bP【犯人は誰? これから裁判を行います】

葉っぱ天国 > 小説 > スレ一覧 [書き込む] Twitter シェアする? ▼下へ
1:L:2012/09/22(土) 21:23 ID:Ums


ある日俺は、目が覚めると無人の街に着いた

「ここは・・・・うっ・・・!?」

起き上がった瞬間頭痛が脳内に響き渡った

「・・・・確か・・・・俺・・・」

1時間前

俺は殺人鬼に追われていた

理由は全く分からない

だけど黒い髪をして帽子で顔を隠していて赤の血飛沫の色が混ざった白いコートを着ていた
男が俺を襲うとした

そして逃げ道のないひんやりとした風が吹く狭い通路で追い詰められこう言った


「これを持って逃げろ。そして

あのモノクロの世界へ行け」

そいつが俺に託したのはなにやらデータらしい

そして

「さようなら」

拳銃を俺の頭につけ

そして銃声が聞こえた瞬間

俺は倒れた


―ブツン―

そこから何も覚えていない

多分俺は死んだのだろう

「そっか。俺死んだんだ」

ザッ・・・・ザッ・・・・と足音が聞こえてきた

「ん?」

すると背後に白髪の赤い目をした少年がいきなりいた

「うおっ!?」

いきなりだったからつい俺は驚いた声をあげてしまった

「大丈夫。俺は怪しい人でもないし、危険な人でもない」

少年は微笑んで言った



「ここはどこだ?そしてお前は誰だ」

危険な人に違いない

そう思った俺は少年に質問する


「ここはモノクロ世界

そして俺は髑髏」

モノ・・・クロ?

「俺は春樹だ。そしてモノクロ世界とは何だ?」

モノクロ世界はあの男が言ってた世界だ

どんな世界か聞きとらなければならないと思い髑髏に聞いた


「モノクロ世界とは

白と黒の世界。白には俺や春樹が住む所

黒の世界は

≪悪が待っている世界≫

黒の世界には≪犯人≫がいる

そいつは何人も何人もここに来た人を殺している

その犯人を探しだし、探し出せたらそいつを処刑する世界

だけど違う人を処刑してしまった人&その人を処刑すると意見を出した人は処刑される

まあ・・・・ここは何百年もその犯人を捜してるけど

見つからないんだよね・・・・・」



どういう事だよ・・・・!?


だったら俺も死ぬかもしれないだろうが!

でも

やらないとダメだよな

「・・・・俺、探すよ」

俺は勇気をふりしぼり言う

「・・・・ありがとう・・・・

じゃあ

あの【死の寮】で待ってるよ」

髑髏は白いマンションみたいな所を指差す

死の寮って・・・・?


―続く―

2:椿:2012/09/22(土) 21:35 ID:i-UA6

面白いです!頑張ってください!!!!

3:L:2012/09/22(土) 21:47 ID:Ums

椿様
ありがとうございます!


書き込む 最新10 サイトマップ