今日、人生終わりました。

葉っぱ天国 > 小説 > スレ一覧 [書き込む] Twitter シェアする? ▼下へ
1:楓葉:2012/10/20(土) 21:00 ID:xxY

毎度毎度、小説が続かない、楓葉ですッ。

ですが、これは頑張っていくのでよろしくお願いしまふ((


人生初のギャグ系小説ッ!!(hshs ←

まあ、恋愛も入ってますが。


*中傷・荒らしはやめてください。*


これを守って、本編GO!でふ((

2:楓葉:2012/10/20(土) 22:01 ID:xxY

―――パアンッ

「じゃ、お大事に」
「いや、待てやぁぁぁ!!」

私を銃で殺した、暗殺者が去っていくのを止めた。
つーか、成仏してねぇんだからな!?

まだ、いるからな!!

心の中でそう訴えると、暗殺者が私の頭を掴んだ。
あの、痛いです・・・

グリグリッと頭を回される。
―――激痛が。

「おい、お前成仏したはずじゃなかったのか」
「いえ・・・なぜか知りませんができませんでした」
「それは、お前が望んでないからだ。だから、さっさと成仏しやがれ」

わー今、カチンときたよー。
うん、もう逝っちゃってくれないかな?((

つーか、こいつめっちゃ口悪いジャン。
もう、笑っちゃうよー

「って、笑えねぇー!」
「・・・成仏しなかったら”これ”読みますよ?」
「あ、それだけはおやめください・・絶対!!」

スライング土下座しても、”あれ”をヒラヒラと見せびらかす。

うっわ。こいつ、超うぜぇ。

あれとは、日記の事。
恥ずかしい言葉が入っているんすよ。

「『夕日に照らされる、君は美しい』」
「ギャぁぁぁぁ!!やめてください!」
「『もう貴方から目が離せない』」
「うわぁぁぁ!!すいませんしたぁぁ!」

今日は、最悪の一日になった((

3:楓葉:2012/10/21(日) 09:14 ID:xxY

「まあいい」
「ほぉー!あっぶねッ!!」

シレーッと私を見る、暗殺者。

あの、怖いんですけど・・・
私に何か恨みがあるんですか!?((

だったら、ぜってぇ成仏してやんねぇかんな!!
ぜってぇだかんなぁぁぁぁ!!

「・・・・早く成仏してくださいよ」

おっ、今決めた事に首を突っ込んだぞ、こいつ。
だがな、私は絶対に嫌だかんなぁぁぁあ!!((煩

すると、日記をこっちに投げてきて、顔面強打。

鼻がぁぁぁ!!折れちまうy((

「成仏してくれなきゃ、任務完了じゃないんですよ」
「・・・馬路ですか!フッ。ざまあだなッ!!」
「・・・・あの、日記全部覚えたんですからね」

え、馬路すか!?

ふいに後ずさりする。
今、『私の危険レーダー』が素早く察知したからな。

――――つーか、この状況何すか。

「ぇ・・・俺の家に連れ込んでるだけですが?」
「そう言いながら、銃を向けるのやめてくださいません!?」

暗殺者は、銃を発射する準備はおk。

これ、打たれて、もう一回―――・・・
あ、死にはせんか。

だって、もう死んでるしな((

「うっし。付いたぞ」
「うぉー!広い!!」
「これは、俺と・・・一応、お前用に作ってもらったんだ」

え・・・一応ってなんですか。
ていうか、誰が作ったんだ。

主語を使わんかぃ!!

頭はよさそうに見えるんだけどな〜
あ、”外見”だから。((

「・・あの、ホモ神様が作ったんだ」
「―――ホモっ!」

笑いを抑えきれなくなり、大爆笑。

それを冷たい目で見る、暗殺者。
わぉ・・怖いな。

「ここが俺とお前の部屋です」
「ん?・・・一緒の部屋なのか?」
「言ってなかったですか?」

うん、バリバッリ言ってなかったよ。((

そして、暗殺者が私をベットに投げる。
いま、痛かった・・(涙


一旦、中止。


書き込む 最新10 サイトマップ