雪のように消えていく

葉っぱ天国 > 小説 > スレ一覧 [書き込む] Twitter シェアする? ▼下へ
1:遊:2012/11/22(木) 20:29 ID:qgY

宮沢 楓(みやざわ かえで)…極普通の高2。


風間 龍(かざま りゅう)…雪のように冷たい外見を持つ、24歳の教師。


甘々です

2:遊:2012/11/22(木) 20:50 ID:qgY

今日から高校2年になる私は宮沢楓。
友達も勉強も普通。彼氏はいない。

学校掲示板で クラス担任を見る。

私のクラスは2年A組。

担任は、風間龍。

風間龍は体育の教師で1年の時には授業でしか接点は無かった。
長めの 茶髪で、スッと綺麗な顔立ちとスラリとした背はまるでモデルみたいだ。
どこか冷めている瞳。まるで…雪のようにキンッとした印象を与える。

クラスに入ると、風間龍はいた。

「1年間よろしくお願いします」

人があまりいなかったことをいいコトに、楓は龍にそう言った。

「あぁ。よろしく」

低くも甘く優しい声。

席に着き、龍をみると 目が合った。

龍は何も言わず目を逸らす。

これから1年間、この先生とクラスの人たちと生活して行くのかと思い、楓は隣の
席の子にも 近くの席の子にもとことん話しかけたのだった。

3:クロ:2012/11/22(木) 21:22 ID:xxY

とても面白いです(*´д`*)

こんな駄作者が言うのはあれなのですが…
更新、期待しています


書き込む 最新10 サイトマップ