〜*君の想い*〜

葉っぱ天国 > 小説 > スレ一覧 [書き込む] Twitter シェアする? ▼下へ
1:萌愛:2012/10/22(月) 18:36 ID:XCo

                 〜*プロローグ*〜

今…君の想いはどこに通じてるのか…。

今…君はどこにいるのか…。

              ―――――――そこで雪が降った日―――――――
とても寒いと思ってる時―――――。

君が見つけた――――。

私の想いを―――――――。


じゃあ感想ちょうだいね!!!

2:初音:2012/10/22(月) 18:45 ID:s3I

おもしろいよー☆

3:萌愛:2012/10/22(月) 18:47 ID:XCo

>>2
ありがとう♪

じゃあ書くよ!!!

4:初音:2012/10/22(月) 18:49 ID:s3I

じゃんじゃん書いてー

5:萌愛:2012/10/22(月) 19:06 ID:XCo

―――――――――――――教室―――――――――――

先生『出席をとるぞ〜。一ノ瀬!』

真理亜『はい。』

先生『鈴風!』

彩香『はい。』

先生『島田!』

康介『はい。』

―――――――10分後―――――――

先生『はいじゃあ授業を始めるぞ!!!』

>>続きを読む

生徒『△○☆♡□――――』

先生『皆静かにしろっ!!!』

生徒『はーい。』

☆続く☆


初音感想ありがとうね!!!

出来たら明日も来て!!!

じゃあ明日更新するね〜♪

楽しみにしててね〜^^

6:萌愛:2012/10/22(月) 19:09 ID:XCo

初音ありがとう!!!

7:萌愛:2012/10/22(月) 19:10 ID:XCo

>>続きを読む

8:萌愛:2012/10/22(月) 19:27 ID:XCo

始めたばっかだから誰もいないか…。

9:ふーな:2012/10/22(月) 19:40 ID:cnc

萌愛さん
一緒ですね!私もはじめたばっかりで
誰も来ないんですよ!
小説初めて?ですか?

10:萌愛:2012/10/22(月) 19:42 ID:XCo

ふーな≫
呼び捨ていいですか???私はいいよ♪

小説初めて!!!
ふーなの小説の題名教えて>▽<

必ず行くから!!!!!!

11:ふーな:2012/10/22(月) 19:47 ID:cnc

>>萌愛
 呼びすてで良いよ!
 
小説初めてでそんなうまいのっ!

私の小説は 君は太陽 だよ!

待ってるよ〜 (`∀´〃)/♪

12:萌愛:2012/10/22(月) 19:51 ID:XCo

分かった〜♪今いく!!!

13:ふーな:2012/10/22(月) 19:54 ID:cnc

萌愛!あんがと!!嬉しいよ^∀^

14:萌愛:2012/10/22(月) 19:56 ID:XCo

>>13
いいえいいえ^^

15:KAERA:2012/10/22(月) 20:09 ID:Ss.

ガンバレ〜(。>艸O*)

16:たーみん:2012/10/22(月) 20:11 ID:N5.

もえ>>
来たよ〜☆がんばってね♪

17:ココロ ◆F4eo:2012/10/22(月) 20:30 ID:7VE

リレー小説が良い――

18:萌愛:2012/10/22(月) 21:01 ID:XCo

ありがとう♪

続きはまた明日!!!

>>17
え?リレー小説なんかやってないよ>▽<

感想ありがとう!!!

19:セト :2012/10/22(月) 22:15 ID:MQc

見たよ!

私でよければアドバイスあげようか?

20:KAERA:2012/10/23(火) 16:30 ID:6s.

雑談が多いと思うよー
ないほうが皆見てくれるんじゃないかなー(^O^)/

21:セト :2012/10/23(火) 17:26 ID:7T.

アドバイス

プロローグはいいと思うよ^^

雑談は辞めたほうがいいよ

感想貰ったら、「ありがとう」って返すだけでいいと思うよ^^

雑談し過ぎると注意が来るから

本文はまぁこんな感じ

   教室

ガラッ先生が入ってきた

あ、チャイムなったんだ

先「おーい静かにしろ

出席とるぞ」

先生が次々と名前を呼ぶ

「じゃあ、授業を始めるか」

先生が教科書を開いた

「ねぇねぇ、昨日のテレビ見た?」

皆・・・静かにしようよ

先生が困っちゃうよ・・・?

「静かにしろー」

先生のそれだけの合図で教室は静まり返った

って感じかな?

あと、本文を長く書いたらいいと思うよ^^

「」ばっかりだと、風景とか人の気持ちが現せないから

今主人公はこう思ってるのを書く!

風景とかも!

「」ばかりだと、読んでる人も何が起こったのかとか分からなくなるよ^^

私の小説でよければ参考にしてね^^

22:萌愛:2012/10/23(火) 19:07 ID:XCo

セト&KAERA≫
分かったよぅ
続き書くよ!!!

――――――――――――友達の家――――――――――――

私は今沙彩の家にむかってる

ピンポーン♪

あれ…。返事が来ないなぁ
沙彩『はいはーい!真理亜今日早かったねー!』
沙彩は私の事を何度もほめてる

真理亜『平気平気♪』
私は気軽に言った

沙彩『ごめんねー。遠かったでしょ。』
真理亜『そうかな?』
沙彩はニコッと笑った

沙彩『そんな事より入って入って!!!』
私はどんっと押された
真理亜『お…。お邪魔しまーす。』
沙彩『ママは今いないよ。』
真理亜『あ…そうなの?』
私は沙彩の言った事に返事を言った
沙彩『だーかーらーそんな事より何して遊ぶ?』
真理亜『えーっとね…。沙彩が決めてよ♪』
そういった時振り返ったら沙彩がいなかった
真理亜『沙彩どこかな…?』
そういって沙彩をちょっとの間探した

沙彩『ごめんごめーん!ポスト行ってた〜。』
そういって気軽に話した
あれ…。周りが雨降りそうだ…。

真理亜『あーそぼ。』
沙彩『じゃあトランプしよっ!』
え…。私トランプ得意じゃないな…。
ザーザー…。雨が降った
真理亜『う…うん!じゃあババ抜き!!!』
沙彩『いいよー♪』
私たちはふつーに話した

二人『最初はグー!じゃんけんポイ!』

真理亜『やったぁー!私が勝った!!!じゃあ引くよ〜。』
サッ
真理亜『4かぁ。あった!ポイッ。』
沙彩『次はうち!!!引くよ〜。』
サッ
沙彩『7か…。ないよぉ(泣)』
相手は悔しそうに私を見つめた
――――――トランプ終了――――――
            沙彩目線
今何時だろう…。

あっもう4時45分だ…。

もっと遊びたいなぁ

           真理亜目線
トランプ私が勝ったなんて信じられないなぁ

魔法で誰かがやったのかな

それより遊ぼうっと!

沙彩『じゃあ次は…。wii!』
真理亜『いいけどさぁ…。
本当は嫌なのにちょっとごまかした

沙彩『じゃあやろー。』
真理亜『うん…。』

―――――――――20分後――――――――――
二人『バイバーイ!!!』
真理亜『今日は楽しかったよー。』

            続く
駄作かもしれないけど感想くださいね!!!

私ってへたっぴ…。

今日は沙彩・真理亜の二人しか出てこなかったけど
良いですか…???ごめんなさい♪

23:セト :2012/10/23(火) 19:37 ID:7T.

面白くなったと思うよ^^

感想が来ても、「ありがとう」とか、一言位でいいよ!

それ以上いったら、雑談になっちゃうから!

24:萌愛:2012/10/23(火) 19:49 ID:XCo

はーい。

セト♪
『幼馴染で何が悪いですか?』書いて!!!

25:萌愛:2012/10/23(火) 19:54 ID:XCo

>>21
ありがとさん♪

2回目www
『幼馴染で何が悪いですか?』
書いて☆

26:萌愛:2012/10/23(火) 20:04 ID:XCo

>>優雅
へタッピでしょwww

明日出来たら更新するね!!!

