同じ空の下

葉っぱ天国 > 小説 > スレ一覧 [書き込む] Twitter シェアする? ▼下へ
1:ミルク:2012/09/26(水) 23:01 ID:5sk


私の家に
養子として
2人の兄弟が来た。


でも2人の来た本当の意味は――?



恋愛系コメディの
物語を作ります(∩∇`)
一緒に物語を作りたい方いませんか??

2:ミルク:2012/09/26(水) 23:09 ID:5sk


♪゚。・゚♪゚。・゚・。♪


「ん―――」


「玲奈―
いい加減に
起きなさい―!!!」

1階からもの
すごい声が2階まで響く。


(……眠い…)

(ρ_-)


眠くて開かない
目を擦りながら
私は洗面所に向かう



私は
相川 玲奈(16)
高校1年

3:HARU:2012/09/27(木) 19:27 ID:Qsw



顔を洗って
リビングに向かう。

リビングの扉を開くと
ママがキャピキャピ誰かと電話をしていた。



「…………」


私が入っても気付かない。

私の家は
パパはとある上昇企業の社長。そう私は、社長令嬢。ママは、月に数回
茶道の先生をしに行っているが、
パパがあまり
家に帰ってこないから最近ママの行動は見ていられない。


実際家には連れてこないけど、1年前と比べたら
出かける頻度は増えたし 今みたいに
電話でパパには見せない キャピキャピ声で電話が増えたし



本当見ていられない

4:ミルク:2012/09/27(木) 21:22 ID:Gso


続きありがとう★





「お母さん……」


「あらいたの―
ご飯はキッチンに準備できてるから♪」


ママはそう言って
携帯を片手に
リビングを出ていった。

5:ミルク:2012/09/27(木) 21:28 ID:Gso



キッチンには
冷めたパンと生温かいスープ



「………ママ…」


別にマザコンではないけどママの愛が私にではなく 私の知らない人に向いて

一人取り残された気分。


パパは仕事だし
ママは愛人


私は―――――

6:ミルク:2012/09/27(木) 22:03 ID:58w




「玲奈じょ―何―?
テンション低くない?!」



学校に行くと
髪の毛金髪の姉ちゃん
事私の友達の
向井 智(ムカイ トモ)
通称 トモチン

が話しかけてきた


「なぁぁんも―」

「何もって顔じゃないじゃん―」


「……いろいろあるの―…」


「へぇ―
お嬢様って悩みあるんだぁ―」


「いやお嬢様だって普通の人間だし…しかも…
棒読みだったし―!」



「エヘ☆」



「プッ―!
エヘじゃないわよも―!
トモったら―」


「玲奈―笑った―」

7:ミルク:2012/09/28(金) 20:54 ID:9iw



本当だ―
私って家にいたら全く
笑わない


だから今久しぶりに
笑った気がする

8:ミルク:2012/09/28(金) 20:59 ID:Mgg




授業はまともに受け
学校生活はあっという間に時間は過ぎる



「玲奈―今日どっか寄ってこ!」


「うん☆!」



トモと私は放課後
繁華街に立ちよった


書き込む 最新10 サイトマップ