今日は何の日

葉っぱ天国 > 小説 > スレ一覧 [書き込む] Twitter シェアする? ▼下へ
1:Cosmos:2012/10/16(火) 16:25 ID:jtk

どうも。Cosmosです。

規則
荒らしは来ないでください。来たらアク禁依頼を出します。
私以外は誰一人このスレッドに書き込みしないでください。
以上の二つを規則とします。ご協力、よろしくお願いします。
では始めましょう。

2:Cosmos:2012/10/16(火) 17:19 ID:jtk

寒い...

灰色の雲が青空を隠し、吹雪が強くなっていった。

その中に一人たたずむ、人影。それは少年だ。まとっている布をなびかせ、颯爽と歩いて来る。少年の名は...。
__________________________________________________

「お兄ちゃん、ありがとー!! また来てね‼ 」

黒にほんのり茶色が掛かった髪に、ピンクのワンピース。えくぼの可愛らしい、幼稚園児だ。

お兄ちゃんと呼ばれた青年は明るく、おう!! と答え、セットを片付けにその場を離れる。

「おい、ダイナ〜。おせーよ。危うくレミに殺されるところだったんだぞ。」

ダイナ。それがWお兄ちゃんWの正体だ。
そんなの考えれば誰にでもわかるって?大事なことを教えよう。それは推理がを口に出すことさ。俺は管理者(ゲームマスター)の...Cosmosとでも名乗っておこう。主人公はダイナだが、俺のこともよく覚えとけ。

「イチカくん、そういう言葉は園児の前では慎んでくださいね。」
「はーい。」

イチカは素直に返事した。
_____________________________________
「また来ます。ありがとうございました。」

三人はお辞儀をして帰って行く。
さあ、時間が出来た。とりあえず紹介でもするか。俺の事は、先ほども言ったようにCosmosと呼んでくれ。覚えてたか?

さて__まずはダイナ。あいつは、世の言うWフルネームWでいうと、井垣 抬那で、いがき だいな だ。

二番目に出てきたレミ。フルネームは、古星 麗美で、こほし れみ だな。そろそろこのフレーズも飽きただろう。

三番目にはイチカが出てきたな。名姓は、にいじま いちか、新島 壱鹿。女みたいな名前だろ。

おっと、お前らは人の名前で笑っちゃいかんぞ。お前らは心があるだろ。俺には無い。俺は記憶(メモリー)を消したければいつでも、いくらでも消せる。だが、お前たちは記憶(きおく)操作は出来ないだろ。忘れたくても忘れられない。だから人の悪口は言ってはいけない。

ネタバレのありそうな話はここまでにして、本編に戻ろう。

Let's START !!!

3:Cosmos:2012/10/16(火) 17:30 ID:jtk

フリートーク版に以下のスレッドを作りました。
宜しければ来てください。お待ちしております。

スレッド名: 今日は何の日・感想、アドバイス、雑談
URL: http://ha10.net/test/read.cgi/frt/1350375966/l50

それでは、よろしくお願いします。

4:ニャン吉:2012/10/16(火) 18:57 ID:mww

面白そうな予感!!(✛U✛)ノ
ここにたまに来ていいですか?

5:Cosmos:2012/10/16(火) 20:34 ID:jtk

ニャン吉さん、たとえ読者様であっても、規則を簡単に破るのはやめてください。
私以外が書き込みしないでと書いたはずです。

皆さんも絶対にやめてください。フリートークに専用スレッドを作ったんですからそちらに行ってください。
常識、わかりますか?規則っていうのは守るために、守ってもらうために書いたものです。

6:Cosmos:2012/10/17(水) 17:25 ID:jtk

さあ、今宵も始まる黒い夢。貴方が今見ているのは、本当に現実ですか?

Let's START !!!
_________________________
「ああ、可愛かった。」

俺は井垣 抬那っていうんだ。え、知ってる?超能力者かよ...じゃあ俺たちの物語を楽しんでくれ。

「あの子達って天使よね。」

麗美はそう言って、うっとりとため息を吐いた。

三人は由緒正しい私立ペンラルト学園の学年委員長達である。

麗美は一年、壱鹿は二年、そして抬那が三年である。

「明日ってありましたっけ、老人ホームの掃除。」

壱鹿は、やる気を感じ取ることが出来ない、ふぬけた声で抬那に聞いた。

答えたのは、麗美だった。
「先輩、そんなのも覚えていないんですか? 明日はフラニモケイン教会で歌うんですよ。」

彼らは選ばれてから日々、先生たちに扱(こき)使われるようになっていた。それぞれには長所短所がある。

抬那は心が広い。それが長所だが、短所は極度のお喋りというところだ。

逆に壱鹿は心は狭いがけじめはしっかりなっている。

麗美はなんでも記録するところが、長所であり短所でもある。

歌う、というのを麗美は、スケジュール帳を見ながら答えていた。
_________________________
さて、物語(ストーリー)は始まったばかり。

これからどんな進行をするかは、あなた次第かもしれません。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
これから度々投票を行うと思います。
読者様方は、是非ともご参加ください。

次のストーリーの場面として相応しい(ふさわしい)と思うものを選んでください
A. 公園
B. 学校、教室
C. 学校、体育館
D. フラニモケイン教会
※投票はW必ず、>>3のフリートーク版Wに書き込み下さい。
ここに書き込むのはW絶対やめてくださいW

ご協力お待ちしています。


書き込む 最新10 サイトマップ