27:萌愛:2012/10/23(火) 20:06 ID:XCo

優雅が来ないんだな〜

28:萌愛:2012/10/23(火) 20:06 ID:XCo

落ちるよ〜。

優が来ないからwww

29:セト :2012/10/23(火) 20:10 ID:7T.

書いたよ〜

30:マリー:2012/10/23(火) 20:11 ID:s3I

き…きたよぉ

31:萌愛:2012/10/23(火) 20:17 ID:XCo

>>マリーs
(❀╹◡╹)ノ゙❀〜〜〜コンバンワー♪

私の事知ってたんですか?
マリーさんよろしくね!!!

じゃあ今度こそ落ちます!!!

32:優雅:2012/10/23(火) 20:19 ID:Ivw

ごめん、来たけどいる?

33:マリー:2012/10/23(火) 20:20 ID:s3I

えっとぉ
わ…私は初音ですぅ

34:ふーな:2012/10/23(火) 21:22 ID:cnc

萌愛〜来たよ。
全然小説更新してないね。頑張れ!

あとさ、萌愛さ私より後にスレ
作ったのに私より進んでるよね・・・
悔しい!!私のスレ誰も来ないからさ
(((°`^´°)))リアルにショックです。

35:萌愛:2012/10/24(水) 19:07 ID:XCo

ふーな&皆>
ありがとう♪じゃあ書くよ☆

――――――――――教室―――――――――――
    優良(ゆら)目線
あーあ…。暇だなあ…。

皆『☆▽※?!♪』

ちょっと…!!!皆…。静かにしよおよ〜〜。

ガラッ

先生『おい!!!先生が黒板に書いた連絡は!?』

あ…。消えてる…。

黒板係『え…。あの…。その…。』

先生『…っもういい!!!どうせ消したんだろう!!!』

あーあ。黒板係やっちゃったね。先生ぶち切れしてるよ。

まあとにかく授業を始めろ!日直!』

あ…。日直私と康介だ…。

優良と康介『これから一時間目の授業を始めます。』

皆『始めます。』

ふぅ…。やっと静かにしてくれ…。あっ!!!桐島(きりしま)と高山が…。ふざけてる…。まあ気にしない!

佐奈『ねぇねぇ菜々…。知ってる?…………。』

菜々『何!?授業の時に話しかけないでくんない!?』

またまたはじまりました…。二人のまったく性格が違う喧嘩…。皆こっち見てるよ…。うち止めよう!

優良『ちょっと!毎日やめて!迷惑かけてるでしょ!静かに!』

しまった…。言っちゃった…。二人とも大丈夫かなぁ?

佐奈『何よ!優良!元から菜々が悪いのよ!私が話したら菜々がいきなり怒ったのよ!そんなに怒んなくてもいいのにさぁ…。』

佐奈…。ごめん…。あーあ。うちのせいだ。

菜々『何なの!?佐奈の方が悪いのよ!だって授業中に話してくるんだよ!マナーの悪い奴(怒)』

優良『二人ともごめん…。うちのせいで…。じゃあ仲直りしてね〜!!!いつも通りみたいに!!!』


               *続く*

36:萌愛:2012/10/25(木) 19:24 ID:XCo

誰か感想くださ〜い>△<

お願〜い(泣)

37:ふーな:2012/10/25(木) 19:45 ID:cnc

>>35
上手!上手!(`∀´)/♪

38:萌愛:2012/10/25(木) 19:59 ID:XCo

      教室(5分休み)

利亜(りあ)目線

タッタッタッタッ…。

利亜『はぁはぁ…。あっ!!!広瀬先輩…!』

私は広瀬君の所に走って行った

だって私広瀬先輩が好きなんだもん…。

利亜『ひ…。広瀬せんぱ…。』

広瀬『はぁ?俺利亜ちゃんなんて好きじゃないし。てゆうかむしろ気持ち悪い!いっつもうろちょろうろちょろ…。』

えっ…。グッ…。グスッ…。

男子『おっおい…!広瀬…!後ろに利亜ちゃんいるぞ…!』

広瀬『えっ…。』

私はもうショックでショックで…。

今持ってた本を落としてしまった

バサッ…。

広瀬『あっ…。利亜ちゃん…。今のは誤解…。』

広瀬目線 

なんていっても利亜ちゃんは泣いて走ってゆく…。

利亜『ふっ…。ふぇ…。ふぇぇぇぇん…!!!』

男子『あーあ。広瀬が…。利亜ちゃん泣いちゃった。お前のせいだね。』

私は男子がそういった事を聞いた

―――――――――5分後――――――――――

クラスの美菜ちゃん『ねぇ利亜…。どうしたの…?目の下が赤いよ…。』

もう私はそんなの気にしてない…。

ただショックでショックでもう話なんか聞いてる場合じゃない…。

利亜『え…?あ…。いや…。これは何でもなくて…。とにかく気にしないで。』

美菜『そうかー。じゃあ早く元気になってね!』

は…?今そんな気分じゃないんすけど…。まぁいいか…。美菜は何にも知らないし…。

とにかく広瀬先輩の教室見てみよう…。

広瀬『はぁ…。俺本当の事言っただけなのにな…。』

え…。私ってうろちょろしてる…?

―――――――――またまた5分休み――――――――――

広瀬『ただ本当の事なのに…。』

そっ…。そんなのひどいよ…。

花ちゃん…。助けて…。

でももう花死んじゃったよ…。

どうか天国で幸せになれるように――――――。

利亜『広瀬先輩…。どうして私の事をそう思ってるの…?私は広瀬先輩が前から好きだったのに…。ふつうと嫌いならいいのに『うろちょろ』とかはひどいよ…。』

私はやる気を出して言った―――。

みずきが今いればなぁ…。

みずきとは幼稚園が一緒のお友達

でも学校は別々になっちゃった…。

あーあ…。

―――――――――――――続く―――――――――――

いやーどうだったですか?

ぜひ感想ください!!!

39:ふーな:2012/10/26(金) 18:38 ID:cnc

きたょ〜♪
来れなくてごめん!!ほんとぉ!
広瀬先輩・・・・
酷すぎっ!いやいやあれは言い過ぎ!
私もあんなこと言われたら泣いちゃうわ・・・・・((泣))

40:萌愛:2012/10/27(土) 11:15 ID:XCo

ふーな>>
広瀬先輩酷いよねっ…。

言っとくけれど、この小説ゎ私の友達が本当に体験した事を書いてるだけ♪
でも利亜とか真理亜とかの名前は自分で決めたよ!

41:萌愛:2012/10/27(土) 11:26 ID:XCo

――――――――休み時間――――――――――
♪キーンコーンカーンコーン
♪キーンコーンカーンコーン
…はっ!

わ…。私寝てた…?

ヤバッ…。

先生『こら!寝てるんじゃない!お前は罰として黒板に書いてる事を全部宿題だ!』

えっ…。やだよぅ…。

寝ちゃった…。

授業中に…。でも私のクラスの先生は廊下に立て!とは言わないんです――。

――――――――――休み時間始まり―――――――――

颯『おい!高山と相場!走りドッジしようぜ!』

あ…。男子たちだ…。

良いなぁ…。男子は皆スポーツ好きだから誘っても断られないし…。

高山&相場『おう!良いぜ!やろうやろう!』

他の男子たち『俺らも入るぞ〜!』

人が増えた…。男子は仲いいなぁ…。

男子の皆『せーの!じゃんけんポイ!』

男子『山下が鬼だ!』

良いなぁ…。

―――――――――――続く―――――――――――――――

今日の夜出来れば更新するよ☆

42:萌愛:2012/10/27(土) 11:40 ID:XCo

>>39
感想ありがとう♪

43:sanae:2012/10/27(土) 11:46 ID:xxY

あの、アドバイスです。


台本書きはなしの方がいいです。
小説らしくないから・・・

でも、内容とかはとても面白いと思いますね!

