いじめ〜自殺〜

葉っぱ天国 > 小説 > スレ一覧 [書き込む] Twitter シェアする? ▼下へ
1:キャラメル:2012/10/31(水) 21:37 ID:A.o

こんにちはw
キャラメルが小説を……!?
初★小説デビューです♪
おかしいところが、なければいいが…
コメとかくれたら嬉しいです(●^∀^●)

2:キャラメル:2012/10/31(水) 21:46 ID:A.o

この【花園学園】では、自殺者が多い。
理由は、もちろん【いじめ】だ。
特に、[佐々木グループ]のいじめはものすごい。
自殺者の多数の人は、[佐々木グループ]のいじめにあっていた人だ。

そんな中、生き延びたのが私達。

〜登場人物〜
★中井 美加★
・元気いっぱいで、おっちょこちょい
・秀と幼馴染み

☆佐藤 秀☆
・頭がいい、かっこいい
・美加のことが好き!?

★山本 葵★
・可愛い、男子の人気者
・美加の友達

★佐々木 香★
・いじめのリーダー
・葵のことが気に入らない
・自分が一番可愛いと思っている

3:キャラメル:2012/11/01(木) 07:18 ID:A.o

美加「あーあ、またやってる……」
教室の前にいても、中の声が聴こえる。
ガラッ
私は、中に入った。
「ばーか、ばーか!!」
「学校来んなよ!!!!」
いじめの声だ。
葵「おはよー。美加!」
葵だ。
美加「いじめ……佐々木グループのいじめだ………」
自殺者が出る可能性が高い。
葵「自殺者…………か……」
秀「ばっかじゃねーの?」
!!
美加「秀!うるさいな。」
秀だ。
秀は、私の幼馴染みだ。
葵「あのっ………美加…………わ…私……!!」
美加「あっ!ごめん!!私、放送しなきゃ。」
葵「あっ、いいよ。ばいばい」
タッタッタッ
こうして、葵と別れた。

4:キャラメル:2012/11/01(木) 18:53 ID:A.o

美加(あのとき…葵、何を言いかけたんだろう?まっいいや♪)

美加「おはようございます。今日は、○月○日○曜日です。」

あ〜あ、やっと終わった(´O`")
私は、廊下を歩いてた。
香「マジ、ムカつくんだけど!!あいつ…」
「えっ!?誰なの香。」
香「葵だよ!山本葵!!」
!?
葵…?
今、『葵』って言った?
香「今度わぁ、葵をいじめよおっか♪」
「でも、あいつが邪魔だ〜!!」
「うん。美加だっけ?」
「秀くんに近づいて、ちょー↑ムカ!」
香「フフッ♪美加ねぇ……」
ビクッ!!
な……に………………?

キーンコーンカーンコーン

香「ヤバッ時間だ、行こ!!」
タッタッタッ

…私が聞こえたこと。
1,葵のことをいじめること
2,私が邪魔だということ
3,香が奇妙な笑い方をしたこと…

この3つだ。

5:花凛:2012/11/01(木) 20:31 ID:ejU

>キャラメルs

面白そう!頑張ってくださいな(∩´∀`@)⊃

6:萌愛:2012/11/02(金) 17:27 ID:PeA

(❀╹◡╹)ノ゙❀〜〜〜コンバンワー♪

とーっても楽しいですね!
良ければわたしの小説も来てください♪

http://ha10.net/test/read.cgi/novel/1350898610/l50

7:キャラメル:2012/11/02(金) 18:19 ID:A.o

>>花凛s
ありがと〜♪

>>萌愛s
行かしてもらいま〜す♪

8:キャラメル:2012/11/04(日) 13:27 ID:A.o

葵を……いじめる…?
意味わかんない……………
はっ!
次、体育じゃん!!
急がなきゃ〜〜!
!!
携帯?
床に携帯が落ちていた。
葵の携帯だ。
サッ
私は、葵の携帯をポケットに入れて、更衣室へ向かった。


*美加宅*
ピロリン♪(←着信音
美加「メールだ。」
メールが来ていたのは葵の携帯だった。
美加「名無しさんから…?」
誰だろ。
ピッ
!?
…そこには…………

葵へ
消えろ消えろ消えろ消えろ消えろ
バカバカバカバカバカバカバカバカ
死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね
ウザイウザイウザイウザイウザイ

と書いてあった。
美加「っ……いじめが始まったんだ。」

9:萌愛:2012/11/04(日) 18:27 ID:PeA

面白い!

