信じるのは誰

葉っぱ天国 > 小説 > スレ一覧 [書き込む] Twitter シェアする? ▼下へ
1:紗希:2012/09/26(水) 19:32 ID:/P2

あのきれいな夕焼けが見える日に黒いレター届いた。

私宛の。
〜宮崎葵様〜

中身を開けてみると黒い封筒とは正反対の真っ白な紙が出てきた。
私は紙の質感を感じながら、開いてみた。

〜宮崎葵様〜

明日、午後4時30分に××市〇〇公園に来てください。
あなたには10日間そこにある家に居てもらうだけです。
1人だけ残った人に賞金を差し上げます。


少し恐怖感もわいてきた。
でも嘘かもしれない。
事実という可能性も0%ではない.....。

いってみるしかない。
私は考えながらも眠りについていた。 







必要なものをカバンに入れた。
10日間。
なぜ1人だけ....?
残るならあたりまえだ。




腕時計をみると4時を指していた。
母には友達の家に泊まり合宿に行ってくると伝えた。


スニーカーに履き替え家を出た。


あの曲がり角を超えると公園につくはずだ。
4時15分...。ぎりぎりだ。

ここから何が始まるのか。



「...葵!?」

確かに私の声を呼び声が聞こえた。
振り返ってみると.....クラスメートがいるではないか。


書き込む 最新10 サイトマップ