飛鳥~中学生です~

葉っぱ天国 > 小説 > スレ一覧 [書き込む] Twitter シェアする? ▼下へ
1:みさ:2012/10/07(日) 21:09 ID:Xfk

あの夏私は引っ越した
この飛鳥(あすか)と言うのどかな村に……

主な登場人物

・羽鳥 亜朱架(はとり あすか)女(12)
・塚元 賭留(つかもと かける)男(13)
くらいかなw
友達とかはその時教えます。。

2:みさ:2012/10/07(日) 21:30 ID:Xfk

ざわざわざわざわ
朝休みのときの教室は騒がしい
『ガラガラッ』
先生が入ると皆の目線がこっちに集まる
先「えー…今日は転校生を紹介する」
亜「あっ!えと…東京の●◇区からから来ました
羽鳥 亜朱架です」くり色のツインテールの髪が地面につきそうな位お辞儀した

3:みさ:2012/10/08(月) 07:48 ID:Xfk

先「今日は転校生を紹介する」
亜「あ、えと…東京の●◇区から来ました羽鳥亜朱架です」『ペコッ』


シーーーーン

(私なんか変なこと言った!?滝汗)
すると、一人の女の子が叫んだ

「飛鳥っ!」
亜「へ?」
「この村と同じ名前!」
亜「あぁ、うん」
先「コラ野宮!勝手に話すんじゃない
羽鳥は席にすわれ
野宮の後ろだ。」

4:みさ:2012/10/08(月) 07:51 ID:Xfk

スイマセン
3のシーーーンってなった所からでした……
上の自己紹介の所は2でかいたやつにしてください。。

初心者なもんで、、、

5:みさ:2012/10/08(月) 08:20 ID:Xfk

席にすわるやいなや
野宮さんは回れ右をして
聞いてもいないのに自己紹介をし始めた。
「あたしは野宮、日向(のみや ひなた)っていうの
日向って呼んでね、、」

日「それで、あたしの隣は
泉、秋生(いずみ あき)

アスカの隣は
塚元、賭留(つかもと かける)
あたし達三人とも呼び捨てでいいから」

秋「何でお前が言ってンだよ!!
いいけど!」

賭「うぜぇし、うっせぇー」
亜「プッ 」

秋・日「「笑ったー!!」」
賭「うせぇーーーー!!!」

先「二班静かにーーーー!!!!」

6:みさ:2012/10/08(月) 08:50 ID:Xfk

キーンコーンカーンコーン

「「「「「休み時間だぁぁぁぁ」」」」」
私は指で耳栓をした。
37人のうち35人がそう叫んだ
私とカケルは耳栓
(この声、、まともに聞いたら耳の鼓膜破れるな…ぜったい!!)

日「ほら、ボーッとしてないで行くよ

亜「えっ!?何が?」
ヒナタに手を引っ張られる片手でスケッチブックを取って走ってついていった。

日「こっちこっち!」
カケルとアキは普通についていく

運動場に出ると校舎の裏に回って大きな木の前で止まって
その木をスイスイ登りはじめた

(えぇ!?私スケッチブック持ってるし、木とか登ったことないしムリだよー)
登らないでいるとカケルが

賭「スケッチブックかせ。
順番に木の枝に足をかけていくと登れる」
そういうと片手で木を登りはじめた

(スゴッ!私も登らないとな……)
カケルが言った通りに登るとスイスイ登れた

一番高い所にアキ
その下にヒナタでその斜め下にカケル、その下に私という順番だ

私はカケルに渡してもらったスケッチブックを開くと
景色をかきはじめる
……………………
……………………
カ……………
ア…カ………
ヒ「おーーい!!アスカーー!」

私はいつの間にか自分の世界に入り込んで絵を黙々とかいていたみたいだ

亜「わっ!!」ズルッ

(落ちるっ!!)

