好きだと伝えたくて

葉っぱ天国 > 小説 > スレ一覧 [書き込む] Twitter シェアする? ▼下へ
1:和花:2012/10/05(金) 17:11 ID:8dw

私は鮎川優(あゆかわすぐる)。

小5の夏休みに大阪から東京に引っ越した。

うまくクラスに馴染めれたらええんやけど…。

と間もなく教室の前についた。

「6年1組…」
「そうだ。ここが鮎川のクラスだ。みんないいやつばかりだから安心しなさい」

50代前半くらいの担任の先生が、私の少しうねったショートカットを軽く抑えた。

「はい」

素直にうなずいた。


「おーい、席に着けー。転校生だぞー」

先生の後についていく。

「黒板に名前をかいて、自己紹介して」

カッカッカッ、と黒板に名前をかいた。

「え…と…。大阪から来ました。鮎川優です。ゆうではありません。よろしくお願いします」

パチパチパチパチ…

「よろしくー」
「仲良くしよー」

本当にいいクラスだ、と思った。

半年間、楽しくなりそうだ。

―続く―


書き込む 最新10 サイトマップ