あの日の約束

葉っぱ天国 > 小説 > スレ一覧 [書き込む] Twitter シェアする? ▼下へ
1:菜花:2012/10/22(月) 17:03 ID:A.o

人生初の小説を書いてみました。
おかしいところとかあれば、教えてください。
感想なども、くれると嬉しいです♪
友にも・・・

でわでわ書きまーす!

2:菜花:2012/10/22(月) 17:25 ID:A.o


 「大きくなったら絶対、結婚しようね。」
 「約束だよ。」
 「うん!約束。」
チュッ (キス)

これが私の幼い頃の思い出。
誰と約束したか、誰とキスしたか…
なぁーんにも、覚えてないの。
だから、今でも探し続けてる。
あの子の事を…


私は『杏菜』 普通の中学二年生。
彼氏なんていない。
「おはよー♪」
「あっ、おはよ。」
今、話してきたのは友達の『百花』。
親友では無いけど、ただただ仲が良いだけ。
「今日さぁ、転入生が来るんだって。」
百花が言った。
今ごろ入ってくるの?
「ふぅん、そうなんだ。」
「お母さんに聞いたの♪」
百花のお母さんは、噂話が好きで悪い噂も言うから嫌われてるの。
まぁ、百花たちは知らないけどね♪
そういえば、転入生って誰だろう?

*教室*
ガラッ
「HRを始める。」
先生だ。
みんな、サッと席についた。
「えー、まずは・・・」
じれったい。転入生でしょ?
「転入生を紹介する。」
先生が言ったとたん。
「キタァーーーーーーーーーーーーー」
教室中が騒ぎ出す。
「鳩山 充樹だ。」
!?
み・・・つき・・・?
どっかで聞いたことのある名前。
頭に引っ掛かる。
「席は杏菜の横だ。」
「はい。」

「よろしく。」
充樹君が言った。
ドキッ!!!
なにこの気持ち、ドキドキする・・・
まさかっ、これってーーー
恋!?!?

3:望愛:2012/10/22(月) 17:25 ID:3wE

初めまして!
望愛と書いて【みらい】と読みます
友希望です
タメ・呼びOKなんで

4:菜花:2012/10/22(月) 18:10 ID:A.o

>>望愛
よろしくね〜♪
うちも、呼びタメOKなんで(笑)

5:望愛:2012/10/22(月) 18:35 ID:3wE

菜花こちらこそよろしく

6:[:2012/10/23(火) 19:26 ID:A.o

授業が始まった。
ボォーーーーーーーーーーーーーーーーー
・・なんでだろ・・・・
ちょー緊張するぅーーー!!
「……な……………あ……な………」
「杏菜!」
「はぃぃぃ!!!」
ガタッ
充樹くんが私のことを呼んでた。
ワハハハハハ!!!!!
クラス中が笑ってる。
私を見て・・・・・・・
「////////」
恥ずかしぃーーーーーーー!!!
ガタッ
私は、席に着いた。
はぁ、最悪…………………
「大丈夫か? ノゾキ」
!?
覗き混み!?
「大丈夫だよ。」
///////カァァ
なんとか、交わせた…?
「教科書みせて。」
ズイッ
充樹くんが、私の教科書を覗き混む。
「いいよ。」
ヤバイ…キュン死にしそう!!!

こうして授業が終わっていった。

7:菜花:2012/10/23(火) 19:26 ID:A.o

↑上は、私です!!

8:菜花:2012/10/23(火) 19:38 ID:A.o

キーンコーンカーンコーン
授業が終わったぁ………
『下校の時刻になりました。寄り道をせずに、早く帰りましょう。』
「早く帰らなきゃ!」
タッタッタッタッ
!!
充樹くんだぁ♪
「はっ!尾行しなきゃ。」
※杏菜は、好きな人を尾行する癖がある。
タッタッタッタッタッタッタッタッ
「あれぇ?見失っちゃった。」
まぁいいや、帰ろ。
タッタッタッタッ
*杏菜宅*
「杏菜ぁ!ちょっと。」
お母さんだ。
どうせ、おつかいとかなんでしょ。
「なぁに?」
タッタッタッタッ
二階から降りると、やっぱりエコバックを持って立ってる母がいた。
「買い物行ってきて?」
「はいはい。」
バタン
ドアを閉めて走っていった。
良い運動になるからね。
タッタッタッタッ
あっ!
「ゲッ!」
あなたは…………!?


書き込む 最新10 サイトマップ