忍者

葉っぱ天国 > 小説 > スレ一覧 [書き込む] Twitter シェアする? ▼下へ
1:ラズベリー ◆ewsM:2012/10/28(日) 23:13 ID:Gj.

忍者書きます

2:ラズベリー ◆ewsM hoge:2012/10/30(火) 08:50 ID:Xn.

ジャンルはSFサスペンスコメディ刑事モノといったところです。ごちゃごちゃなの書きます。

著作権は放棄しません。ぱくったら訴えます。電波な俺を見くびらないで下さい、でも買いか
ぶらないで下さい。
感想等はフリートーク板にでも適当にお願いします。ここでは米付けない方向でお願いします。
ギャグ系なので矛盾点など細かい突っ込みもなしな方向で。
よくいる下手な描写だるいでしょうから 極力省き テンポよくいきます。
だれか2次元にトレースなんかしちゃってくれると小躍りして喜ぶかも。版権は半々でね(はーと

***PROLOGUE***

都内私立城東青葉高校に通う1人の男子生徒
名前は加藤遼太郎年齢は自称16歳 実年齢20歳。

職業は一応高校生なのだが実はそれは仮の姿で『自称探偵』だった。
趣味の古物等の収集が興じていつの間にかビジネスと化していた。
警視庁捜査一課の刑事 佐々木守(28歳)とは特に親しい仲で佐々木の担当
する難事件などの解決に遼太郎は少なからず、影ながらその類まれなる才能と力を貸していた。

二人には密約が結ばれていた。

加藤遼太郎、本当の通り名は加藤段蔵。
そう彼こそは日本の戦国時代を生き抜いた戦国時代の忍。
『飛び加藤』こと加藤段蔵本人だった。
遼太郎は実に500年もの永い年月生き続けてきているのである。
段蔵(遼太郎)は戦国時代の合戦の折、師匠の奇術師の妖術より歳を取れなくなく
なり死ぬことも出来なくなってしまったのであった。
加藤は戦場を自ら一つの『兵器』となり活躍した。
しかし師の死とともに『兵器』から戻ることが出来なくなってしまった。
その妖術を『悪魔の妖術』と言った。

500年もの永い年月の間、段蔵はその妖術を解くべく歴史書・文献を読み漁り調査・研究を積みかせねていっ
たのだが師 果心居士(かしんこじ) の子孫がその謎を解く鍵をもっていて現代、その子孫にまでその方法が
受け継がれていること知った。
そして今、その子孫探しを相棒佐々木守の協力の元行いつつ、かたや遼太郎は佐々木の犯罪捜査など協力していた。

実年齢20歳で歳を取らなくなった遼太郎は所謂童顔で容姿は端麗だった。
知識の蓄積は凄まじくとうてい他の高校生や大学生など足元にも及ばないものがあり、
実年齢などどうでも良かったので顔つきから自らの意志で高校生の身分を得ていた。


書き込む 最新10 サイトマップ