後、風景をもう少し詳しくした方がいいですね。
そうすれば、より面白くなります。

駄作者がいう事なので、無視してもいいです。

更新、期待していますね!

44:萌愛:2012/10/27(土) 11:58 ID:XCo

sanaeさん
アドバイスありがとうございます!

私こそ駄作者なのでwww

45:萌愛:2012/10/27(土) 20:45 ID:XCo

sanaeさん!
書きますね☆

――――――――中休み――――――――
    桃花(とうか)目線
中休みだぁ!きたぁ!

沙彩『桃花ー!さやー!後夏希ー!遊ぶよー!』

テンポよく返事だっ!

せーの!さやたち!沙彩に集まるよ―――!

3人『うん!じゃあいつもの場所ねー!桃花ー!あそこだよー!まったく桃花は遅いんだから…。』

はいはい、分かってます、うるさいなぁ…。

っまったく…。そっちこそ人の事言えないじゃない…。

靴はき終わったらいつもの場所集合だぁ!

桃花『ごめんごめーん!遅れたぁ!』

3人『あーもー遅いんだから…。ねぇ桃花ー。あそこのキンモクセイ取ってきてー。』

え〜、めんどくさ〜い。

何故いちいち沙彩の言う事しか聞いてないんだろう…。

こんな時、瑞稀と花がいればぁ―――(泣)

桃花『めんどくさーい。分かったよ…。』

沙彩『ぜひ、よろしくね〜!』

>>続きを読む

タッタッタッタッ―――。

ついた〜!

ふぅ…。でもキンモクセイを取ってなんか使うのかな…?

プチプチ…。

桃花『取れたー!さっそくいこーっと!』

ピンッ

桃花『あれ…?あ…!四葉のクローバーだ!夏希たちにみせよっ。』

タタタッ………………。

桃花『皆〜!!!四葉のクローバーあった〜!』

3人『よかったじゃん!』

キーンコーンカーンコーン♪

あぁ…。チャイムがなった…。

     *5分休み*
―――――――――続く―――――――――

お楽しみに〜^^

46:LUKA:2012/10/28(日) 10:41 ID:Mao

ストーリーは面白い!
雑談が多い、かな?

47:セト :2012/10/28(日) 11:08 ID:CTA

だんだん面白くなってきた!

雑談は辞めたほうが・・・・・・

48:萌愛:2012/10/28(日) 11:32 ID:XCo

分かった♪

雑談をやめればいいんだねwww
LUKAとセト来てくれてありがとう!

49:sanae:2012/10/28(日) 20:22 ID:xxY

あの、萌愛さん色々な所で宣伝していますよね?

それはあまりしないほうが良いですよ。
相手が困ったりしてしまうので・・・

でも、小説は相変わらず面白いです!
応援していますので、頑張ってくださいね。

50:萌愛:2012/10/29(月) 18:38 ID:PeA

>>sanaeさん
はい、分かりました。

――――――――――各教室(五分休み後)――――――――――

あぁ…、眠い。。。

もういっそいつでも眠ってい…zzz
早苗『麻友!』『まーゆ!』『まゆっ!』『まゆ!!!!』

麻友『え…?何かある…?ムニャムニャ…。』

あぁ…。本当に眠いと言ったら寝てしまった…。
丁度…。誰か眠らせて〜。
枕を〜。布団を〜。

優衣『麻友…!起きて!そろそろ授業始まるっての!』

男子『アハハハハ!!!中村(麻友)は面白いな〜!!!ボーっとしててぇ…。』

はいはい、分かってます、しつこいです。

まったく男子は…。馬鹿だなぁ…。

キーンコーンカーンコーン×4♪

先生『じゃあ席替えだ!前は席だけ決めてお見合い方式をやったよな!?今日は机を動かすぞ!』

席替えだ!よっしゃぁ!

大好き〜!
ガラガラガラ…。

         *20分後*
先生『じゃあ終わったな!?さっそく出席を取るぞ!』

         *続く*

―――誰が誰の隣になるかお楽しみに〜!
感想はもちろんくれよなっ!

51:sanae:2012/10/29(月) 19:00 ID:xxY

やはり、面白い!

さて、隣になるのは誰でしょうかね〜
更新、期待しています!

52:萌愛:2012/10/29(月) 19:37 ID:PeA

>>51
そんなこと、、、あるわけないっ。。。(照)

この駄作者のどこが上手なんだ!

53:LOVE:2012/10/29(月) 20:30 ID:cdk

萌愛s来ました♪

小説、上手いですね^_^

主人公の気持ちが良く伝わってきます!

私の作品をみていただきありがとうご
ざいます!

54:萌愛:2012/10/30(火) 18:21 ID:PeA

>>LOVE
ありがとう♪

         *席替え*
先生『望月っ!』

颯『はい。』

おっ…。とうとう出席取り始めたか…。

次の次に呼ばれるぞ!

先生『稲葉!』

今呼ばれたのは稲葉瑞稀ちゃん。

可愛い子なの。

瑞稀『はい。』

返事したー!

てゆうか次私じゃん!

先生『中村!』

キャー!

いきを吸って――――

麻友『はい…!』

よ…良かったぁ…。

*10分後*

感想者へ
今お隣を発表しますのでお楽しみにしててください。

麻友『わ…。私の隣は…。橋本だぁ…。嫌ぁだなぁ。』

し…。しまった…。本人の前で言っちゃったぁ…。

橋本怒ると怖いんだよぅ

麻友『は…橋本…。私今何言ったか聞こえた…?』

私は恐る恐る言ってみた

純(橋本)『え?何にも聞こえなかったよ?』

よ…良かったぁ…。

怒るとつねったり暴力振るんだよ…。

最悪な男なんだよねぇ…。

*チャイム*
キーンコーンカーンコーン×4♪

          ☆給食☆

        *続く*

55:萌愛:2012/10/31(水) 15:39 ID:PeA

         ☆給食☆
愛美目線(あいみじゃなくてまなみだよ)

今日のメニューは…

ゼリーにカレーライスに海草サラダといつもの牛乳っ!

よっしゃあ!全部好きな物だぁ!

でもね…。皆…私シシャモ無理なんだ…。
やばいでしょ…。

美羽『ねーねー、愛美?私さ〜。思うんだけど、背低くない?』
そう、私、紫苑愛美。毎日明るくて、人気物なんだ♪
愛美『え〜、そぉ?よく見てごらん。私の方が下でしょ?』
美羽とは親友なんだ。
日直『当番さん、ありがとうございました。』
当番『どういたしまして。』
かっこいい…!三条君!
日直『手を合わせてください。いただきます。』
♡☆▽□※✿*−−−−

愛美『ねぇねぇ真理亜ぁ。』
真理亜『何?』
こういう返事かい…。
愛美『あっなんでもない…。皆!今日の牛乳パック片付ける人決めるよ!せーの!』
皆『最初はグー!じゃんけんポン!』
ま…け…た…。
最悪〜〜〜〜!!!!

負けたの初めてだよ…。
皆『じゃあ愛美で決定〜!』

           ☆給食終わり☆

先生『当番!行くよ!』
当番『は〜い。』

やっと原島が掃除してくれた…。
愛美『え〜っとぉ、今日は…。皆!廊下ほうきだよ!』
あの〜…返事…は…?
モシモ〜シ、聞こえてますか?
三班の人『は〜い(^o^)丿』

ハァ、ハァ…。
愛美『ちりとり〜!ゴミ〜!』
佐藤『は〜い!来たよ〜!』
あ…来たか…。
遅いよ〜?
キーンコーンカーンコーン×4♪
          ☆昼休み☆
      *続く*

56:萌愛:2012/10/31(水) 19:01 ID:PeA

              ☆下駄箱☆
美亜『愛美〜!行くよ〜!鉄棒で待ってるからね〜!』
はぁ…。またかぁ…。
愛美『は〜い。』
なんかしょぼいな〜…。
だってこのごろ私行動遅くなっちゃったんだもん…。
後めんどくさがり屋になっちゃった気がするしさぁ…。
どうせなら美亜のようなキッパリとしててさぁ、
行動がリズム&テンポよく「パッパッパッパッ」
ってなりたいよう…。
よし!行くぞ!

