しっかり者の少女と猫かぶりな少年

葉っぱ天国 > 小説 > スレ一覧 [書き込む] Twitter シェアする? ▼下へ
1:百合 ◆Hzbg:2012/10/14(日) 13:20 ID:nDw

表はしっかり者で頭がいい少女

表は猫かぶりで頭がいい少年


さて、裏では?

どうも、駄作率がもとすごく高い百合です
ルールは
荒らし禁止
こんな駄作でも感想を頂けたら光栄です

こんな感じです♪よろしくです

2:モネ:2012/10/14(日) 17:54 ID:ZH6

頑張って下さいっ!

3:百合 ◆Hzbg:2012/10/15(月) 20:30 ID:DMM

登場人物

名前 相沢 咲 (あいざわ さき
年齢 14
性格 表ではしっかり者で成績優秀、運動神経ばつぐん
   男女にもてているあこがれの的、S
   悠理だけにはMになってしまう、照れ屋
   生徒副会長

名前 小鳥遊 悠理 (たかなし ゆうり
年齢 14
性格 表では猫かぶり、成績優秀、運動神経抜群
   みんなからの評判もいい、猫かぶり君、表では基本笑顔
   裏ではドSで意地悪で腹黒WW
   生徒会長

次から小説書いていきます
モネさん、駄作ですがよろしくです♪

4:百合 ◆Hzbg:2012/10/18(木) 15:41 ID:9Yk

では書きます!

第一章 こんなやつと!?

「咲−!ここおしえてくれる?」
「いいわよ、ここはね……」

私の名前は相沢咲、生徒副会長でクラス委員長
いまは友達に勉強を教えている最中なの

「副会長ーいるー?会議が今からあるんだってー」
「会長、今日は会議がないはずでは……」
「いきなり会議が入ってきたんだってー」

こいつは小鳥遊悠理、生徒会長、
なんでこいつが生徒会長って私は毎回思う、この猫かぶり野郎が

「はぁ……じゃあいきますかね…」

ついでにこいつは嘘をつくのもうまい
どうせ今回の会議も嘘、会議とゆう名の遊びでもするんだろうか

「じゃあ行くよー」

大体こいつが何を考えているかが分からない
こいつは表情を顔に出しにくいやつだから

「危ないよー咲」
「は?った!!」
「ボーっと歩いてるから壁にぶつかるんだよ」
「呼び捨てするな」
「あれー?会長には敬語なんだよー?」
「呼び捨てしないでください、生徒会長」

めんどくさい、なんでこいつに敬語を使わなければならないのだ!

ぶつぶつ考えたまま生徒会室に行った私

これからなにがあるか、知らないのにのこのこついていった私

5:百合 ◆Hzbg:2012/10/18(木) 20:25 ID:9Yk

続き書きます

私と悠理、二人で生徒会室に入ると、

担任の先生、沖田先生と、
私の親がいた

「咲、いきなりで驚くかもしれないけど、悠理君をうちで引き取ることにしたの」
「へー…はぁ!?なんでそんなことになっているの!?」
「悠里君、親をなくして、今1人なのよ、だから母さんが引き取ることにしたの、
 いきなりでごめんね、でも驚かないでね」

いやいや、そんなもん誰でも聞いたら驚くわ!
こいつと一緒に住めと?無理無理無理

「会長はそれでいいのですか?」
「僕は引き取ってもらえるならどこでもいいですよ」

でた、猫かぶり、笑顔で言うな!

世間のみなさん、この猫かぶりに騙されないでください!

「あらまぁ、いい子ね〜」

うちの親確実に騙されているし

「まぁいいんじゃない?」

どうせなにを言っても母には分からなさそうだし

「そう言ってくれると思ったわ〜じゃあ帰りは一緒に帰ってきてね」

にっこり言いながら足早に去っていく母
それに続き帰っていく先生

厄介事になったわ……

でも、みんなにばれないようにしなくちゃ…

めんどくさいことになる前に…


書き込む 最新10 サイトマップ