卒業アルバム。−6年間の思い出ー

葉っぱ天国 > 小説 > スレ一覧 [書き込む] Twitter シェアする? ▼下へ
1:花 ◆0pSY:2012/11/19(月) 00:11 ID:CyU

花です。初めまして。

皆さんは小学生or小学生卒業をしたお方でしょうか。

私は小学生卒業しましたよ。もちろん((

そんなこんなで、久しぶりに小学校のころの卒業アルバムを見つけまして。

懐かしいなーとかおもいながらもここでたくさんの主人公に卒業させたいです。

え、もちろんいろんな小学校の((

ルール
・荒らし無し。
・雑談無しでー。
・喧嘩しないでください。
・リクエストor感想orアドバイスなどはどうぞっ!!

ではではスタートー!

2:花 ◆0pSY:2012/11/19(月) 00:20 ID:CyU

桜の花ビラが散る。

──もう春なんだなぁ。

私は桜を見ながら思う。
あと1年間。

私は今日から小学6年生・・!!

この1年間頑張りたい。
私は下級生から慕われる姿を想像する。

────かっこいいっ・・!!最高っ!!

ガッツポーズを決めていると後ろからドン、と押された
「うぁぁ!?いったぁ!?」

私は衝動で前に倒れる。
すると私を押した張本人はニヤニヤしながらいった。

「ざまぁ。」
「なっ・・!!ユウキ・・!!」

私を押した張本人は「萩沢 雄季」。
幼馴染。

「ユウナは運動神経にぶいんだよー!!」

そういわれてカッチーンっと頭の血管が切れる音が自分の脳内に響く。
「あほやろー!!」

私はユウキを追いかける。

だが、その後私達は走りすぎて遅刻し、怒られた。

3:花 ◆0pSY:2012/11/19(月) 00:28 ID:CyU

「うぁぁ・・・朝っぱらからつかれたよぉ・・」

私は学校の帰り道、親友のマリと話しながら歩いていた。
「それにしても、ユウキくんとユウナって仲いいよねー・・」
「はぁ!?」
「さすが幼馴染」

マリはクスクスと笑う。
「そういえば明日席決まるんだよね!!同じ班だといいね!!」
「そうだね!」

マリと私は一緒に笑いあう。
この6年間、ずっと一緒だ。
仲が良くて評判だし・・。

それにマリなんか可愛い。
5年生のころなんて学年1位だった。

まぁ頭は弱いんだけどね・・。
私達はその後家に帰った。

4:花 ◆0pSY:2012/11/19(月) 00:35 ID:CyU

「おはよーございまーす」

そういって教室に入る。
・・・アレ?

私は席表を見る。
隣は女の子はいいんだけど・・
───ダレ?

私は疑問に思った。
「竹内」って誰?

竹内・・・?
誰・・?

そう思っていると、教室のドアがあいて、先生が入ってきた。
「先生!!竹内って誰ですかー?」

私の前の席の男子が立って言った。
すると先生は口を開いた。

「その竹内さんは今から紹介します!!竹内さん、どうぞ!」

すると竹内さんと思われる人物が入ってきた。

──な、何あれ!?

真っ白な肌。

ふんわりとした黒くて長い髪。

二重になっていてぱっちりしている黒い瞳。

細い足。

そして可愛らしい薄水色のパーカーに、ジーパン。

まるでふんわりとしたウサギ。

かわいい。

私、あんな可愛い子の隣でいいのかな?

そう思った時。すごく可愛い声が教室を包んだ。

『竹内・・・竹内百花・・です』

モモカ。

モモカちゃんかぁ・・
すると、男子から「可愛い!!」「天使!!」「この学校1位だ!!」
と、声が上がる。
マリも同じく、一緒に言っていた。
するとモモカちゃんが宜しくお願いします、と頭を下げ、私の隣の席へ向かう。

「私、安藤夕菜。宜しくね!モモカちゃん!!」

「宜しくお願いします。夕菜ちゃん!」

ニッコリと微笑み返してくれた彼女はまるで天使だった。


書き込む 最新10 サイトマップ