美少女好きで何が悪い!!!

葉っぱ天国 > 小説 > スレ一覧 [書き込む] Twitter シェアする? ▼下へ
1:アリス pmp3:2012/11/03(土) 00:36 ID:DDA

俺の名前は、佐川隼(さがわ じゅん)。。
クールイケメンとして学校でもその名をとどろかせている。


____が、、、俺には誰にも言えない秘密がある。。。それは。。。

キモヲタだということ_______

キモヲタ。。外見を見るだけでは判別できないだろうが、家での俺の生活は一変する。すぐに二次元美少女のフィギュアを眺め、漫画を読み、アニメをとにかく見まくる。。。。

つまり、俺は二次元美少女が大好きなのだ。萌えキャラ•美少女……

。。。が、美少女好きは二次元では終わらない。現実世界でも、美少女を探している。。俺だって、恋愛したいのだ。
でも、ちゃんと条件だってある。。


““いかに二次元らしい美少女か””ということ。。。。
目がぱっちり開き、美形で、スタイル抜群の、最高の美少女と付き合いたい、ということだ。

いつでもクールになれば女なんて捕ることができる。。。
と、思っていたが。。。今回はひどい美少女と出会ってしまった。。

2:クロス ◆B97s hoge:2012/11/03(土) 08:56 ID:95g

キモヲタではないと思いますよ?
ただのオタクじゃないですか?
というか自分でキモヲタとか言わないと思います

3:林檎:2012/11/03(土) 09:15 ID:6Lc

ううううーん な、何かびみょー

4:萌愛:2012/11/03(土) 13:44 ID:PeA

面白そ〜♪

これからも書いてください!
林檎>>
ォヒサ〜((〃´д’人’д`〃))スリスリ♪
私元モナ☆

5:林檎:2012/11/03(土) 17:53 ID:6Lc

おぉ〜モナァー\(*><*)/
か、書き込むとこ間違えちゃったテヘペロ

6:アリス pmp3:2012/11/03(土) 22:18 ID:DDA

うわあーー。。なんかすみません。。

クロスさん=ごちゃごちゃで。。ちゃんと皆さんのクエスチョンなとこもストーリー上入れておきますのでよろしくです!

林檎さん=えっ!頑張りますからそんなこと言わないでくださいっ> A <;

萌愛=モナさん!?前の小説でもコメントくれましたよねっ!?これからも応援よろしくお願いします!



皆さんこれからも応援よろしくです!

7:エクセレント:2012/11/03(土) 22:20 ID:m42

続きが気になるよ!

書いて!書いて!

8:アリス pmp3:2012/11/03(土) 22:21 ID:DDA

萌愛さん!さんづけ忘れてました!
すみません!

9:アリス pmp3:2012/11/03(土) 22:22 ID:DDA

エクセレントさんありがとうございます!

10:アリス pmp3:2012/11/03(土) 22:51 ID:DDA

_____________

「ん。。?ここは。。?」
俺は、ふと、目を覚ますと小学校の教室にいた。
周りに、沢山の人がいる。。
「お前!キモイんだよ!このキモヲタ!」

「変態!」

「お前フィギュアとか持ってんだろ!?キモイんだよ!このキモヲタ!」

沢山浴びせられる、罵声。。。

気分が悪くなった。。_________

「はっ!。。。。夢か。。」

チッ。。チッ。。チッ。。チッ。。

時刻は夜の2時。どうやら小学校の頃の、苦い思い出を夢でみてしまったようだ。。。

あの頃、いや、今もそうだが、ちょっとアレ系の物が好きだった。。。。
だから、学校でも、たまに学校の友達にも漫画の貸し合いをしていた。もちろんヲタク友達と、。。

_______さかのぼること4年前

「。。。。」
今日は、新刊を貸すんだよな!