美亜『も〜!遅ーい!どんだけ待ったか分かってるの!?』
美亜は行動速いからそんな事言えるんだよぉ
愛美『はいはい、遅れてごめんなさいね。』
私はブス・馬鹿・行動おそいだもん!
それにして美亜は私と正反対で可愛い・美人・行動速いだしさぁ…。
どうしたらいいかな…。
親に相談?
先生に相談?
美亜『見てみて〜!私さかあがり出来る〜!』
…たった…それ…?
それくらい私出来るよ?

愛美『私だって!えいしょ!』
クルッ
愛美『ほらね!』
さぁ…。どういう反応…!?
美亜『なかなかうまいもんですな。』
ガクッ
それかい…。
あっ…言うの忘れてた!
美亜は外見<<可愛い・美人・行動速い>>
なんだけど、性格は<<悪い>>だよ!?
ちょっとタイプじゃないなぁ
愛美『でっ…でもっ!じゃあコウモリ出来る?』
出来ないでしょうねwww
必ずに!
美亜『出来る。』
愛美『え…。』
ガクリ
ありゃりゃ…。
美亜に見せたいと想って凄い練習したのにぃ〜!!!
悔しい!将来見返すもん!
ネイルサロン行って、美容院行って、
最後、皆がする『『結婚』』!!

美亜『愛美…?何独り言言ってるの?』
あ…。口に出して言ってた…。
愛美『え…。ちょっとね…?』
私はそう言った
だってそんな事見せてどうするんだい!
ばらされたら困るって!
…と、その時!
キーンコーンカーンコーン×4♪
チャイムがなった。
          ☆またまた下駄箱☆
         *続く*

お楽しみにぃ!!!

57:麗羅:2012/10/31(水) 20:18 ID:IaM

萌愛〜!
妹(エド)の代わりに、来たよぉ〜!
すっっっっっっっごく面白いよ!!!
すっごい!天才!神様!
貴方のことは、『萌愛様』と、呼ばせていただきますっ!!

58:萌愛:2012/11/01(木) 15:41 ID:PeA

麗羅〜♪

ありがとう!
こっちも麗羅様と呼ばせていただきますよ!?
神様じゃないって〜(照)

こ…
困るなぁ…(笑)

59:萌愛:2012/11/02(金) 17:38 ID:PeA

愛美『美っ…美亜〜。先教室行ってて〜。』
美亜『良いよ〜?でもなぜ?』
ってああ!私なぜこんな事言ったの…?
自分でも訳分からない…。
今日は菜々の家に行くんだ。
だから今昼休みが終わった頃で5時間目始まるわけよ。
愛美『私も何故そんなこと言ったのか忘れた…。』
美亜『愛美ったらドジ・マヌケ!』
ほらね、言ったでしょ?
外見は可愛いけど性格悪いって!
悪女と言うべきかな…?

愛美『よいしょっと…。』
その瞬間…。
ドンッ
愛美『いったぁ…。』
いったい誰なんだろ…。
後ろ見てみ…。
菜実『あ…。ごめんね…。急いでたら急に止まんなくて…。』
な〜んだ、菜実ちゃんかぁ…。
愛美『いいよ、いいよ。別にわざとじゃないんでしょ?』
私はそういってごまかした。
だって本当にわざとじゃないんでしょ?
もしも私が走ってぶつかったらもちろん謝るよ!?
皆もそうでしょ?

ってあれぇ?
振り向くと…。
菜実ちゃんもういない…。
なんて足速いんだ…。
って教室行くには階段をのぼるんだった!
タッタッタッタッ…。
ついた〜!

☆教室☆


続く

60:キャラメル:2012/11/02(金) 18:23 ID:A.o

こんにちは〜♪
おもしろいよ★
読ましてもらいました★(●´▽`●)★

61:萌愛:2012/11/02(金) 18:29 ID:PeA

キャラメル

ありがとう!
貴方の『いじめ〜自殺〜』上手ですね☆

62:キャラメル:2012/11/02(金) 18:44 ID:A.o

そうか?
こっちの方が上手いよ〜♪

63:萌愛:2012/11/02(金) 19:52 ID:PeA

そっ…そんなわけな…ないって…(照)

64:LOVE:2012/11/02(金) 20:02 ID:cdk

来たよ〜♪

相変わらず上手いね萌愛はっ!

頑張ってねー♪

65:さっち〜 ◆PzoM 0pp0344c7263m2w@ezweb.ne.jp:2012/11/02(金) 21:03 ID:tCQ

見ました!
面白いです!
愛美ちゃんの気持ちの表現が
上手です!

66:麗羅:2012/11/03(土) 07:47 ID:IaM

続きは一体……?(笑)

67:萌愛:2012/11/03(土) 13:50 ID:PeA

皆>>
来てくれてありがとう!書くね

                   ☆教室☆
遅れた…かな?
多分菜実ちゃんも遅かったから遅れてないか!
先生『こらー!紫苑!遅いぞ!菜実を見習え!』
って何故…?
遅れたのは分かるのに何故『菜実を見習え!』なの…?
菜実も遅かったじゃん?
菜実を見習え!』
愛美『皆も<<何故?>>って思うよね?』
だよね!?だよね!?
そうじゃないとおかしい!

皆『はぁ?思わなーい!遅すぎー!』
え…?
愛美『そっ…それは…。私と菜実がぶつかったから遅くなっただけで…。』
あれ?待った…!この言い方間違えた…。
もっと嫌な反応だ。。。

68:萌愛:2012/11/03(土) 13:59 ID:PeA

ごめん!
間違えて書き込むボタンクリックしちゃった!
続きだよ〜!

皆『でも何故?菜実とぶつかったなら二人とも遅く
  なるはず!なのになんで菜実は早くて愛美は遅いの?』
あ…。そういう事か…。
実は私保健室行ったからだ!
愛美『だって皆?実は私保健室行ったんだよ?血が出たから。だから遅いんだよ?勝手に決めつけないでくれない?』
さっさと返事してほしいな
…あの〜まだ?
とその時!
皆の表情がニコッと変わった。
あの鬼のような顔から。
皆…皆…。

皆『そうか〜。ごめんね?勝手に決めつけて。』
愛美『良いよいいよ。それでも分かってくれるなら。』
でも先生は謝らないんだな〜。
って先生は謝んないか…。
先生『うるさいうるさい!さっそく授業を始めるぞ!』
                  *続く*

69:林檎:2012/11/04(日) 08:46 ID:oCA

萌愛読んだよ♪私より上手いじゃ〜ん
これからも私の小説見てね(*´∀`)

70:キャラメル:2012/11/04(日) 10:36 ID:A.o

オモシロイ\(´∀`\)(/´∀`)/オモシロイ

71:クロ:2012/11/04(日) 16:18 ID:xxY

勝手に失礼します

読ませて頂いたのですが、アドバイスがあります
心情は、よく分かります
分かるのですが、背景や台詞の書き方が少し小説らしくないかと・・・

私の考えるのは、こんな感じです。
【例】

クラスの皆が、声を合わせて私に問いかけた。

「でも何故?菜実とぶつかったら二人とも遅くなるはずじゃない?」

首をかしげながら、考える人。
髪をクシャクシャにしながら、考える人。
皆々、考えていた。

私は数秒。いや、数十秒間黙っていた。
その時に、思い出した一つの事___

それは、途中で保健室に行った事だった。
それをクラスの皆に、話した。

これで、疑ったことは晴れる。

一瞬、皆黙っていたけれど、笑顔に変わった。
鬼のような顔から一変したのだった。

「そっか・・・ごめんね、勝手に決めつけて」

私は少し悩みながら、大切な友達。そう思いながら、許した。
でも、一向に謝らない先生。

何で―――?

