。委員長、礼を。」

「はい。…起立、礼!」

「有難うごさいました」


委員長のはきはきした声と共に、学校が終わった。

でも、いじめは終わらない。


麻里が、数人連れて私の所に来た。


「…何よ?」

「何って…決まっているじゃない♪アイツはどこ?」

にこやかにいう麻里だか、目は笑っていない。

「知らない」

「知っているでしょ?」

「知らないっていっているじゃない!」

ねちねちうるさい麻里に、私は切れてしまった。

118:鏡時:2012/09/03(月) 12:10 ID:AKY

続き書きますね☆(椿の)

「何それ!生意気なやつ!」

麻里じゃなく、雪亜が怒鳴った。

「生意気でごめんなさいね!」

私も負けずに怒鳴った。

「2人ともやめてよ〜。私のプライドに傷がつくわ。」

麻里が最初は優しく、後はきつく言った。

「ごめんねっ、麻里〜。許してぇ〜。」

雪亜は甘い声で麻里に謝った。

『…ぶりっこ女。』

私は心の中で呟いた。

もういいや、帰ろう。

そう思った瞬間、ガラッとドアが開き、女の子が入ってきた。

誰だ、こいつ。

ふわふわの髪で、ショート。

けっこうカワイイ系の女子。

「私っ、隣のクラスに転入してきた星川です!よろしくっ。」


そう言い放ち、女子は出て行った。



新キャラ

星川 芽里ほしかわ めり

隣のクラスに転入してきた。

かわいい。

119:鏡時:2012/09/03(月) 12:39 ID:AKY

おちます☆

120:鏡時:2012/09/03(月) 13:05 ID:AKY

来ました^^

誰かいますか?

椿の次は春様ですよ。

スミマセン、順番がゴチャゴチャしてしまいました。

次、春様です。

その次、彼方様です。

そこからは最初と同じです。

121:桜音 ◆U4pg:2012/09/03(月) 13:26 ID:jrg

春ー!
頑張れー☆

122:鏡時:2012/09/03(月) 13:32 ID:AKY

春様、バトンタッチです!

123:鏡時:2012/09/03(月) 14:45 ID:AKY

〜♪〜〜♪

124:鏡時:2012/09/03(月) 15:13 ID:AKY

おち☆

またすぐ来ます☆

125:桜音 ◆U4pg:2012/09/03(月) 15:58 ID:jrg

〜♪〜♪

126:花 いじめ:2012/09/03(月) 21:23 ID:iIw

「そうなの?クラスには馴染めた?」

「いえいえまだまだですっ!」

彼女はなぜか緊張していた

「後で校内案内したあげるからあなたのクラスの方に行くね」

「はい!うれしいです!」

彼女はまだ緊張していた

「フフッそんな緊張しなくてもいいじゃないリラックスリラックス」

「はい!!」

127:椿:2012/09/03(月) 21:50 ID:/CE

>>126
え…?

128:鏡時:2012/09/04(火) 15:31 ID:w8g

椿

たぶん、スレを間違えたんだよ。

でも謝らないってちょっとヒドイよね…。

私は許すけどっ

129:椿 ◆XZbk hoge:2012/09/04(火) 15:46 ID:/CE

>>128
そだね〜まぁ、いっか!←

130:花 いじめ:2012/09/04(火) 19:25 ID:Gqg

「ねぇ友達にならない?」

「はい!!うれしいです!」

「敬語は禁止だよ〜」

「はい!」

「敬語は禁止」

「あっ…すいま…ごめん」

「名前で呼びあおうね私達友達なんだからねっ芽里」

「は…うん!!香奈ちゃん」

131:花 いじめ:2012/09/04(火) 19:42 ID:Gqg

私はまた暖かいなにかを感じた

「は〜い仲良しごっこは終わり」

いきなり麻里が言った

「はぁ??あんた何言ってんの?」

芽里はさっきとはまったく違う声で言った

芽里は麻里に黒板消しを投げた

「ゴホッゴホッ」

「今のうちに早く!!」

「うん!!」

132:椿 ◆XZbk:2012/09/04(火) 19:45 ID:/CE

>>130>>131
え、また…?

花さん、書くところを間違ってますよ?

133:鏡時:2012/09/05(水) 06:18 ID:w8g

でも…名前が麻里ってことは。。。

もしかして小説を書きたいんじゃないのかな?

けっこう小説上手だし…。

ま、いっか(^v^)

134:つばき:2012/09/05(水) 06:22 ID:i-ql6

書きたいなら、一言欲しいな。。。

135:花 いじめ:2012/09/05(水) 21:04 ID:N0Q

すいません書き込みしたかったんですがずっとエラーで書き込みできませんでしたすいません(T−T)
また小説…書いていいですか?
ちなみに小説はこれがはじめてです

136:桜音 ◆U4pg:2012/09/05(水) 22:03 ID:jrg

花さん> 良いですよ!