俺は、そう思い、服の中に、隠しながら入れて歩いて、ヲタク友達の教室に向かっていた。。

「今なら、みんな給食当番だし、今の内に。。」

と、その時、、、

「おい!準!どこ行ってんだよ!給食だぞ!教室戻るぞ!」

すごい、焦った。

「え。。。お前給食。。。給食当番は。。?」

「給食当番?なに言ってんだよ!俺配ぜん台だからとっくに終わってるよ!早く戻るぞ!話の続きするぞ!」

「え。。ああ!行くからちょっと待ってて!」

「ん?お前何隠してんだ?面白いモン持ってんだろ〜」
冗談っぽく笑って、俺が本を持ってる方の手を取った。。

「や。。。やめろよ!!やめろ!」

「何言ってんだよ!面白いもんだろ!?」

ガサガサ。。。 

_______________バサッ

一冊の本が落ちた。。。
それは、戦いものでもない、恋愛漫画。
でも、恋愛漫画でも、ヲタクと言うような。。。。絵。

絶望。
絶句。

すぐに、俺の頭は、その気持ちでいっぱいだった。。。

11:林檎:2012/11/04(日) 06:56 ID:6Lc

>5は間違え書き込みですー(><.)
すみませんっ。.・°(ノд\)°・。

12:萌愛:2012/11/04(日) 19:18 ID:PeA

アリス>>
良いよ!さん付けいらない!お互いいらないでしょ?

13:アリス pmp3:2012/11/05(月) 01:07 ID:DDA

林檎さん>そーだったんですか!?
泣かないで〜>_<

萌愛>分かった!じゃあこれからモナだと分かったら呼び捨てで呼ぶからよろしくね♪

14:アリス pmp3:2012/11/05(月) 01:20 ID:DDA

しばらくの時間沈黙が続く。。。

「お前。。こんなの持ってたのかよ。。。」

準「え。。いや。。」

「お前変態だったのかよ!キモ!このキモヲタ!」

「お。。おい!やめろ!」

「お〜い!みんな!聞いてくれよ!」

準「だからやめろって!」

  バシ!

「うるせえ!お前は黙れ!」

ダダダダ。。、

俺は、呆然と立ち尽くした。。。
友達だと思っていた奴に、裏切られた。。
これは、冗談というようなことじゃない。。
弱みを握ったような。。嫌らしい笑み。

みんなに、伝えたくて仕方ないんだ。。。
もう、止めても聞かない。。
ここで、走って止めるべきなんだろう。
でも、もう手遅れだ。
時間は止まらない。。
俺を残して世界は回る。1秒足りとも止まってはくれない。
ただ、彼に嬉しい末路が残り、自分には悲しい末路が訪れる。
教室に帰ってみろ。もういじめられるだけだ。俺は、、美少女が好きなだけなのに。。

 ガラッ_____

 ザワザワ。。

「おい!お前どんな漫画もってんだよ!キモヲタ!」

「うわっ!絶対エロ!」

。。。と、その時、、、、

先「おい!佐川!漫画持ってきたんだろ!没収だ!」

誰かがチクッた。そうに決まっている。

先「しっかし。。。こんな漫画とは。。」

先生にまで偏見な目で見られた。
これは、好みの問題なのに、なぜ冷ややかな目で見られる必要があるんだ。
意味がわからない。
それからの俺は。。。いじめられた。。。

15:萌愛:2012/11/05(月) 10:26 ID:PeA

面白い!

普通女はイケメン好き・男は美少女好きって決まってるのに
何故それだけでいじめるのかなぁ
最悪だね!

私の小説も来てね☆
http://ha10.net/test/read.cgi/novel/1350898610/l50

16:アリス pmp3:2012/11/05(月) 22:01 ID:DDA

萌愛>確かに!なんでヲタクって嫌われていじめられやすいんだろね!

あ!小説見てきたよ!私の感想見た??