「うるさい!さっさと、授業を始めるぞ!」

そういって、皆に怒鳴った。
ビクッと体が震えた。


こんな感じでしょうか・・?
お節介なら、すみません
内容は、好きなのでこれからも頑張ってください!

72:萌愛:2012/11/04(日) 18:17 ID:PeA

クロさん>>
はい><分かりました^^
貴方の方が上手ですよ!
感想&アドバイスありがとうございます!

林檎c>>
うん!ありがとね☆
ここで雑談いけないから、ありがとうだけ言っとくね!

                   ☆算数☆
あ〜、眠い…。
今日は、何故かいちだんと眠い日…。
昨日、夜更かししちゃったんだな…。
先生『――で、――は、こうなって、――でやると、こうなる。』
たくさん話をする先生。
カリカリと鉛筆を持ってノートを写している子――。
そのほか、皆、ちゃんと、ノートを書いてる。
私だけ、なんかナマケモノ見たい…。
何故、私だけ、こういう風なんだろ…。
いっそ生まれ変わりたい。
私もさっそくノートを書かなくっちゃ!
ジェシカ『せんせーい!桐島君と望月君が話しています!』
今のはジェシカ・リリアンネちゃん。
イギリス人の、可愛い子なの――。

いっそ、私もそんなふうになれば――。
こんなに、損する事もなかったな―。
先生『え〜っと、坂本!この@番を答えて花園!A番を答えろ!』
結局二人とも女子が呼ばれたな――。
実は、何故私が落ち込んでるのかと言うと、玲君が好きなんだ――。
でも、嫌われそう…。
だって、Mちゃんと、Aちゃんが、玲君の事を「好き」なんだもん――。

          続く

73:萌愛:2012/11/04(日) 18:18 ID:PeA

クロさんのアドバイスの様に、書いてみました♪

どうですか?

74:クロ:2012/11/04(日) 20:41 ID:xxY

良くなりました
とても、面白いと思います

続き、楽しみにしています!

75:萌愛:2012/11/05(月) 10:50 ID:PeA

クロさん>>
ありがとうございます!
では書きますね!

             ☆算数☆
優良(坂本)『え〜っと、これはこうで―――。』
あ…。私にも分かる問題だ――。
優良、バッチリ――。
ああ。。私にはもう恋する気持ちなんて届かないんだ――。
Mちゃんは美少女・Aちゃんはハキハキとした子――。
それで、私は普通の子―。
先生『坂本!バッチリだ!』
シュッ
先生は○つけた――。
でも、何故か皆間違えている時怒るだけなのに何故私が間違えたら、「怒鳴る」なんだろう。。
これって、「裏切り」だよ―――。
沙彩(花園)『え…。これって、こう…かな…?』
それ私も分かんない…。

先生『おう!合ってるぞ!凄いな!花園。昨日復習したんだろ?宿題もあってるぞ!』
沙彩が「復習」か――。
めったに見ないな――。
もう、玲君は私なんか好きじゃないんだ――。
でも、いつか玲君に告白するんだ―。
あの二人が起こるだろうけど―。
だって、元から二人と仲良くないもん―。
先生『紫苑。ガッカリしてるようだけど、どこか痛いか?』
あっ。気づかれちゃった。
愛美『いっ…。いいえ。』
皆『なんだよ〜。』『らしくねーなー』『愛美落ち込みすぎ〜(笑)』
クラスが大爆笑。
何故、こんな事で笑うの―――?

何故、恋する気持ちだけで笑うの―――?
皆にも、「恋」はあるはずだよ――。 
酷いよ――。
皆々――。
先生『そうか、皆、静かにしろ。』
樹里『あの――。あの時計壊れてませんか?進んでないですよ。』
えっ…。
ザワッ
皆『嘘だろー!?』『本当だ〜!』『ヤバッ!』
教室がざわめく――。
先生『本当だな!じゃあ今度から班長が腕時計をもってこい。時間になったら班の皆に伝えろ。』
私副班長だ。
ギリギリだよ――。
だってママ買ってくれないもん――。

キーンコーン♪
皆『やったー!帰りの会だ!』
先生『日直!挨拶をしろ!』
先生が皆に号令をかけた――。
日直『これで、授業を終わります。』
皆『終わります!』
ガタガタッ

☆続く☆    

76:萌愛:2012/11/05(月) 17:51 ID:PeA

     ☆帰りのしたく中☆
ザワザワ…。
教室がざわめく――。
美香『ねぇねぇ、瑠奈ぁ?』
瑠奈『何?』
はぁ…。
何故…?もう、恋って苦しいよ――。
いっそフラれたらどうせ、苦しい気持ちになるんだもの―――。
美香『愛美ってね、私と梓が好きな玲君に告ろうとしてるんですけど―。マジウザくない?』
何だろう―。
今のは、誰かと誰かが話していたような――?
まぁ、私には関係ない。

瑠奈『はぁ?ウッザーい!でも梓は私たちのグループだから良いよねぇ?』
まるで、全部小鳥が話しているように聞こえる―――。
美香『まぁ梓はいいけどさぁ。ハキハキしてるしぃ。』
先生『じゃあ帰りの会をしろ!日直!』
今、誰か何か言った?
もしや、私の悪口――?

なんてね――。
日直『これから、帰りの会を、始めます。』
皆『はい!』
皆が、教室の、窓ガラスを割るような声で言った――。
何故って――?
だって、それは理由があるんだもの――。
だって、4時クラスの皆と先生がパーティーをするんだもの――。
それを皆楽しみにしてて、大きな声を出せるの。
その計画は、皆いつもだらーんとしてるから、パーティーを開いて、
大きな声を出させようって言う先生の計画――。

日直『連絡がある人は、言ってください――。』
中川『はい!今日はパーティーなので、忘れずに来てください――。』
なーんだ、それだけぇ?
つまらなーい。
日直『他!いないね。起立!せーの!明日も元気に学校へ来ましょう!さようなら!』
皆『さようなら!』
      ☆続く☆

77:アリス pmp3:2012/11/05(月) 21:58 ID:DDA

萌愛>来たよ!ストーリーは面白いんだけど、登場人物紹介してくれないと急にみんな出てこられてもわかんないよ〜!
面倒くさくてもやってほしいなぁ〜なんて。。。^_^;
みんなのアドバイス受け止めてこの調子で頑張って♪

78:萌愛:2012/11/05(月) 22:01 ID:PeA

人物はいいんだ♪

私の小説は、皆が好きな名前を付けていいと言う事の物だからシュタッ\(`・д・)/

79:萌愛:2012/11/06(火) 17:46 ID:PeA

                    ☆帰り☆
美香『ねぇね、瑠奈。』
ファーア…。
もうすぐパーティー。
私はチラッと時計を見た。
愛美『もっ…もう3時半…!急がなきゃ!』
そういって私は走った。
瑠奈『なぁに?美香。』
美香『私、愛美にいじわるする作戦考えた。瑠奈も手伝って。』

菜々目線
今、愛美ちゃん家に走って帰っちゃったぁ。
手紙渡したかったのにぃ…。
瑠奈『え…。先生に怒られるよ…?』
美香『そうかぁ…。じゃあ普通にいたずらでいいや…。驚かすとかわざと足を踏むとか』
                 ☆数十分後☆
美香『瑠奈ぁ!バイバーイ!また明日〜!』
もう美香とバイバイか…。
あーあ…。
瑠奈『バイバーイ!4時に教室につくんだよ〜!』
                瑠奈の家
瑠奈『ねぇねぇママぁ。クラッカー家にあるでしょ?後お菓子。』
私はそう言った。
だってパーティーでしょ?
ママ『あるわよ。どうぞ。4時になっちゃうわよ!急いで。』
瑠奈『バーイ』
あれ…?
沙彩だ…。
偶然だ…。
瑠奈『おーい!沙彩ー!』
気づいてなかったようだ。
せっかくなのにぃ――。

タッタッ―――。
ガラッ
私は窓を開けた――。
その瞬間――。
女子たち『キャアッ!!!』
私は恐る恐る聞いてみた。
瑠奈『ど…どうしたの…?』
もしや…。「ゴ○○リ…?」
違うよねぇ…。
女子『ゴキブリが出たの!でももう逃げた。良かったぁ。』
         ☆続く☆

80:キャラメル:2012/11/06(火) 17:54 ID:A.o

ゴ……ゴキッ…………ゴキブ…………!?