キャラメルの方が上手〜

10:キャラメル:2012/11/04(日) 21:06 ID:A.o

>>萌愛
嘘だーww
下手くそだよ……

11:キャラメル:2012/11/04(日) 21:14 ID:A.o

長すぎて…書き込みエラー

12:萌愛:2012/11/05(月) 10:53 ID:PeA

続き書いて♪

あ、不登校と思わないでね!
土曜学芸会で今日学校休みの訳よ^^

13:キャラメル:2012/11/05(月) 16:47 ID:A.o

>>萌愛
OK♪


*翌日*
葵「美加ー!」
校門の前に葵が居た。
葵「私の携帯知らない?…あっ!私の携帯!拾ってくれたの?」
ピッピッ
葵は、私から携帯を取り、メールを見ていた。
葵「!?……なに…こ………れ……」
美加「あっ…あお…い……」
葵は真剣な目で、メールを読んでいる。
葵「見たよね……昨日言いかけたのは、このこと…」
葵は言った。
美加「葵……気づいてたの?」
葵「うん。佐々木グループから、変な目で見られてて…だから…」
葵…佐々木グループに…………
葵「もう、私に近づかない方が良いよ。」
美加「葵……?」
葵「っーーーじゃ。」
タッタッタッタッ
葵は、走って教室に向かった。

14:キャラメル:2012/11/05(月) 17:03 ID:A.o

教室に行くと、葵が机の前に立っていた。
美加「葵…?」
葵の机を見ると
『バカ』『転校し・ろ』『汚れる〜』『死ね』
と書いてあった。
美加「だっ誰!?こんなことしたの!!」
私が言うと、教室がざわめいた。
香「美加さん?こいつは、本当に汚れてるからこんなことをしてるのよ?」
香の言い訳にイラついた。
美加「あんたの心の方が汚れてる!!」
そう言って私は、教室を出た。

15:萌愛:2012/11/05(月) 17:30 ID:PeA

葵ちゃん、可愛そう…。

佐々木グループ馬っ鹿じゃなーい?

16:キャラメル:2012/11/05(月) 18:02 ID:A.o

あははっ(苦笑)


秀「ボソッ かっこいいじゃん。」
バタバタバタッ
なんなの!?
あんないじめ方してたの…?
今までも……

美加「…葵……自殺しないよね……」
佐々木グループがいじめると必ず自殺する。
なに…?この感じ…………

ガラッ
私は、教室に戻った。
葵はイスに座っていて、書かれていた文字が消えていた。
美加「葵!大丈夫?」
葵「美加……」
葵は、こっちを見た。
香「やだぁ、バイ菌が来たわぁ。」
華「キモーイ!裏切り者。」
華!?
私の味方じゃなかったの!?
ガタッ!
葵が立って、どこかへ行く。
私は、急いでついていった。
だって、葵が行った方向は、
屋上の方だったから……

17:キャラメル:2012/11/05(月) 18:28 ID:A.o

やっぱり屋上だった。
美加「葵…死んだって何も変わらないよ?痛いだけ。」
葵「……知ってる。でもっ」
美加「でもじゃない!!死にたかったら死ねばいい!でも、悲しむ人がいるってことを忘れないで。」
葵「美加ぁーーー!!」
ギュッ
葵「うわぁぁぁぁぁーーん!」
葵は泣いた。
涙がもう出なくなるほど…
そして、葵は早退した。
香に何か、言われて帰った。

18:キャラメル:2012/11/05(月) 18:36 ID:A.o

*翌日*
学校にいくと、イスに葵が座っていた。

HRが始まる前に、葵からメールが来た。
『体育館の後ろに来て。』

タッタッタッ
美加「葵ー?どうしたの?……!?」
行くと、そこには香達がいた。
美加「なっ……なに…?」
香「フフッ♪いいわよ♪♪」
なに?
バシャーーーンッ
!?
後ろから、水がかかった。
バッ
後ろを振り替えると…葵がいた。
バケツを持って、震えながら立っていた。
美加「あ……おい…?」
葵「……あっ………………」
タッタッタッ
葵は、走っていった。
っーーー・・・・・
裏切られた……?

19:キャラメル:2012/11/05(月) 18:36 ID:A.o

続きは夜か、明日♪

20:キャラメル:2012/11/05(月) 20:56 ID:A.o

それから、私へのいじめが始まった。
「汚っっ。」
「学校来んなよ、バイ菌が!」
香「葵もそう思うでしょ?」
葵「うん。」
!?
葵まで……
もう、耐えるしかない。

それから、日が変わるに連れ、いじめはハードになってきた。
葵からのいじめも受けた。
『無視』を…

21:キャラメル:2012/11/06(火) 17:43 ID:A.o

美加「はぁ…もう………限界かも。」
私は、耐えられなくなってきた。
頭の中では『死んだら楽かな。』と思えるようになってきた。
きっと葵もこんな感じだったんだ…

*体育館*
私は体育係だから、体育の片付けをしなければならない。
ガチャガチャ
今回は、跳び箱だ。
美加「っーたくっ!先生が片付けろっての!」
ガラッ
体育倉庫を開けた。
!?
そこにいたのは…
美加「あ……葵…?」
葵だった。


少なくてごめんね!

