リレー小説書いちゃおう★

葉っぱ天国 > 小説 > スレ一覧 [書き込む] Twitter シェアする? ▼下へ
1:理沙♪ ◆XL8M:2012/09/05(水) 21:38 ID:0Hg

リレー小説書いちゃおう★
ってなわけで…五人くらいで書きましょう。
書きたいな〜と思った方はぜひぜひ私にお知らせ下さい!

できたら恋ものがいいです!

2:桜音 ◆U4pg:2012/09/05(水) 22:01 ID:jrg

リレーって事も、5人って事も私のスレと同じw(・ω・`)

3:理沙:2012/09/06(木) 07:01 ID:0Hg

そうなの?
ごめんね!
知らなくて…

4:りさりん☆ ◆XL8M:2012/09/06(木) 15:20 ID:0Hg

募集中だぉ〜☆★☆★

5:りさりん☆ ◆XL8M:2012/09/06(木) 16:31 ID:0Hg

だれもきてくれなさそうだから私がてきとーにかきます☆
続き良かったら誰か書いてくださいねぇ〜っ♪


登場人物♪
早川 唯 はやかわ ゆい
明るい性格の女の子☆
友達もたくさんいる!
恋のライバルもたくさんいる!
龍くんのことが大好き♪


長瀬 龍 ながせ りゅう
元気な男の子☆
すっご〜いモテる!
いっつも女子に囲まれている。


中村 安奈 なかむら あんな
龍の幼なじみ
龍のことが好き☆
いつも龍と一緒にいる。
唯とは恋のライバル!

6:彩花:2012/09/22(土) 14:44 ID:dUI

こんなワタシごときですが、続きかかせてもらいます。
リレー小説初めてなんで、なんかおかしいとこがあったら教えてください。
では始めます!

「ふわ〜よく寝た。」
私、早川唯。今日から中学生。
私は、そこにある目覚まし時計を見た。
「うわ!もう8時!」
制服を着て走り出す。
玄関先にある鏡を見て、
「なかなか似合うじゃん」
と、つぶやくいてから、もう一度走り出す。
「もう、どうしてこういう時にかぎって誰も起こしてくれないの!」
「やっべー遅刻だよ!」
向こうからすごい勢いで同じ学校の制服を着た男子が走って来る。
(ていうか、向こうから来るってことは、全く反対方向じゃん。)
急にその男子とぶつかる。
「もう、いきなり何!?」
文句を言った。その男子は、結構イケメン。
「お前、同じ学校だろ?」
と言って、私の手を握って走り出す。
初対面なのに、遠慮もしないで、大胆。
(このひと、モテるだろな〜)


おたがいに遅刻して始まった最悪の新学期。
この時はまだ気づかなかった。
これが、初恋の始まりだなんて。

恋愛系をかくのは苦手な、(なのに、ラブコメ小説スレッドをノリ気で立てた)こんな私ですが、
記念すべき第一回をとってごめんなさい。
そして、少し遅いですが、よろしくお願いします。

7:Cosmos:2012/09/22(土) 18:12 ID:jtk

「お前ら二人とも、遅刻とはどういうことだ!!」
体育館に着いて早々、教頭先生に怒られた。
ここは体育館の横なのに、声が中まで響く。全校生徒がこっちをむいた。
も〜ついてないなぁ〜。
そう思った矢先、隣にいた男の子が息苦しい言い訳をした。
「俺たち、近所のお婆さんがすっごく大きい荷物を持っていて、ほっとけなかったんすよ。近くまで届けにいくって言ってたから、手伝おうと思ったら国分寺って言ってて。ここ東京なのに...。」
わたし、おかしくなっちゃって。気がついたら一緒に言い訳しちゃった。
「ちょうど通りかかったわたしも手伝うことになっちゃって。二人だったらすぐつくかなって。」
「...じゃあ今日お礼の連絡が入ったのは君たちのことか。ならいいんだ。これからは気をつけるように。」
そう言って教頭先生は去って行った。
ラッキー!!ちょうどそんな連絡が入るなんて!!
「ラッキーだったね。でも、これからどうすればいいのかな....。」
「サボろうぜ!!」
そう言って、男の子はわたしの手を引く。
ドキッっと胸が高鳴る。
手、大きいな〜。
唯は不意にそう思ったのだった。

8:ミルク:2012/09/22(土) 21:50 ID:esY

仲間に入れて〜★!

9:アレン(女だよ):2012/09/23(日) 15:35 ID:nMI

続きかかせてくださぁい

10:Cosmos:2012/09/23(日) 18:50 ID:jtk

いいんじゃないですか?
あと、私書くのやめますね。事情があって...(´Д` )


書き込む 最新10 サイトマップ