81:萌愛:2012/11/06(火) 18:00 ID:PeA

クロさん、まだかなぁ

82:優梨 ◆hN7g:2012/11/06(火) 18:07 ID:8hU

人物の会話文が多くて、説明文が少ないです。
あと
例をあげると

瑠奈「キャアッ!!!」
の場合
「キャアッ!!!」
突然瑠奈が大声で叫んだ

にすれば説明文がかけます。
そうすれば小説らしさも出てくるとおもうので

83:クロ:2012/11/06(火) 18:08 ID:xxY

読ませて頂きました

まずは、評価です
100点満点中、69点ぐらいです
背景や心情は、とても分かりやすいです
あとの31点はアドバイスの時、言わせて頂きます

拝見させて頂いた時、「何かに例えている所が、いいな」と思いました
これからも、頑張ってください

最後に、アドバイスです
悪魔でも私の意見なので、気にしなくても良いです

私は、3つ思った事があります
1つ目は、台本書きです
台本書きは、小説らしくないのでやめたほうが良いです
あ、台本書きって知ってますか?
分からないのなら、聞いてください

2つ目は、sideがコロコロと変わっています
なので、一話ごとには1回だけの方が良いです

3つ目は、一回一回「☆帰り☆」「瑠奈の家」とか行動を書かなくても良いです
例では、こんな感じです ↓


・私は、急いで自分の家に帰った。
・あれから、数十分がたった。

など、文で表した方が良いです

辛口ですいません
そして、長分すいません

84:萌愛:2012/11/06(火) 20:24 ID:PeA

         パーティー準備中
      side美佐
私、五十嵐美佐。
実は、愛美の親友なの…。
それにして瑠奈はいいなぁ…。
成績が良くて、サッパリとしてて…。
そんな瑠奈がうらやましいよ――。
『ねぇ玲奈〜!クラッカー持ってきた〜?』
梨理が聞いた。
クラッカーって何に使うんだろ――。

どうせ、「「パーン!」」ってやるんでしょ?
『え〜、持ってきてましぇ〜ん。』
『むぅぅ、クラッカー持ってきて一緒に「「パーン」」ってしたかったぁ。』
そうそう、梨理はこういうブリッこタイプな子何だよねぇ…。
沙月はオカルトマニアでいつもしーんとした子。
でもね、行事やイベントの時は沙月はオカルトじゃなくなって元気になって普通の女の子見たいなの。
そういう子、珍しいなぁ――。
私は菜々みたいなオシャレ大好き女の子。
『では、パーティーを始めるぞ!クラッカーを持ってきた人は「パーン」とやる準備してろ!せーの!』
「「「パーン!!!」」」
『うう…。火薬の匂いがするぅ…。』
またまたブリッこ梨理が言った――。

もう、何故こういう事に…。
『ケーキ持ってきたか〜!?』
ケーキもってこいとか言ってないだろっww
もうもう、先生なのにしっかりしろよなっ。
『俺ショートケーキ持ってきた〜!』『あたしチョコー!』『うわー持ってきてるんだー。』『うちなーい。』
あーもううるさいうるさい!
少しは静かにしようよっ!
『じゃあ誰かハッピーバースデーの曲を弾ける人弾いて!』
私弾けるっ!
弾きたいから是非!
『あ、でも何故誕生日の曲なんですか?先生!』『たしかにー。』『誰の誕生日でもないだろー?』
ようやく思い出した!
今日先生の誕生日だよ!
『私弾きたいですっ!』
お願い、神様、仏様――。
『じゃあ五十嵐にしよう!』

          *続く*

85:萌愛:2012/11/06(火) 20:24 ID:PeA

         パーティー準備中
      side美佐
私、五十嵐美佐。
実は、愛美の親友なの…。
それにして瑠奈はいいなぁ…。
成績が良くて、サッパリとしてて…。
そんな瑠奈がうらやましいよ――。
『ねぇ玲奈〜!クラッカー持ってきた〜?』
梨理が聞いた。
クラッカーって何に使うんだろ――。

どうせ、「「パーン!」」ってやるんでしょ?
『え〜、持ってきてましぇ〜ん。』
『むぅぅ、クラッカー持ってきて一緒に「「パーン」」ってしたかったぁ。』
そうそう、梨理はこういうブリッこタイプな子何だよねぇ…。
沙月はオカルトマニアでいつもしーんとした子。
でもね、行事やイベントの時は沙月はオカルトじゃなくなって元気になって普通の女の子見たいなの。
そういう子、珍しいなぁ――。
私は菜々みたいなオシャレ大好き女の子。
『では、パーティーを始めるぞ!クラッカーを持ってきた人は「パーン」とやる準備してろ!せーの!』
「「「パーン!!!」」」
『うう…。火薬の匂いがするぅ…。』
またまたブリッこ梨理が言った――。

もう、何故こういう事に…。
『ケーキ持ってきたか〜!?』
ケーキもってこいとか言ってないだろっww
もうもう、先生なのにしっかりしろよなっ。
『俺ショートケーキ持ってきた〜!』『あたしチョコー!』『うわー持ってきてるんだー。』『うちなーい。』
あーもううるさいうるさい!
少しは静かにしようよっ!
『じゃあ誰かハッピーバースデーの曲を弾ける人弾いて!』
私弾けるっ!
弾きたいから是非!
『あ、でも何故誕生日の曲なんですか?先生!』『たしかにー。』『誰の誕生日でもないだろー?』
ようやく思い出した!
今日先生の誕生日だよ!
『私弾きたいですっ!』
お願い、神様、仏様――。
『じゃあ五十嵐にしよう!』

          *続く*

86:萌愛:2012/11/06(火) 20:25 ID:PeA

ごめんなさい!
皆さん!エラーです(泣)

87:M’s*p:2012/11/07(水) 07:51 ID:Xg.

>>83.クロ
優しい赤ペン先生みたい、まだプチUの彼女はち
ゃんと理解できるかな

88:KAERA:2012/11/08(木) 17:34 ID:KAg

>>萌愛
LOVE・フレンド書くけど
忙しいんだよー;
あと掲示板とかで題名出さないでー(^O^)/
小説の事、あまり言ってほしくないので。
(私のことは)
ごめんね、よろしく(´・ω・`)

89:萌愛:2012/11/08(木) 17:54 ID:kHk

>>88分かったー。

『何故ハッピーバースデーの曲なんですかっ!?』
もうもう、言い過ぎ。
先生にはちゃんと言うの。
優理は張り切りすぎっ!
『実は――。今日、先生の誕生日なんだ。じゃあ五十嵐、ピアノを弾け。』
ハッピーバースデーつぅゆぅ〜♪
・数十分が経った
『皆!ありがとな!ケーキ、嬉しいよ!』
私も、先生の誕生日が嬉しいよ――。
そういえば、二衣菜って手紙書いたんだよね――?
『先生っ!手紙呼んでください!』
ほらほら。

皆、驚いてる。
「手紙書くんだ」って―――。
『先生!お誕生日、おめでとうございます!』
皆へ
『』から「」に変えるよ
「二衣菜、ありがとうな。」
    続く
短いけど、ごめんねっ!
今日は急いでるんで――♪