17:アリス pmp3:2012/11/06(火) 00:33 ID:DDA

準「あ!何考えてんだ俺!早く寝ないと、、明日学校だ。。」

でも、今の俺は違う。中学時代のみんなと出会わないために、みんなと離れた高校に行っている。通学は大変だけど、いじめに遭わないためにはこうするしかない。

あの4年間。今の高校に入学するまで。
俺はいじめを受けていた。
でも、そんな過去を塗り潰すためにも、そんな過去を知られたくないからこそ、遠い高校に通っている________

ヲタクということがバレていない以上、高校ではやっていける。
俺は、もう、失敗はしたくない。
あれ以来、もう俺は学校のヲタク友達とは、会話することも、漫画の貸し借りも、やっていない。

そして、俺は、たとえこの高校にヲタクがいようとも、俺は友達にならないことに決めた。
以前のようになりたくないから。

それに、俺には、もう一つの理由があった。
それは、、、____________

18:萌愛:2012/11/06(火) 17:31 ID:PeA

面白い*

私自分の小説書いてくるぅ

19:アリス pmp3:2012/11/06(火) 18:26 ID:DDA

萌愛>ありがとう!小説頑張って!


みなさんも感想をお願いします!

20:アリス pmp3:2012/11/06(火) 18:39 ID:DDA

好きな人が、いるということ________

彼女は、二次元らしい顔立ちで、とても美少女。学校のマドンナ的存在。
自慢ではないが、俺も学校のアイドル的存在だ。
ある意味対等な立場かもしれないが、告白はできない。こんなに緊張したのは初めてだと言えるほど、今回のは大物だ。

もう完璧美少女!とでもいうべきか。

準「。。。また考えてた。。って!もうこんな時間かよ!」

時刻は夜の2時半。

今回はとても長い一夜をすごした。。。。

  ー翌朝ー

「よう準!もう少しでバレンタインだな!」

準「だな。。。」

「なんだよ!お前チョコたくさんもらえるからって!」
恨めしい顔をして見てくる。

準「いや別に。。俺チョコなんて別にどーでもいいし」
もっともな本心を言った。
俺的には、チョコなんてどーでもいいのだ。好きな人にさえ貰えれば。

「ああ!?なんだそれ!俺なんかくれないことが多いぞ!」

準「あっ、、、そ、、、」
そこはてきとーに言っておいた。。

21:萌愛:2012/11/06(火) 19:56 ID:PeA



準君もうキモヲタって言われないのかなぁ…?

22:アリス pmp3:2012/11/08(木) 00:29 ID:DDA

萌愛>過去の思い出を夜中に思いだしてただけだよ!もう翌朝で、みんなと離れた高校入ってるんで、小•中学校の同級生は誰もいません。よって、誰も知らない。

23:アリス pmp3:2012/11/09(金) 00:41 ID:DDA

「おい!その反応やめろよ!」

相変わらずいちいち面倒くさいやつだ。
準「うん。ごめん。チョコ貰ったらやるよ。やるから。」

「絶対にだぞ!」
冗談ですねる。なんだかんだいって、コイツといてなぜか悪い気はしない。。

コイツの名前を一応紹介

宮井 徹(みやい とおる)

でも、別の読み方で、てつとも呼べるから、テツと読んでいる。似合うから。

準「すまなかったよ。だからそんなおこんなって」

テ「冗談でした〜」

準「はいはい」

いつものパターン。めんどうくさいときもある。と。。その時。。。

フワッ。。。

「佐川!あんた日直じゃない!」

俺の好きな人が______


_______現れた

名前は、、、古瀬 明梨(ふるせ あかり)

彼女こそ、クラスでモテている、美少女なのだ。。

24:萌愛:2012/11/09(金) 17:17 ID:kHk

面白い!

私「+チャームスティック+」
って言う小説作るから来てね

25:萌愛:2012/11/09(金) 17:38 ID:kHk

やっぱり「+チャームスティック+」
書かない事にした!

26:ネットハ―ト:2012/11/09(金) 19:55 ID:o2M

おもしろいよー

27:アリス pmp3:2012/11/10(土) 00:48 ID:DDA

萌愛>ええ!?そーなの!?

ネットハートさん!有難うございます!


書き込む 最新10 サイトマップ