小説書きます(`・ω・´)

葉っぱ天国 > 小説 > スレ一覧 [書き込む] Twitter シェアする? ▼下へ
1:LUKA ◆fOTI:2012/11/10(土) 16:14 ID:Mao

100〜200くらいで終わる短編書こうと思います!

感想・評価
http://ha10.net/test/read.cgi/yy/1352531058
にお願いします。

まだジャンルを決めてないので希望があったらお願いします★

2:ココロ ◆TzOM:2012/11/10(土) 16:16 ID:7VE

個人的な意見ですが、重複してない小説が良いです。

3:ココロ ◆TzOM:2012/11/10(土) 16:20 ID:7VE

書き込んでごめんなさい。

4:LUKA ◆fOTI:2012/11/10(土) 16:24 ID:Mao

いえいえ
これからは>>1のやつによろしくです★

5:LUKA ◆fOTI:2012/11/11(日) 12:46 ID:Mao

すんません。友達が
『おい!さっさと甘々・溺愛書けよ!』
って急かすので、甘々・溺愛書いてから次のジャンルいきます。

6:LUKA ◆fOTI:2012/11/11(日) 20:51 ID:Mao

わたしは今幸せです。
「ただいまー。南乃さん」
『おかえりー。七里さん』
こうやって迎える優しい彼がいるから。

俺は今幸せです。
「ただいまー。南乃さん」
『おかえりー。七里さん』
こうやって迎えてくれる愛らしい彼女がいるから。




私達俺達の幸せ見せましょう

7:LUKA ◆fOTI:2012/11/11(日) 21:11 ID:Mao

[南乃さん。すみません今日帰るの遅くなります。先に寝ておいて下さい。
明日は休みなので、いい子にしてたらご褒美あげます。]
メールだ

ご褒美!?カァっと赤くなる
『あれ?まだある』下にスクロールすると、
[顔赤くなりましたか?]
意地悪だ……。
『仕方ない!今日は我慢だ!』
わたしは七里さんの事を考えて寝た。

8:LUKA ◆fOTI:2012/11/11(日) 21:21 ID:Mao

歩side

「こんなとこで」
俺が帰ると南乃さんは、ソファで寝ていた。
「風邪。引きますよ」そう言って南乃さんをフワッと持ち上げる。
ベッドに降ろすと
『七里さん…。』と俺の名を読んだ。
「何?南乃さん?」返事はない。寝言のようだ。
「俺の夢を見ているの?」なんて呟く。
可愛いなぁ。
南乃さんの柔らかい唇にチュッとリップ音を鳴らす
「おやすみなさい。南乃さん。」


書き込む 最新10 サイトマップ