90:萌愛:2012/11/09(金) 17:48 ID:kHk

side杏奈
・パーティー中
「ケーキ食べる時間だぞー!」
ううぅ、、
ケーキ早く廻してよぉ…。
お腹すいた〜…。
「はい!杏奈!」
そう、私、瀬戸内杏奈(setouti anna)。
はっきりで明るい愛美や美亜がうらやましい…。

大好物は、デザート!
だってあれ美味しいんだもん!
「やったぁ!チョコケーキだぁ!」
ハッ…。
私、いつの間にか、大きい声でそんな喜んじゃった…。
あーあ――。
「せーの!頂きます!」
「「「頂きます!」」」
うるっさーい!!!
もう、いい加減にして!
とは言わず。。。
ニコッと誤魔化した。
「先生!32歳おめでとうございます〜!!!」
今のは、優良。
前の、菜々と佐奈が喧嘩して止めた子―――。

うぅぅ〜〜っ
今日は、いい天気――。
パーティーも、誕生日も――。


>>続きを読む
「凛音!玲奈、どこにいるか知らない?」

続く

91:萌愛:2012/11/09(金) 20:17 ID:kHk

そう、私、池辺凛音(ikebe rinne)。
「え?知らないけど―――。」
玲奈…がいない…?
「そうか…。残念…。」
残念…?
可哀そうだなぁ…。
人を探すの大変なのに…。
一人で探すなんて…。
「私も一緒に探す…!」

続く
ごめんね!

読者さん(´・ω・‘)
今日、忙しいので。

92:萌愛:2012/11/09(金) 20:58 ID:kHk

もう平気ですよ!

「良いの!?ありがとう!」
別にそれくらいいいって。
玲奈がさっきどんな様子でどこらへん行ってたか聞こう。
玲奈がいないなんて不思議ぃ…。
「ねぇ、玲奈さっき見たでしょ?その時どんな様子でどこら辺行ってた?教えて!それで私もう分かるの。」
「え〜っと、玲奈があわてて階段の所に行ってた様な…。後は…。もうない。」
えっと、玲奈があわてて階段の所に行ってた様…かぁ。
メモメモッ。書き書き―――。
分かった!

玲奈の場所を―――。
「まさか…。」
私はその場から去って行った―――。
もしや―。「階段」ではないかと――――。
「凛音ー!どこ行くの〜!?」
「ちょっと蒔枝梨ー!ついて来て!」
蒔枝梨=じえりです。本当はジェリが良かったけど漢字がないから蒔枝梨にしました。
私は急いでズズズッ――。っと蒔枝梨を引きずった―――。
だって、だって。。。
玲奈を助けたいんだもん――。
もう、もう、、何故玲奈がそんな事やるのっ――。

蒔枝梨目線になるよ
「ちょっ……ちょぉぉっ………凛音ぇぇぇぇーーーー!引きずるなってーーーー!痛てててて…。」
うー、痛い―――。
擦り傷出来ちゃったじゃない―――。
もう、凛音ったらいっつも大変な事があったら急ぐのよね―――。
ふきふきっと――。
あ、自己紹介がまだだったね。
私、小池蒔枝梨(koeki jieri)。
・おちゃめで、いたずらっ子―――。
「ちょっと、凛音!擦り傷出来ちゃったじゃない!もうどうしてくれるのよ…。」
「それより、玲奈が優先でしょ!?そっちこそ…。」
そうか…。

凛音は玲奈のために―――。
いつも自分の事は後―――。
人には優しく―――。
>>続きを読む
「やっぱりね―――。蒔枝梨、玲奈がいたよ。私の予想通りに階段に倒れてたのね―――。」
「ええっ!ま…まさかぁ…。ううっ…。ひっく…。」
ポタッ
私は一粒涙が落ちた―――。
泣き虫ってやだなぁ―――。


続く
感想くださいね!

93:& ◆Al3.:2012/11/09(金) 21:44 ID:dHo

会話が多くて 演劇ならわかるけど、小説の場合もっと周りの風景や人の表情を表現した方がいかがでしょうか?

94:萌愛:2012/11/10(土) 11:44 ID:kHk

>>93
知っていますけど、
大体周りの風景や人の表現ばかりじゃつまらないでしょ?
あまりにも会話も少なさすぎると小説らしくないようですので。
始めますよ

side蒔枝梨
玲奈を早く病院に連れて行かないと…!
少しでも遅れてたらヤバいよ…。
やっぱり、怪我って怖いね…。
「凛音!早く先生と救急車呼ぶよ!?凛音は先生、私は救急車!」
はぁ、はぁ―――。
人って、すぐ、怪我に会う―――。
人は、すぐに、命を失う―――。
人間って残酷―――。
神様―――。
お願い―――。
玲奈を助けて…。
「119だった気がする!ピポパポ―――。」
「先生!玲奈ちゃんが階段で両足を骨折、打撲、左腕を打撲して倒れています!」
凛音―――。
そろそろ来るはず―――。
先生も――。
「来たぞ!」
「先生!本当でしょ!?」


続く
短いけど、今日はピアノだからごめんねっ!

95:萌愛:2012/11/12(月) 18:40 ID:kHk

side凛音

もう・・・。
いったいどうなってるのよ・・・!
意味分からない・・・!
「凛音、本当だな!先生、救急車呼ぶから待ってろ。」
あっ!
救急車は蒔枝梨が___。
早く止めなきゃ__!
「先生!蒔枝梨が今、電話しています___!」
「そう、分かった。」
良かったぁ___。
蒔枝梨、もう電話終わったころかな?
きっと、玲奈は助かるよね?
死ななずに。
命は失わないよね?
あれ・・・?
廊下から足音が___。
もしや・・・。
「凛音ー!救急車来たよー!」
ピーポー
確かに、このサイレンは救急車___。

玲奈、ようやく助かるのか___。
なるべく早く終わってほしいな___。
手当を__。
「蒔枝梨ー!ありがとう!玲奈は、無事、救急車の中にいるの?」
「うん!いるよ!凛音もお疲れ様〜。」
照れるなぁ・・・。
でも良かった。
今頃、病院かな。
はぁ・・・。
今日は疲れたー。

続く

96:萌愛:2012/11/13(火) 18:45 ID:kHk

side蒔枝梨
凛音は___。
頼りになる___。
玲奈・・・・・・。
今頃、どうしてるのかな___?
「よし。二人とも教室に戻るぞ。チャイムがなるから。早く。」
私は今こんな気分で授業を受けたくありません。
先生、玲奈の事考えてる__?
大変な状況なんだよ___?
何故__?
「分かりました・・・・・。」
凜音も元気がないみたい___?

私、玲奈と遊んだ想い出忘れてないよ__。
その事が実際によみがえってほしい___。
『タッタッタッタッ___』
私と凛音、先生は、急いで階段を駆け上がった___。
『ガラっ』
間に合った___。
良かった___。
「そういえば、皆!明日は転校生が来るぞー。仲良くしてやれよな。」
「はーい!!!」
教室がざわめく___。
何か、もう冬なのに半袖Tシャツの子がいる__。
寒くないのかな___?