7:みさ:2012/10/08(月) 09:17 ID:Xfk

亜「きゃーーー」
日、秋「「アスカァァァーーー」」

賭「バカッッッ!!!」
とだけカケルが言うと

自分の座っていた木の枝から私がさっきまで座っていた木の枝にとびうつり
その枝を手でつかんで自分も宙ぶらりんのまま片方の手で私の手首を掴んだ

………………………………………
『バサバサバサァーー』
スケッチブックが下に落ちる

カケルは片手で木の枝に乗ると両手でアスカを引き上げた。

……………………………………
賭「バカァァァ!!!」
亜「へ?何」……
賭「お前この高さから落ちたら骨折だぞっ!?
もしかしたら、死ぬかもしれねぇのに……」
その後は何を言ったのか分かんなくて
きずいたら保健室にいた。。

隣のベッドにはカケルが寝ていた
その時はじめて何が起きたか分かった…

(私死ぬとこだったんだ…… )
そしてカケルの顔を見てもうひとつ思った
(私、転校初日からやらかしちゃったな…。)

8:みさ:2012/10/08(月) 19:36 ID:Xfk

一方教室では
「塚元くんと羽鳥さんいないねー」
「マジかよ!デート?」
「ンなわけないでしょ!」
「うるせー 女子は黙ってろ!」
「なによーーあ、先生!!コイツうざいでーーす!」
「はぁ!?」
ガヤガヤガヤガヤ
先「えぇー…皆さんに報告です
羽鳥さんと塚元くんはケガをして今保健室にいます。
いつも通り授業を始めるので教科書の用意を……」

日「ヤバイことなったね……」
秋「あぁ………」

9:みさ:2012/10/09(火) 18:42 ID:Xfk

ちゃんとしていなかったのでもう一度登場人物紹介

◆主人公◇
羽鳥 亜朱架

中学一年の12歳。
絵を描くことが好き
長い髪をツイテールにしているのが特徴
東京の都会から引っ越してきて
慣れない田舎に悪戦苦闘中

塚本 賭留

中学一年の13歳。
大体無口 運動神経と頭は良い
うるさのが嫌い

野宮 日向

中学一年の12歳。
とにかく元気!中学に入って勉強がヤバイ
短めの髪にピンをしている

泉 秋生

中学一年の12歳。
セリフが少ない、影が薄い
ゲームが趣味
未来のことは一切考えていない

10:みさ:2012/10/12(金) 19:42 ID:Xfk

♪キーンコーンカーンコーン♪
皆がこっちへやって来た
「ねぇねぇ!日向理由知ってるんでしょ?」
「マジかよ秋生教えろよ!」
「お願ーい!誰にも言わないから〜」
「ちょとぉ!それずるいよー」
「そーだそーだ!!」
「何よーあんたたちには関係ないしー」
「うぜっ!」
「マジそれ」
『プチンッ!』何かが切れる音がした

日・秋「「うっるさいわぁぁぁー!!!!」」
………………………

11:みさ:2012/10/13(土) 22:35 ID:xRs

♪キーンコーンカーンコーン♪
『ガラガラッ』保健の先生がドアを開ける
保「二人とも、大丈夫?」
亜「はいっ!」
賭「大丈夫です。。」

12:みさ:2012/10/14(日) 12:03 ID:xRs

保「では、もうそろそろ教室に戻って下さいね?」
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
(気まずい……)
(あれから私とカケルは教室に帰ることなったんだけど…
どうもこの学校はA校舎、B校舎、C校舎に別れているようで
一番古いのがA校舎、で一番新しいのがC校舎。(全部の校舎は渡り廊下で繋がっている)
保健室はA校舎の一階、私達のクラス【1ー6】はC校舎の三階、、
さっきから私は「この学校広いね」など話題を作ってるんだけど
この通りよ…)

13:ききらら:2012/10/14(日) 14:07 ID:cnc

こちらも来ましたぁ!
どっちも上手すっね!^ ^ψ
なんか、和む感じがする。


書き込む 最新10 サイトマップ