+gur+悪魔の宮殿

葉っぱ天国 > 小説 > スレ一覧 [書き込む] Twitter シェアする? ▼下へ
1:+鬼姫+:2012/09/08(土) 14:46 ID:u9I

エピローグ   悪魔   

僕、相良 優雅(Sagara Yuga)は
悪魔と言う存在を信じている。

要るものは要る奴等は絶対に<<要る>>んだ

2:+鬼姫+:2012/09/08(土) 15:27 ID:u9I

第1章  存在


ここは僕の部屋────

薄暗く、どことなく居心地の良い…

僕は今大好きな図鑑を読んでいるもちろん【悪魔】についての
僕がこの図鑑で最も好きなページは、34ページの…

<<パラ…>>
このページだ



1)神
〜飛天族〜
サタン<<satan>>
生身地*イスラエル
 
名は「敵対者」とゆう意味である
天に在ってはルシィファーであり、地に堕ちてサタンである。


かっこいいなぁ…僕もこんな…

                   続く

3:+鬼姫+:2012/09/09(日) 10:19 ID:u9I



悪魔に会いたい────
悪魔になりたい────

僕はp.c(パソコン)で調べる事にする
自分のぐちゃぐちゃな勉強机にp.cを置き起動させる…


    悪魔を呼び出す・契約方法 

東京都 Rさん『悪魔は人の心の中に潜んでいます』

滋賀県 Sさん『契約方法は事情があって言えません。わが身が危険なので…
        自分の命が惜しくなければ悪魔は現れます。
        自分の身が大切なら絶対にしないほうがいいです。
        最期が悲惨ですよ』

        <<命が惜しくないのなら>>

優雅はそれが目に留まった…

「命…」
胸に手を当て何故か悲しい気持ちになった

「い…らないよな…こんな…」

                
                       続く         

4:+鬼姫+:2012/09/12(水) 19:36 ID:u9I

あーん、厨ニ臭くなっちゃったг(´д`)

・・・・・頑張ろう


書き込む 最新10 サイトマップ