心の重り

葉っぱ天国 > 小説 > スレ一覧 [書き込む] Twitter シェアする? ▼下へ
1:…。:2012/10/21(日) 01:16 ID:ez-V0M

心には誰にでも重りが存在する感情をセーブする重りが…
でもその重り、振り払ったらどうなる?無くしたらどうなる?
きっと、誰もわからない。
重りを振り払えるのは限られたチャンスを掴んで行動した人だけなのだから

2:…。:2012/10/21(日) 01:25 ID:ez-CA2

小学校の頃、近所の学校へ転校した。
たった5分で前の学校の校区。でもただ5分は意外に大きく
一切前の学校の友達とは遊ばなくなった
そして、時は流れて私は中2になりいろんな場所に行くようになった
これは運命なのかな?とあるショッピングモールで
前の学校の男子とすれ違ってしまった、相手は覚えてないっぽいけれど

3:…。:2012/10/21(日) 01:36 ID:ez-mMU

ただの女子同士の雑談、今日は少し違っているけれど

「ねぇ彼奴キモくなってね!?」

すれ違って数分後フードコートに腰をおろすと
同じ学校から転校してきた友香が先に言い出した
やっぱり気づいてたのか…私より後から転校してきた友香は顔を覚えられてたようで
何度も目が合ったらしい

「うーんよく見えなかった」

友香をからかうのは案外楽しくってもう一度すれ違った場所行こうって言ってみた。

「いいよぉ?絶対気持ち悪くなってるから」

私達はたった今座った椅子を入れてすれ違った場所へと向かった
まあ、ただの確認程度のもので近くに寄っただけだけど
友香は見かけた途端私の肩を沢山叩いて「ねっ!!ねっ!!」と同意を求めてくる
私の身長では陳列棚で見えなくって「あ〜…うん」と返事を濁した
……ってこっち向かって来てねぇか!?

4:生(狐ーωー)+○:2012/10/21(日) 01:49 ID:VjE

…。ごめん!!あれからネット止められたから見たくても見れなかった><

今の作品面白いよロ

頑張って!

5:…。:2012/10/21(日) 22:55 ID:ez-J1k

生狐
大丈夫気にしてない

頑張る

6:…。:2012/10/21(日) 23:07 ID:ez-dyc

男集団は私達、
というか友香はとっさに隠れたから私に気付いてなさそう
私も何だか気まずくって陳列棚に身を隠す
友香は「ねっ!!ねっ!!」と相変わらず同意を求めて袖を引っ張ってくる
陳列棚で彼奴らがどこにいるかわからないけど
早く去って欲しい、ただそれだけ

ふと、肩を誰かに叩かれた。友香の顔はちょっと引きつっている
もうわかった、誰が私の肩を叩いたのか

7:…。:2012/10/21(日) 23:35 ID:ez-2ww

振り返るとやっぱり友香が言っていた奴ら、特に驚きもない

「なぁ、あんた川島沙也香…だろ?」

これにはさすがに驚いた、だって友香の名前じゃなく私の名前が呼ばれたから
途端に逃げたくなった。いや逃げるべき!!
私は友香の腕を引っ張って急ぎ足でその場を去ることにした

「覚えてたね〜…」

自転車置き場に来たところで友香は言い出した。今度は私の番ってか
正直、何で覚えてんの!?って感じなんだけど…


書き込む 最新10 サイトマップ