友情崩壊

葉っぱ天国 > 小説 > スレ一覧 [書き込む] Twitter シェアする? ▼下へ
1:夏美:2012/10/16(火) 18:12 ID:8dw

私は石津菜穂(いしづ なほ)。

昨日から小学校5年生。

小さいころから仲の良かった、ちーちゃんこと佐々木千波(ささき ちなみ)ちゃん
とおなじクラスになれたしハッピー!

そして親友の亀田成美(かめだ なるみ)とも同じクラスになれたし。うれしーっ。

「菜穂ー」
「今いくー」

一年間楽しくなりそう。


続く。



こんな感じです。これはフィクションなんですが、事実をもとにしています。

感想orアドバイス、受け付けています。

2:ききらら:2012/10/16(火) 18:22 ID:cnc

夏見さんはじめまして!
友情破壊面白くなりそうですね。
私も、小説描いてます。
アドバイス出来るか分かりませんが
頑張ってください \(´∀`*)

3:あいか:2012/10/16(火) 18:41 ID:y5g

友情壊れたらいじめとか…まっ頑張ってください!!

4:夏美:2012/10/17(水) 06:46 ID:8dw

ありがとうございます。

頑張りますっ。

5:夏美:2012/10/22(月) 07:29 ID:8dw

遅くなりました



キーンコーンカーンコーン…

「起立。礼」
「おはようございます」
「着席」
小4の時と変わらない、朝の挨拶をした。

「今日は、転校生が来ます」
先生が言った。
「入ってー」

入ってきたのはショートカットで元気そうな女の子だった。

「瀬尾 純花(せのお すみか)です。」

「じゃあ瀬尾さん。あの席に座ってくれる?」
「はい」

あの席とは、ちーちゃんの横だった。

(ちーちゃん、いいなー)







昼休み。

ちーちゃんが瀬尾さんを連れてきた。
「仲良くなりたいんやって」

ちーちゃんは関西出身のため、関西弁になる。

「純花ちゃん…だっけ?友達になろ」

握手を交わした。




続く

6:夏美:2012/10/24(水) 13:06 ID:8dw

「何処から来たの?」
「福岡の博多」
「それにしては博多弁じゃないね」
「博多にいたのは2ヶ月ぐらい。その前は新潟に住んでた」

「菜穂ちゃん自己紹介してないっ」
「あ、そだった。えーと…。石津菜穂です。こっちの子が亀井成美。なるって呼んであげて」
「わかった」

純花ちゃんがニコっと笑った。

つられてみんなが笑った。

「今日は次の授業で終わりやけど、次テストやで」

ちーちゃんが言った。
「うそおっ」
「小4の復習テストやからそこそこ難しないで、安心し」
「そんな余裕何処にあんだよおお。羨ましいぜ、佐々木っ」

男子も加わった。

キーンコーン
「うわぁおあぁぁぁぁ」

チャイムが鳴った。

「みなさーん、テストを行いまーす」

テストが始まった。


書き込む 最新10 サイトマップ