22:萌愛:2012/11/06(火) 17:49 ID:PeA

面白い!

葵ちゃんどうなるのかな…?

23:キャラメル:2012/11/06(火) 17:50 ID:A.o

葵「美加…?なんで………」
香「葵ー?どうした…………きゃっ、バイ菌じゃん。」
葵「香……」
香「葵!行くよ!!感染しちゃうじゃない。」
華「クズ女!!」
キャハハハハ   タッタッタッ
私は、何が起きたのかわからなかった。
美加「葵………裏切った……………」
私はだんだん混乱してきた。
美加「裏切り者裏切り者裏切り者。」
コツッコツッコツッ
美加「裏切り者裏切り者裏切り者。」
コツッコツッコツッ
バンッ
私は、たどり着いたのは……
屋上だった。

24:キャラメル:2012/11/06(火) 17:51 ID:A.o

>>萌愛
ありがとw
どうにもなりませんでした……
期待に答えられなくてごめんね…

25:萌愛:2012/11/06(火) 17:59 ID:PeA

ここは自殺が多い花園学園でしょ?

で、美加ちゃんが屋上に行くって言う事は…。
「自殺」だぁ〜〜拝|゚Д゚|pワオォ
怖い〜(´・ω・‘)ショボーン

26:キャラメル:2012/11/06(火) 20:37 ID:A.o

うーんとっ!
続きは明日ね♪
ハタシテミカハドウナルノダロウカ…

27:萌愛:2012/11/06(火) 20:42 ID:PeA

楽しみにしてるよ〜♪

じゃあお風呂落ちぃ

28:キャラメル:2012/11/07(水) 20:15 ID:A.o

なんで私は、屋上にいるんだろう。
なんで私は、こんなに醜くなっているのだろう。
葵が裏切ったから…
美加「あはっあははっ、私死ぬんだぁ。あははっ。」
頭がまた混乱する。
その日は風が強かった。
ビュウッ!
強い風が吹いた。
その瞬間。
私はよろけ、落ちそうになった。
美加「ばいばい……葵……………」
グイッ!
誰かが私の手を引っ張った。
誰っ?
秀&葵「美加ッッ!!」
秀と葵が後ろにいた。

29:キャラメル:2012/11/07(水) 22:16 ID:A.o

秀「ばっかじゃねーの!?死のうとするなんて。」
葵「そうだよ!!バカッ!」
私は、葵と秀に説教された。
そして、少しは憎しみがおさまった。
美加「じゃあ、じゃあなんで香の言うことを聞いたわけ!?水をかけたわけ!?友達ごっこなんて…もう………」
バチーーーンッ!
葵が自分の頬を叩いた、思いっきり。
葵「……い、ごっこじゃない!!」
美加「違くないわよ!だってあんたは…」
葵「自分が今からしようとしたこと…わかってんの!?」
美加「だから?だからなんなのよ。」
葵「美加…言ったじゃない……『死んだってなにも変わらない』って…」
私は、葵の言った言葉で気づいた。
『死んだってなにも変わらない』は、私が葵に言った言葉だと…
美加「葵ぃ〜ごめんね…私、混乱してたよ………助けてくれてありがとう。」
ポロッ
ホッとしたのか、涙が出てきた。
そして、私は葵の腕の中で泣いた。
泣き止むまで葵は、頭を撫でてくれた。
葵…ありがとう。
          ★続く★

      ・・・    ・・
次か、その次ぐらいで最終回かも…
(まだ、はっきり決まってない。)
これが終わっても、まだ書くよ〜♪新しいのを……

30:るなるな:2012/11/07(水) 22:22 ID:o2M

えーかなしいよー

31:萌愛:2012/11/08(木) 17:59 ID:kHk

面白い!

葵もう反省したよね?

32:L:2012/11/08(木) 21:28 ID:A.o

*翌日*
香「うわぁ…まだ生きてるよ……死ねばいいのにぃww」
華「うっざぁーい!ねぇ?葵。」
華は葵に問いかけた。
葵「ううん。私はそう思わない。」
葵は真顔でそう答えた。
香「はぁ?なんで?」
香はビックリしてた。
そりゃあね。
葵「こういうことしてたら、バカだと思ったから。じゃ。」
こうして、葵は香たちのもとを去った。
美加「葵……ありがとう。」
こうして、私へのいじめは終わった。
香達も、反省したみたい。
葵の言葉で…
ありがとう…みんな…………………



ついに…完結!!
なんか、変な終わり方でごめんなさい。
まぁ、次は、新しいスレで会いましょう♪
サラバ!

33:キャラメル:2012/11/08(木) 21:28 ID:A.o

↑上の、私です

34: adtpjwtwmdgt.apjtptyat:2012/11/08(木) 21:34 ID:Q.s

面白いです!でも…
台本書きになってます…
面白さ半減です…すいません!
おじゃましました


書き込む 最新10 サイトマップ