「それでは、日直。挨拶をしろ。」
先生はいつもの号令・口癖(?)を言った__。
玲奈・・・・。
早く戻って来てほしいな__。
何だか寂しいよ___。
いつも凛音と私と玲奈で遊んでたのに__。
玲奈がいないといつもみたいに楽しくないよ__。



続く

97:美麗:2012/11/13(火) 18:54 ID:gTo

すごく面白いです
ですが____。が少し多くないでしょうか?
>>94
が少し酷いと思われます

98:萌愛:2012/11/14(水) 18:24 ID:kHk

>>97
分かりました。
では、気を付けます。

「良い姿勢をしてください。これから、授業を始めます。」
「「「始めます!」」」
ふぅ・・・。
玲奈と遊びたいよ・・・。
あっ、そうか。
メールと手紙を出せば良いんだ!
そしたら、玲奈も喜びそう・・・。
*作者からコメです*
今さらすみませんが、名前を変えます。
「玲奈」を「玲羅」にします。
本当に小説中、すみません。
では。
書きます。
――――――――――――――――――――――――――
後、明日転校生来るって言ってたよね__?
本当だよね・・・?
男かな・・・?
女かな・・・?
玲羅、明日は戻って来てほしいなぁ・・・。
「それでは、授業を始めるぞー。」
算数・・・かぁ
どうせ、難しいのだし・・・。
分からない物をやっても、意味ない。
玲羅は上手かもね・・・。
「__で、__をこうして、こうするとこうなる。宮川、答えてみろ。」

続く

99:萌愛 ◆YrA.:2012/11/15(木) 20:24 ID:kHk

ガラっ
だ・・・誰・・・?
授業中に人って・・・。
私、予想もしなかった。
だって・・・。
「皆、お久しぶり!玲羅だよ!」
うっそぉー!
急な展開だよ!
「あっ!玲羅!お久しぶりだな!」
あっそうそう!
今のは、玲羅のカ・レ・シ♪
ラブラブじゃなーい!?
恋愛って憧れるぅー。
「優也!お久!」
ほらね!?
ラブラブでしょ?
私も欲しーい。

デートは良いねぇ。
アハッ、、。
「玲羅、心配したよー。」
そりゃあ、するでしょ。。
あれ・・・?
玲羅、私に一言も話しかけてくれないな・・・。
後で聞いてみよう。

続く

100:σ(≧∀≦*)Lear__*:2012/11/17(土) 14:38 ID:kHk

元萌愛です☆


「ねぇねぇ、玲羅。何故私に話しかけてくれないの?」
言っちゃった・・・。
きっと、嫌われるわ・・・。
「え?私愛美に話しかけたかったけど、どこの席か見当たらなかったから・・・。
別に、嫌いじゃないよ?」
良かったぁ・・・。
私、転校生に早くあいたいな・・・。
男か女か・・・。
もしも、会った事ある人だったら・・・。
そう、それは、『遠山 沙由夏(とおやま さゆか)』
なのだ。

「ねぇ玲羅・・・?明日転校生来るんだってー。知ってた?」
話す言葉がないよ・・・。
だって・・・。
久しぶりなんだもの・・・。
「知らなかったぁ!愛美、あの子誰?」
そう、玲羅が指差したのは、『富子ちゃん』だった。
玲羅、気づいてなかった!?
「富子ちゃんは、暗いんだよ。だから、転校生じゃなくて、玲羅が気づかなかっただけだよ?
まぁ、暗いからね。」
「へーぇ、そうなんだぁ。」









続く

101:σ(≧∀≦*)Lear__*:2012/11/18(日) 11:47 ID:kHk

キーンコーンカーンコーン♪
チャイムがなった____。
先生は、
「チャイムがなったぞー日直、挨拶」
と言っている。
で日直は、
「良い姿勢をしてください。これで、授業を終わります。」
「「「終わります。」」」
皆は喜んで席から離れてる___。

ガタッと音を立てて、帰りのしたくをしている。
「サーサーサー」
「ん・・・?」
私は振り向いてみたら、
窓から雨が降っていた___。
今日、傘持ってきてない・・・。
どうしよう・・・。
「よーしじゃあ帰りの会だ。日直ー」
早いなー。

先生、大急ぎ。
何か、いつもよりあわててる・・・。
―――――――十分後―――――――
「さようならー。」
「「「さようなら!」」」
私は席から離れて麻友の所へ行こうとしたけど、
速くて追いつけなくって、
「あーん、麻友ー、待ってよー・・・。」
と、言ってしまった__。
麻友、速いよ・・・。
「分かってるって、杏奈。傘忘れたでしょ?ほら。一緒に入ろう。」
うわー、おやさしい・・・。
ありがたいなぁ。
「ありがとう。」
私は一言、『ありがとう。』と言う大切な言葉を言った___。



続く

102:AI:2012/11/18(日) 20:13 ID:cdk

個性が出てて、面白いよ

103:σ(≧∀≦*)Lear__*:2012/11/18(日) 20:28 ID:kHk

>>102
ありがとう♪

「それでも恋は実る」も面白いよ〜

104:σ(≧∀≦*)Lear__*:2012/11/19(月) 15:36 ID:kHk

私、卒業します。
この小説は、クロたんに書いてもらいます。

皆さん、さようなら。

105:クロ:2012/11/19(月) 18:58 ID:xxY

失礼、お邪魔します
σ(≧∀≦*)Lear__*の代わりにオレが小説書きます

といっても、オレでいいのかという感じです…

一応、書いていくのでそこの所よろしくお願いします

106:クロ:2012/11/19(月) 19:18 ID:xxY

皆様皆様…よく、登場人物が分からないのですが…
教えて頂けませんか?この小説の登場人物を

教えて頂けたら幸いです

107:σ(≧∀≦*)Lear__*:2012/11/19(月) 19:37 ID:kHk

クロたん、最後の一回来たよぉ

登場人物は、お話を見てみな。
それか、自分で決めて、下の様に、 
             ↓
○○side
私、○○○。
って感じでも良いよ!

では、さようなら^^

108:クロ:2012/11/19(月) 19:55 ID:xxY

登場人物をちょっと絞ります

1、主人公は、新キャラちゃんで

[♀ 登場人物]
2、杏奈、麻友、玲羅(れいら)、愛美、美佐、瑠奈。
[♂ 登場人物]
3、玲、新キャラ

勝手に決めてすみません

109:クロ:2012/11/19(月) 20:18 ID:xxY

新キャラちゃんと新キャラくん、登場です


[♀ 主人公]
小沢 梓/おざわ あずさ

[♂ ヒロイン]
世永 隆/せなが たか


この二人が中心的です

110:クロ:2012/11/19(月) 20:51 ID:xxY

-梓side-


「……何か、凄い所に来たような」

ポツリと呟き、眉毛を寄せる。

ここに転校するって決めたが…
何か、納得しないな。
ここの学校、いじめがあるような無いような。っていう、ふいんき。

上手くやっていけるだろうか。
上手く話せるだろうか。

そんな言葉が次々に浮かぶ。
考えながらも職員室に向かい、ノックをして入った。
目の前には、男教師。

が、そして男教師の隣には誰だか知らない、見知らぬ男。

目を細め、ジーッと相手を見る。
すると、男教師がその男子を教室に行けと命令する。

その男子は丁寧に敬語を使い、無表情で職員室を出た。

「―――あ、ごめんな。あいつも同じでお前と一緒の転校生なんだ」
「え、そうなんすか」

ボクと一緒の同士が居たとは。
心の中で少し驚きながらも男教師をジッと見る。

そして、ボクは男教師に自己紹介をした。
なるべく、丁寧に…なるべく、ね。

少し涼しい風が頬にあたり、黒い髪が揺れる。

それと同時にスカートも揺れ、時の長さを感じた。

「そうか。じゃあお前は、俺のクラスだから、ついてこい」
「…はーい」

適当に返事をして軽く流す。
カツカツッと静かな学校に足音が響く。

何回も転校を繰り返し、あまり友達ができなかった。

それに一人称がボク。

だから、「あの子とあまり関わりたくない」そんな言葉が毎日耳に入った。
悲しい。苦しい。
一人称がボクだったら、何が悪い。

少しイラつきが生まれる。

ムッとした表情で教室に入る。
そしてあの男子も一緒に付いてくる。

渋茶の猫毛にブラウンの瞳。背が高く、意外と細身。

そして何より目立つのが…美男な事。

そんな事を考えていると、先生に自己紹介をしろと言われる。
少し焦りながらも自己紹介をした。

「小沢梓です。一人称は、ボク。変な性格ですがよろしくお願いします」

111:エド:2012/11/20(火) 19:58 ID:xlY

σ(>∀<*)lear*_、黒魔女さんの小説、更新したから、来てね〜


書き込む 最新10 サイトマップ