もしも君が。

葉っぱ天国 > 小説 > スレ一覧 [書き込む] Twitter シェアする? ▼下へ
1:姫♪ ◆NLsI:2012/10/20(土) 11:14 ID:Zm.

はい、毎度お馴染み駄作者姫♪でございます。
なんかあれですね、既存の作品にありそうなタイトルですが、完全オリジナルで。

えー、ルールは簡単です。

1・雑談禁止。ていうか書き込み禁止。
2・http://ha10.net/test/read.cgi/frt/1348838144/l50感想やらなんやらこっちでお願いします。
3・私が頼んだ分の、アドバイスとかも↑でお願いします。
4・荒らしとかやめて下さいね。泣きますよ、俺。
5・ちょっと死ネタ含まれますので、苦手な方は即Uターンで。
6・ルール、厳守でお願いします。

えー、それでは誰も待っていない、駄作小説スタートです。

2:姫♪ ◆NLsI:2012/10/20(土) 11:17 ID:Zm.

prologue


幼馴染っていう、関係に頼りすぎたよね。


嫌でも近くに居れるって思ってるから。


君と離れるなんて想像できなくて。


だからこそ安心しきっていて。




でも、あの日。


私は…



私がいなくなったら、君は泣いてくれるかな?


青い空を仰いで、泣いてくれるかな?




泣いてくれると信じていたいよ。


ねぇ。


わた

3:姫♪ ◆NLsI:2012/10/20(土) 11:22 ID:Zm.

最後の「わた」はミスですので気にしないでください。



第1章


鬼頭 悠馬(きとう ゆうま)。

自分で言うのもなんだけど、正直俺はモテる。


でも、彼女なんてものいたことない。


ずっと好きな子がいるから。



隣に住んでいる、幼馴染。


行橋 夏巳(ゆくはし なつみ)。


夏巳も俺と同じで彼氏がいたことがない。


ずっと隣で見てきたから、わかる。



俺は夏巳のことが好きだ。




付き合ってなくても、ずっと一緒にいれればそれでいいと思ってた。


だから気持ちをつたえる覚悟はしてなかった。

4:姫♪ ◆NLsI hoge:2012/10/21(日) 09:39 ID:Jww


すみません。
これ、かける気がしないので下げます。

5:読者 hoge:2012/10/23(火) 18:48 ID:jtk

了解しました。でも残念です。
その代わり、好きって言っちゃ、いけません。を全力で書いてくださいね!!(^-^)/


書き込む 最新10 サイトマップ