137:椿:2012/09/05(水) 22:04 ID:/CE

私も良いと思います!!^^

138:桜音 ◆U4pg:2012/09/06(木) 16:22 ID:jrg

次は…誰だ?

139:鏡時:2012/09/06(木) 17:50 ID:w8g

次は彼方様だっけ…?

春様だっけ…?

140:彼方:2012/09/06(木) 17:52 ID:Bns

春様ですよー

141:桜音 ◆U4pg:2012/09/06(木) 17:54 ID:jrg

続きを待とう!
気長にねっ(*`Д´;*)/

142:鏡時:2012/09/06(木) 19:47 ID:w8g

桜音

だよねぇ〜。

うち、自分のスレにいるので^^

うちの番だったら呼びに来て☆w

「ラブ×ライバル」

だよ^^

「」はつかないよー

143:春:2012/09/06(木) 20:22 ID:Zx2

すいません!!今日はとばしてください!!

144:花 いじめ:2012/09/10(月) 22:21 ID:kZA

最近レスありませんねー
また私が小説書いちゃおうかなー?

145:鏡時:2012/09/14(金) 18:55 ID:w8g

あ、続き書きますよ!?

誰も来ないし…。

書いちゃいますね♪(彼方様、とばしてごめんない!)

香奈目線


「芽里、ありがとう。」

「ううん、いいの!ああいう人、きらいなタイプだから!」

私は芽里に礼を言った。

それにしても…芽里はテンションが無駄に高い気がする…。

さっきだって勝手に教室入って来て狩る手に自己紹介…。

ま、いっか。

ピピピピッ

ん?

あ、私のケータイが鳴ってたんだ。

私はポケットに入ったケータイをとりだした。

メールの差出人は…梓だ!

「ちょっとゴメン、メール来たから!」

私は芽里に謝り、別の場所でメールの内容を見た。

[       カナへ♪

 あのさっ、今から遊べる?
 あと…少し話したいことがあるから!
 急でゴメンね(*^^)v         ]

だった。

話したいこと…?

何だろう…。

私は芽里の所に戻り、「ゴメン、急用できたから明日会おっ!今日はホントにありがとう!」と言い、その場を後にした。

146:鏡時:2012/09/14(金) 18:57 ID:w8g

あ、145の香奈目線から5行目の

狩る手に自己紹介…。

ではなく、

勝手に自己紹介…。

です!

ゴメンナサイ…。

147:tmDmTEMYYUr hollywood777@yandex.ru:2012/09/16(日) 20:43 ID:0SI

Was ttoally stuck until I read this, now back up and running.

148:花 いじめ:2012/09/17(月) 01:26 ID:4Ko

あっちなみに私の番は最後でいいですよー

149:みんみん ◆/dSc:2012/09/29(土) 11:18 ID:056

入りたいです。

150:たにかのん:2012/09/29(土) 12:39 ID:ZRw

やってもいいよ

151:花 いじめ:2012/10/19(金) 22:00 ID:40E

書きますよ


梓から呼び出し何だろう


私は何か胸で嫌な予感がした


まさか梓と麻里があんな関係だったなんて今は知る由もない




香奈「梓!何?よ…うじって…」


そこにあった光景は信じられない物だった…

152:鏡時:2012/10/25(木) 15:50 ID:XeQ

書きます♪


私が見た光景は梓が麻里たちにいじめられている光景だった。

梓は苦しそうに抵抗をしている。

「ほら!!あんたのお友達、香奈ちゃんだよ〜。」

麻里は見下すように言った。

梓は雪亜に蹴られている。

顔や手足にはアザがいくつもあり、とても痛々しかった。

私はこんな光景を目の前で見せられ、勇気を振り絞った。

「何してるの!?」

すると梓は

「ダメッ、香奈は来ちゃいけな「あはははっ、良かったね〜香奈!次のターゲットが梓になって。」

麻里が梓の震える声を遮った。

な…んで…?

何で梓が麻里たちに…?

「あ、メール本気にした!?あれ、うちらの嘘メール!あんたに梓のいじめられてる姿を見て欲しくてね〜。」

私はふつふつとはらわたが煮えくりかえった。

その時、私の心は怒りで溢れていた。

「…るさない…。」

「はぁー?お前声ちっさいんだよ!」

麻里と雪亜は私を睨んだ。

だが、私の言葉は消えない…!

「ゆるさないって言ってんのよ!」

一瞬、雪亜と麻里はポカーンとした表情を浮かべた。

だが、そう思ったのもつかの間。

「お前がうちらに口答えする権利なんかねぇんだよ!」

麻里は必死で言い返してきた。

…権利?

権利なんて関係ない!

私だって一人の人間だ…!

153:鏡時:2012/11/13(火) 18:36 ID:Hac

書き込みないなぁ…

154:鏡時:2012/11/28(水) 17:32 ID:Hac

ぜんっぜん書き込みないなぁ…。

155:kairi:2012/11/28(水) 18:19 ID:kwE


きゃぁ〜おもしろぉい!

続きが楽しみです!


書き込む 最新10 サイトマップ