ようこそ 『あかしやのアジトへ』

葉っぱ天国 > 小説 > スレ一覧 [書き込む] Twitter シェアする? ▼下へ
1:薊:2012/09/18(火) 11:48 ID:Ums


ここはあかしやのアジト

任務などを果たす極秘アジト

誰にもここのアジトは知られてない

なんとアジトの皆が妖怪なんだ

私は人間と妖怪のハーフ

それは私しかいない

ある日私は何故かここにたどり着いた

私の名前は黒狐京夜久

この世で一番恐れられている妖怪

九尾だ

そんな私には友達や家族などいなかった

ずっと・・・・ずっと1人だった

だけど

このアジトに来て

本当に良かった


「ここ・・・・は・・・・?」

そして私はたどり着く

「あかしやのアジト」に

??「あんた誰だよ」

男の人に話かれられる

「あ・・・・あの・・・・み・・・道に迷ってしまって・・その・・・・」

親戚の人にここに行けばいいと言われたーなんて言えない

だって・・・・・目つき怖いしなんか角生えてるし刀持ってるし!!

鬼だあ・・・・・・!・・・・・

??「・・・お前・・・サトリに言われてきたのか?」

サトリ・・・・ここに行けばいいって言った人

「はい」

すると男の人が土下座した

??「大変お失礼いたしました。まさかあなたが夜久様とは・・・・・」

た・・・・態度が変わった

「いえいえいえいえいえ・・・・顔をあげてください・・・・

ここに住む事になったんですけど・・・・」


??「そうですか!中に入ってください!」

中に入るとそこはお城のようで妖怪たちがいっぱいいた

こんな広いアジト初めて見た

「いっぱい・・・・」

??「申し遅れました。俺は赤鬼院柘榴です(akaoniinn zakuro)」

柘榴・・・さん・・・・

「よろしくおねがいします」

私は一礼をする

赤「では部屋をご案内いたします」

部屋・・・どんなのだろ

「え」

そこには信じられない光景があった

なんと私の部屋は家一つ分あった

「ちょ・・・でかっ」

でかすぎた

赤「では、ごゆっくり(ニコ」


ゆっくりできるわけ・・・

無いじゃない・・・・!!

2:キキ♪:2012/09/18(火) 12:07 ID:Zx2

はわ〜すごいです〜!!尊敬しますデス!!(。-_-。)←!?


書き込む 最新10 サイトマップ